CDプレーヤは枯れてしまったか

CDの黎明期にはメカやデジタル信号処理系に多くの技術的問題があり、日進月歩の進化がみられたが、今ではそれらの諸問題はすっかり改善されてしまい、チップ統合と生産設備も償却が終わって驚くほど安く作れるようになった。デジタル的な性能は数万円の機種も数百万円の機種もほぼ同じであり、金額による音の差はほとんど無いといっていい。高額機種では、音質とは関係ないこところに物量投入したり、記録されていない信号を予測補完する機能を付け加えて、なんとか付加価値を見いだそうとしているようである。

D/A変換には大きく分けてマルチビット方式と1ビット方式が存在し、1ビットはノイズシェープ※1と組み合わせたΔΣ方式が主流である。過去、これらの方式の違いによる音の傾向について議論されていたことがあったが、現代では技術が進歩して差はなくなってしまった。
オーバーサンプリングデジタルフィルタ※2はもう当たり前のものになり、倍率を競った時期もあったが、最近ではカタログ上の能書もあまりみかけなくなってしまった。
デジタル処理に関する基本はこれだけであり、あとから追加された様々なメーカの独自技術は、この処理をちょこっといじくったものか、ハナ薬を加えた程度のものにすぎない。

※1 量子化誤差を微分することで高域に追いやるしくみ。次数は微分の次数を示し、次数が高いほど可聴域の雑音が減る。
※2 デジアナ変換するときにローパスフィルタがいるが、44.1kHzのままだとこの設計がかなり苦しい。そこで、より高い周波数でオーバーサンプリングして、デジタルLPFをかけで出力する。こうすると雑音が高周波に追いやられ、アナログLPFの負担を軽減できる。4倍オーバーサンプリングというのは倍数は44.1kHzの4倍でサンプリングしていることを示す。倍数が高いほどノイズが高域にシフトするが、4倍あれば十分でそれ以上あげても結果に大差ない。

 

記録されていない信号を予測補完する機能は、どの程度の効果があるだろうか。まず、元々記録されていない情報を復元することは、原理的に不可能であることを知っておいてもらいたい。これらの技術は結局、推測で作った擬似信号を付け加えて味付けしているだけで、その結果、元の音に比べて良くなったのか、悪くなったか、聴く人の判断にお任せといったところである。あくまで忠実を求めるなら、こういった余計なものが付いていないものの方が良い。

CDの二度入れや重ね再生、エッジの色づけなどで音が変わるのはなぜか。これはジッタの増減によるサーボ電流が、アナログラインに影響するという説が有力である。しかし安物のポータブルプレーヤならともかく、Hi-Fi用に作られた機種では、こういった影響はきわめて小さい。

CDが出た当初、デジタルだからプレーヤで音が変わることはないと言われた。それから技術が進歩し、現代では、実際に差が無くなりつつある。音に関係する部分は、もう電源部と、D/A後のアナログ回路くらいしか、見い出すことができない状況である。将来、デジタルアンプが安価になって、デジタル信号のままアンプで増幅することが一般化すれば、CDによる音質差というのもは、本当に無くなってしまうかもしれない。

 

<関連商品>
CDプレーヤー一覧