壊れにくい傘の選び方

 傘を買い替えるハメになってしまう原因の中に、強風による親骨の曲がりがある。金属の薄板をU字形に曲げて作られた骨は、一度曲がると元に戻らない。曲がった骨を直すための補修部品が市販されているが、最近はこれを使って直す人はほとんどいない。曲がったら破棄。傘は使い捨ての消耗品になったといえる。

 

選ぶときのポイント

 傘を選ぶときは、次の4点をよく観察してほしい。

傘の各部名称 出典:JUPA(日本洋傘進興協議会)

 1.親骨
 2.受骨
 3.上ろくろ
 4.だぼ
 

 

 

 親骨と受骨については骨の太さと本数が重要になる。受骨は金属製が望ましい。
 上ろくろと締結する親骨の先端は金属製が望ましい。
 だぼも金属製が望ましい。(2017/8 補足:最近では強風などでこの部分に過大な力がかからないよう、リンク機構の付いた傘をみかけるようになった)。

 

 

壊れやすい傘の例

 親骨にグラスファイバーを使った商品は剛性が低く曲がりが大きい。これによりろくろとの接合部やだぼで壊れるケースが多い。

kasa1 kasa3

 写真は親骨の付根(ろくろとの締結部)がポッキリ折れてしまったグラスファイバーの傘(イオン取扱商品)。この傘は受け骨もグラスファイバーになっていて、風を受けると右の写真のように受け骨が風車のように横曲りして親骨の付根がねじれる。折れたのはこの「ねじり」が原因。傘を床に押し当てたときこういう変形をする商品は壊れやすい。

 

丈夫な傘の例

kasa2 こちらもグラスファイバーだが、上ろくろと締結する親骨の先端が金属で補強されており、受骨は太い金属製。これだけ立派な作りの傘が980円で売られていた。

2017/8補足
 この傘は10年経った現在も壊れずに現役で活躍している。

 

 

耐風傘について

 最近では空気の逃げ道を作ることで過大な力がかからない構造にした「耐風傘」があるが、価格が高いのが難点。傘は「消耗品」で「紛失」しやすいアイテム。価格は数千円を目安にしたい。

 

傘の生地はポリエステルを選ぶ

 構造的に満足いくものが見つかったら、次に生地に注目する。傘の生地は厚手のポリエステルがいい。ナイロンや布は水に弱いので避けたほうが無難だ。

 

取違い(持ち去り)対策をする

 自分で選び抜いた傘を他人に間違えて持っていかれるとショックだ。このような事故を防ぐためにも、わかりやすい目印を付けておくことをお勧めしたい。

 ※私が吟味して選んだ傘を嫁さんに貸したところ、間違えてよく似た別物を持ち帰ってこられた経験がある。

 

<参考購入先>
グラスファイバーの傘 日射に対応した遮熱仕様の傘がお勧め
傘の補修部品

<関連記事>
経験したことの無い快適さ!~サラリーマンが日傘で炎天下を歩く