ビデオライブラリのデジタル化

15年前に録画したβのテープを、DVD レコーダ(RD-X3)にダビングする作業をしている。 過去、いろんなビデオテープを使ってきたが一番優秀に感じたのがスコッチのEG、EXGである。細切れに記録してきたソースもほとんど劣化なく安定再生できる。マクセルや他のメーカー製のテープに記録したものは、上端にスキューが発生したりトラッキングがズレるなど、再生に問題が生じているものが多い。

 このような再生に問題のあるテープを綺麗にダビングするにはTBCが欠かせない。しかしX3内蔵のTBCは簡易的なものでスキューはとれない。またソースによっては誤動作して画面が上下にブレたり、大幅に乱れてしまうことがある。これは再生側でNRをかけたり画質の輪郭を甘くすることで改善することがあるが、それでダメなときはどうしようもない。TBCはうまく働いているときはいいが、破綻したときは入れない方がかえって良い結果になる。X3のTBCもオフに出来るといいのだが、残念ながらそのような設定は用意されていない。

 そこで導入したのが外付けのTBC(DVE773V2)である。これの表向きの用途は画質安定化装置であり、10bitADCのおかげで階調がつぶれず、かなり元ソースに忠実な出力が得られる。ローコストなS-VHS機に搭載されているTBCや他社の類似機種では8bitADCを使っている為、階調が失われたり暗部の色が薄くなるなどの弊害がある。電源をOFFにすると元ソースを直出力してくれる点もありがたい。これも万能ではないのだが、X3直入力で破綻してしまうソースを救済できる点のメリットは大きい。これでもダメな場合もあるが、どんな入力ソースも安定化するようなTBCは存在しないかもしれない。

 コンポジットのソースをX3にダビングする場合はY/C変換できるビデオデッキなどを通してS端子から入力した方がよい。これはX3のY/C変換器とNRは排他動作になっているためで、X3の入力にはNRをかけた方がTBCの誤動作を防いだりビットレートを節約する上で効果がある。DVE773V2のほうはコンポジットでもSでも動作に違いは無いようだが、Sに統一することで、いちいち裏の切り替えスイッチをいじらなくても済む。

 

<参考購入先>
ビデオレコーダー