ケーブル・プラグ」カテゴリーアーカイブ

究極のスピーカーケーブルを作る

 スピーカーケーブルで重要なスペックは電線の抵抗だった[1]。しかしSPターミナルに入らない太い電線は扱いにくい。重みでターミナルにストレスをかけることも。このような問題が起こらず、かつ究極的に抵抗を小さくできるスピーカーケーブルの作り方をご紹介する。

続きを読む

RCAケーブルにお金をかける価値はない~ピンケーブルの選び方

 市販のピンケーブル(RCAケーブル)では、導体の純度やシースの構造などをアピールしている。その特徴が優れているほど、商品の付加価値が高いらしい。

「これだけ純度が高くて、高価な商品なら、さぞやいい音が出るに違いない」

そんなケーブルを買ってきて機器に挿すと、ある問題に気づく。

「真っ直ぐ挿さらない・・」

 電線を挿すと重みで垂れ下がる。電線が硬く曲がりのクセで端子にストレスがかかる。
 プラグにバリがあって、挿すと端子にキズが付く。
 挿し込みが硬く、ガリガリ端子のメッキを削りながら刺さっていく・・。

そんな経験をしても「高価なケーブルに問題があるはずがない」としてあまり問題にしない人が多いようだ。

続きを読む

ケーブルの音などというものは存在しない~スピーカーケーブルの選び方

ケーブルで音が変わるという話は本当だろうか。ケーブルは「太く短く」とされるが、具体的な数字になると誰も答えられない。そこでケーブルで音が変わる理屈を説明し、太さと長さに着目したケーブルの選び方ご紹介する。

続きを読む