バックアップソフトはなぜ役に立たないのか

 DOS/Vパソコンの黎明期はマザーに必要なドライバの導入で試行錯誤が必要だった。そのため苦労して構築した環境をパーテーション単位でバックアップしたいことがあった。

 OSのインストールからドライバ導入まで何も考えずスムースに出来る現代では、バックアップを取ってレストアするよりゼロからインストールした方が早く復旧できることが多い。市販のパソコンを買ってもリカバリ領域が付いてくることが多く、この手のツールを利用する機会はほとんどなくなった。

 

バックアップソフトはなぜ役に立たないのか

 私はこれまで、パーテーション丸ごとバックアップできるソフトをいくつか使ってきたが、実際にそれが役に立ったことはあまり無かった。それに、この手のソフトにはいくつかの問題がある。

 第一に、バックアップやレストアの作業時間が非常に長いことがある。いったん開始すると数時間かかるため、アレコレ試行錯誤していると丸一日潰れた。また、せっかく作ったイメージがエラーでレストアできなかったり、操作がよくわからなくて必要な領域を消してしまったこともあった。

 苦労してバックアップを成功させても、PCパーツを入れ替えると使えなくなった。マザーを入れ替えたときは古いイメージを展開してエラーと格闘するより、ゼロから入れ直した方が早い。

 結局、「バックアップを作っても時間と労力がその価値に見合わない」そう結論を出して、この手のソフトは使わなくなった。少なくとも、お金を出して買うような代物ではない。

 

Linuxの場合は役に立つ

 Linuxではこの種のツールが役に立つことがある。

 Linuxは依存関係が複雑であり、ネットの記事を参考にしてもうまくいかないことが多い。これは構成ソフトの仕様がバージョンアップで変わったり、検証不十分な内容を記事にしている為。

 このような情報をもとに試行錯誤していると環境が汚れてきて、クリーンインストールした状態に戻してやり直したくなる。このときバックアップからイメージを展開するのが最も簡単だ。

 

バックアップソフトの候補

 Linuxに対応したフリーのツールを探してみたところ、候補が3つ見つかった。 Macrium Reflect、Partition Image、Paragon Backup&Recovery Free[1] だ。この中で私のお勧めは Paragon Backup&Recovery Free。

 Macrium Reflectは一見使いやすいが、ソフトの作業時間が長い。手作業による復旧時間をはるかに上回るため利用する価値が無い。Partition Imageは事前にリカバリ専用パーテーションを作ってマウントしなければならない。やや敷居が高い印象だ。

Paragon Backup&Recovery Freeの実行画面 Paragon Backup&Recovery Freeの実行画面。データのない領域をスキップするようなので、作業時間が短いうえ作られるデータも小さい。20分もあればUbuntuの実行環境をレストアできる。

 またこのソフトはWindowsベースなので、Linuxを対象にする場合はWindwsの環境にいったんインストールしてリカバリーCDかUSBを作り、それを使う。

 

 リカバリーCDはWinME版とLinux版の2種類を作れる。Linix版は同じ場所に同じものを繰り返しレストアする用途で使いやすいように出来ている。

 

バックアップソフト運用のコツ

 LinuxとWindowsのマルチブート環境では、Windows上でParagon Backup&Recovery Freeを起動してレストアなどの作業することができる。作業中に他の操作が出来、時間を有効に使えて便利だ。

 Paragon Backup&Recoveryは使いやすく優秀だが、操作ミスで必要な領域を消してしまうリスクがある。同じHDDに複数のパーテーションを作るのではなく、HDD単位で別々にしておくのが安全だ。それと、上の画面を見て「難しそう」と思う人は、この手のツールに手を出さないのが無難だ。

 

<参考購入先>
バックアップソフト あまり役に立たないバックアップ系ソフト
DesignSupport パーテーション単位でバックアップするツール

<参考文献>
1.Paragon Backup&Recovery