ニコン18%標準反射板はホワイトバランス設定に使えるか

 撮った写真が青っぽくなったり、赤っぽくなった経験はないだろうか。これはカメラのホワイトバランス(WB)が転んだためだ。正しい色で写真を撮るためにはWBを正しく設定することが必要で、色や質感が問題になる模型や絵画の世界ではWBの正確さが求められる。

 WBを正確に合わせるためには色温度計が必要になるが、高価でアマチュアには手が出ない。そのため大抵は18%標準反射板(グレーカード)が使われる。いろんな商品があり色温度で200K程度のバラツキがあるようだ。測定データとセットで売られている商品はほとんどない。
 正確さに欠けるグレーカードでも商品や人物撮影では十分役に立つ。現像時に色までいじってしまうこのような用途ではWBの正確さより一定のWBで安定して撮れるメリットのほうが大きい。

 

DSCN0412 ニコン18%標準反射板はグレーカードの中で最も安い商品。左はWBをプリセットするためこれを設置したところ。メーカーHPにはWBには使えないという触れ書きがあるが、試した結果はヘタなグレーカードより正確だ。少なくとも私のようなリペイント作品を撮影する人にとって十分役に立つ。

 

 グレーカードのバラツキと正確性は、グレーカードを信頼できるカラーチャートと同時に撮影した写真があれば検証できる。これに近い写真はネット上を探すといくつか見つかる。

rawwb1 rawwb2

RawTherapee(フリーソフト)はWBをスポットしたあと任意の部分のRGBを数字で見ることが出来る。この機能を使って写真に写っているグレーカードでWBをセットした後、スポイトを他のグレー部分に合わせるだけで偏差が読み取れる。ニコン18%標準反射板で拾ったWBはわりと正確で悪くない。より正確な商品を求めると高価になるが、レフの反射や光源の僅かな違いで起こりうる偏差以内なら十分といえる。
 ちなみに「銀一」は赤っぽいと評される通り赤方向にずれる。これは色の正確さを問題にする用途に使えない商品。「ニコン18%標準反射板はWBの補正に使えない」と結論付ける記事もみかけるが、間違ったカードを基準にディスプレイを調整した結果ではないだろうか。

 

DSC00519a

 ディスプレイのカラーバランスが合っていないとWBにこだわっても意味がないことは自明。明るさやコントラストの調整ができてもRGBはちょっと難しくキャリブレーションツールがなければ見た目で合わせるしかない。

 ディスプレイには中央と周辺で明るさや色に違いがあり写真のように背景をグレー(RGB=144)にするとこれがよくわかる。見る角度によっても色が変わる。このあたりが高価なディスプレイとの違い。ネットやゲームしかしない人にとって高価なディスプレイはネコにコンバンワだが色で仕事をする人にとっては必要な性能だ。

 

<関連商品>
ディスプレイのキャリブレーションツール 最近はモニターとセットで安価になりました
EIZOのモニター 色にこだわる人のモニター
色温度計
グレーカード
エックスライトのカラーチェッカー WBプリセットの正確さを求めるとこの商品に行き着く。グレーだけの単板もある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です