ハイエンドオーディオとは何か

長引く不況で絶滅したと思っていたハイエンドオーディオが息を吹き返してきた。元々ハイエンドは見た目がメインの商品で、音はいまひとつのものが多かったが、オーディオ製品のデジタル化が進んだおかげでローエンドからハイエンドまで音の差がなくなり、価格の差は単に「見た目」の差にすぎない状況になってきた。


 ハイエンドは元々音に詳しくないお金持ちをターゲットにした商品である。貴金属や宝石、高級木材が贅沢に使われ、ゴージャスなインテリアの中に置いても違和感のない外観が与えられている。これらの商品は「音も一応出せるインテリア」であって、音や性能を期待できるような商品でないことに注意しなければならない。
 ケーブルやコンセントなど信号や電源周りのハイエンドアクセサリに至っては、素人が思い込みだけで作ったガラクタがほとんどであり、サイキョーを連呼する某サイトの主人が言うようにボロい。ケーブルにしろコンセントにしろ、ホームセンターで数百円で売られているJIS規格品の方が性能的に優ている場合が多い。
 ハイエンドと呼ばれるカテゴリには、このようにお金持ちの向けインテリアと、おかしな値付けをしたガラクタとがごちゃ混ぜになった形で市場を形成している。

 少しお金を持っている弁護士や医者、一部のマニアはこのあたりを勘違いして散財してしまうのは昔から変わらない。このような勘違いをアテにした商売を続ける輸入販売業者も問題に思える。

 一般消費者が手を出してよい上限、性能や信頼性を伴った実質ハイエンドと呼べるメーカは私が知る限りアキュフェーズくらい(写真左)。身の丈に合った堅実な商売をしていてバブル以降の長期不況も乗り越え健在である。実質生涯修理対応に相当するサービスが同社の商品に普遍的価値を与えている。このようなお客様を大切にする姿勢は高く評価できる。生涯修理対応が商品価値を高めることは、時計の場合とおなじだ。

 

 ハイエンドが本当に価値ある商品であるならば、その価値をスペック(測定データ)で示すべきだろう。そして少なくとも値段相応のサポート体制を整備すべきだ。百万円近くする商品がわずかな年数で修理不能になってしまうのでは、あまりにも高い買い物だ。そのようなことが配慮されていない商品は、やはり見た目だけの贅沢品。一般消費者は決して手を出してはいけない。ましてや音に期待して購入するなど、とんでもないことである。

 

<関連商品>
アキュフェーズ商品一覧
ヤフオク!

<関連記事>
2002年ピュアオーディオの現状
なぜピュアオーディオは廃れたのか
無駄なアクセサリー
長く使える時計は、いくらくらいが妥当か