オーディオアクセサリーはガラクタだらけ

 オーディオアクセサリーは昔(1970年代)とは比較にならないほど多様化している。ケーブルで音が変わるのは常識といわれ、それも電源ケーブルまでが対象になった。世の中にアクセサリーが増えたのは、機器が進歩して微妙な音の差が聞き取れるようになった成果、と見る向きもあるが、私には商売のネタを業者が増やしただけに見える。

 インシュレーターやケーブルアセンブリのようなものは本格的な製造設備を持たない小さな町工場でも容易に作れる為、その大半は理屈を知らない素人が思い込みだけで作ったガラクタである。このような町工場がカタカナ文字のブランドを掲げ、マニアが喜びそうな高価な材料を使ってケーブルやインシュレータを作り、原価のウン10倍の値段を付ければ、立派なハイエンドアクセサリーの出来上がりだ。

 評論家に記事を書いてもらえばシメたもの、運良く銘器賞でも受賞すれば、マニアが喜んで買う仕組みになっている。ケーブルは素人がどのように作っても大差ないし、インシュレータは効果を如何様にも解釈出来る。そんなアクセサリの音を評論家が評価できるはずもなく「見た目の印象」で記事が書かれているように見受けられる。

 業者は、理屈のわからないマニアからカネを取れる商売のネタをつねに探している。既に電源周りまでその手が及んでしまった。今後も様々なアクセサリーが登場すると予想されるが、私たちは、適切に設計されたアクセサリーの中から、必要なものだけを、適正価格で入手することに心がけたい。

 

<参考商品>
金の価格はグラム4000円前後。純金で出来ているのでしょうか。
不自然に高価なインシュレーター
不自然に高価なケーブル

<関連記事>
インシュレーター