バナナプラグの選び方

 アンプやスピーカーの端子にバナナプラグが挿せる商品が多くなった。これはもともと、計測用途などで頻繁に脱着する端子に使わるもの。引っ張ると簡単に抜けてしまうので固定端子として使うにはいささか心許ない。

 これを使う前に、他の接続方法を検討した方が良い。そこで、ベストな選択ができるよう、YES,NO形式の質問を作ってみた。

 

質問1 丸形、Y形圧着端子が使えるか

  YES:ベストです。次へ。 NO:質問2へ。

質問2 端子のナットが金属製か

 YES:棒形圧着端子を使います。次へ。 NO:質問3へ。

質問3 バナナが使えるか

 YES:以下の記事を参照。 NO:素線がメッキされたケーブル(Beldenなど)を使います。次へ。

次へスピーカーケーブルの選び方

 

 

バナナプラグの選ぶときのポイント

 

1.電線のハンダ付けが可能である

 接触抵抗を下げ信頼性を高めるために、電線は必ず半田付しなければならない。バナナに電線をネジ止めする形では、SP端子に裸電線を付けるのと何も変わらない。

2.本体がプラスチック製である

 ハウジングの材料はプラスチックに限る。ショートの危険がなく、軽量で端子に有害なストレスをかけない。

3.IECなどの規格に準拠しているか、電流容量が明確になっている。

 規格も容量も不明な「オーディオ専用」バナナのほとんどはガラクタ。

4.コンタクトがワンピースであること

 バナナのコンタクトにはりいろんなものがある。薄板を風車のように成型して巻いたもの(下の写真で左の2つ)は、多数のエッジでポストの穴を傷つけるほか、スプリングと本体との間に第二の接点ができてしまう。

5.コンタクトがベリリウム銅で出来ている(できれば)

 ベリリウム銅は耐疲労性と導電性に優れたバネ合金。バナナのプラグにとって理想的な材料である。

6.ツイン(できれば)

 バナナは単体のもの(シングル)と、1対を一体形にした(ツイン)の2種類がある。ツインの方が相対位置が拘束される分、安定した接触を実現できる。ターミナルの間隔が約19mmであればツインに対応している。

 

 

実例

 

banana1 いろいろなバナナプラグ。形状がマチマチで、電流容量や接触抵抗について不明なものがほとんど。粗悪な商品もかなりある。

 

 

banana2 ツインバナナ(CLASSIC PRO BN20)のボルトを抜いて、電線を通し直接ハンダ付けしたもの。プラグが軽量化し、ハンダ付けによって接点の接触抵抗をゼロにできる。

 

 

 

バナナプラグの結論

 上記の条件を満たす良質なバナナプラグを作るメーカーに、サトーパーツとPomona がある。このどちらかの商品から選べばよい。

 サトーパーツは定番のTJ-560(Max3A)が候補。本体がワンピース一体型で信頼性が高い。抜き差しもなめらかで、これを使えばまず問題はない。これを金メッキにしたSA-2000-560 もある。

 Pomonaのシングルは5170 (Max15A 2スケアまで)。トキワから通販で購入できる。

 CLASSIC PRO BN20 は私が使っている商品。後ろから電線を挿してはんだ付けできる。

 

<参考購入先>
ベリリウム銅のバナナプラグ
ネット通販TOKIWA ELENET.JP Pomona,EPJ商品取扱。アマゾンにない商品を買う時よく利用してます