スマホにより駆逐されるデジカメ市場に活路はあるか

小さい割に重量を感じる携帯機器は密度感、高級感といった点でプラスの評価をもたらす。つまり小さいものは「見た目より重い」ことが商品としての付加価値なりうる。

 昔のカメラはアルミダイカスト、もしくは真鍮にメッキもしくは塗装(ブラック)だったから結構な重量があった。今時のカメラはプラスチックが多用されとても軽く出来ている。見た目に対して軽すぎると「オモチャ」「中身スカスカ」といった印象を与えやすい。カメラのボディがオール金属製だった時代は軽量化が課題だったが、十分軽いものが作れるようになった現代では一般ユーザ、アマチュア、プロなど販売のターゲットによって分けて考える必要がある。なんでもかんでも小型軽量が望まれるわけではない。

camerafree1

高級コンパクトではプラスチックによる安っぽい質感を改善するため金属が使われるが、パナソニックやソニーが作るカメラは家電の延長であり携帯機器に求められる堅牢性や物としての価値が望めないものになっている。「ボディにアルミを使いました」とかいってもペナペナで高性能をうたうレンズもトイレットペーパの芯に見える。彼らは狭いスペースに出来る限りたくさんの部品を詰め込み、性能・機能を高め、0.1gでも軽く作ることが良い商品だと信じている。

 ニコンやキャノン、オリンパスらはこれまで家電メーカが作るこういったカメラに翻弄され同じ土俵に引き込まれてきた。カラフフルでオシャレなオモチャコンパクトを量産して薄利多売するビジネスである。その市場はいまやすっかりスマホに食われてしまい、もう発展が望めなくなってしまった。いまこそカメラの原点に立ち返って魅力ある商品を世に出し、巻き返すチャンスかもしれない。

 

 最大のボリウムゾーンをスマホに奪われた今、これまでと違ったカメラを出さなければならない。「スマホに出来なくてカメラで出来るものってなんだろう」各メーカはスマホと差別化するため必死でこのことを考えているに違いない。

 例えば小さなイメージセンサのメリットを生かして作った高倍率ズームはどうか。昔からあるが、ヒットしないのには理由がある。望遠を欲張ると本体が大きくなること&質の悪いEVFの搭載(手抜き)が要因だ。
 一般消費者が求める望遠端は200mmで、これは体育館や運動場で子供を撮るための必要最低値だ。たとえば28-200相当の7倍ズームは子供を持つ親をターゲットにした場合のベストなスペックであり1/2.3型センサを使ってサイズを犠牲にしないでコンパクトなカメラを作れる。望遠はこれ以上でも以下でも販売ターゲットを狭める結果にしかならない。
 もうひとつの問題はEVFで、コストの制約か、この手のカメラに乗るEVFはオマケ程度のものが多い。EVFが見せる絵がチープだと良い写真が撮れないように思えてしまうから不思議だ。
 
 防塵・防滴・耐衝撃もポイントになるが、このジャンルはタフネスに関するスペックを欲張りすぎてカメラとしての画質や機能が犠牲になっているものが多い。デザインも素人が考えているのか、おかしなものが多い。
 水中何十メートルで写真が撮れる性能は多くの消費者にとって必要なく、濡れた手で触ったり、水洗い出来るくらいで十分なはずだ。防塵は運動場の砂塵に耐え、耐衝撃は胸ポケットから床に落とした高さを想定すればよく、それ以外はクルマのキーと一緒に鞄の中でシェイクに耐えれば十分である。もう少しスペックを落としてビジネスや日常で役立つタフネス性能を「当たり前」として標準装備してもらいたい。できれば時計に近い外装を施して、キズやスレが問題にならない形にしてほしい。
 最近では1インチ以上のセンサをコンデジに乗せたコンセプトが流行っているが上述したような日常タフネス性能を満たさないカメラはどんなに画質が良くても結局用途が限られ高価なことがそれに拍車をかける。タフネスさは高価なものほど要求されるスペックではないか。

 

 オリンパスTG-3のような本格顕微鏡機能は「早い者勝ち」である。他のメーカはこれを後追いせず独自の特徴を見つけてほしい。コンパクトカメラは個性の時代になるといわれるが、個性は機能以外でも演出できる。上述した日常タフネスを備えたメタルカメラも一例だ。冒頭で述べたように「小さい割りに重い」ことは付加価値になる。携帯機器は少しでも軽くすべきで重いと売れないというのは作る側の決め付けにすぎない。

 あと画素を増やすのも程々にすべきだろう。16Mを1/5に縮小してHD画面で等倍でみたとき鑑賞に耐えれば十分である。16Mを超える画素は一般消費者にとって殆どメリットが無いはずだ。

 

<関連商品>
デジタルカメラ一覧 個性のある魅力的な商品の登場が望まれます
ニコンDf 精密機械を感じさせるカメラもありますがちょっと高すぎ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です