スチームクリーナーの選び方

 スチームクリーナーは100℃前後の水蒸気を汚れ落としに使う機器。今までにない汚れ落ちが期待できるような宣伝から、この種の機器に過剰な期待を抱いてしまう人もいるようだ。また、多くの商品があるが、汚れ落ちがどう違うのか、わかりにくくなっている。そこで今回は、スチームクリーナーに適した用途と、選び方をご紹介したい。

 

スチームクリーナーの価値は何で決まるか

 スチームクリーナーの主なスペックには洗浄能力、最大吐出圧、連続噴射時間、タンク容量の4つがある。

 洗浄能力は、高温の蒸気を使う。これはどの機種も100°前後であり、洗浄能力は横並びと考えていい。

 最大吐出圧は蒸気の出る勢いに関係する。これは安全上もあって3気圧(ボイラー式)という上限で横並び。

 連続噴射時間は消費電力が高い商品ほど長い傾向がある。これが長いほど、快適に使用できる。

 

 結局、連続噴射時間だけが商品の主な違いになる。持続時間の長い商品は、必然的に大容量のタンクとセットになっている。

 

スチームクリーナーの市場

 スチームクリーナーで有名なメーカーにスチームファースト(米)がある。「No.1」を連呼する正規代理店のサイトは怪しい通販サイトに似ている。ネットにレビューがあるが、販売に都合よく書かれた提灯記事が目立つ。購入者のレビューは楽天やアマゾンのカスタマーレビューで見ることが出来る。

 スチームファースト(SF-275)の直販価格は2万円を切っており、1ドル122円とすると米アマゾンの販売価格(送料込$146)と大差ない。値段はかなり頑張っているが、アイリスに5千円を切る商品がありノズルをフルセット揃えても半額以下。

 スチームファーストはアイリスの5千円商品に比べ消費電力が1.5倍大きい。よってアイリスより連続噴射の持続時間が1.5倍長くなる。

 

長いノズルは役に立たない

 スチームクリーナーの掃除は、本体に短いノズルを付けてコシコシやる形が基本。普通の掃除機のように長いノズルを付けてしまうと、途中で蒸気が冷えて液化し、お湯の擦り洗いと変わらなくなる。

 

どんな汚れ落ちが期待できるのか

 常温では落ちにくいが、温まると落ちやすくなる汚れの掃除に役立つ。これによって、掃除の効率が少し良くなる程度と考えておきたい。蒸気だけでコシコシやるより、洗剤と併用するとより落ちやすくなる。

 ハイターなどの薬剤を使わなくても除菌できる性質を利用して、浴室の掃除をメインに使っていきたい。

 

使って分かった欠点

 水を使うため、準備も片付けも面倒でスタンバイに時間がかかる。普通の掃除機のようにはいかない。利用頻度はそう高くない。我が家では年末の大掃除に使う程度になった。

 購入の際は金額に見合ったメリットがあるかどうか、よく考える必要がある。

 

実例

 DSC01275a 写真はスチームクリーナーSTM-304(アイリス) 。Max3気圧 1000W。アマゾンで5千円を切る商品。安いのでノズルをフルセット揃えた。作りはとてもしっかりしている。

 

 スタンバイ3分以内で使用可能。出口温度105~110℃、付属ノズル先端で98℃前後のスチームが吐出される。

 ランプは通電を示すもので温度低下を示すものではない。連続噴射していると徐々にスチームの勢いが衰え、通電ONになって復活する。勢いは衰えても、温度はほとんど変わらない。

 吸水キャップの安全弁は圧力式。水は300cc しか入らないが、無くなったら電源OFFしてレバーONで圧を抜けばすぐにキャップを外して吸水できる。

 水は付属のジョウゴを使って入れるが入りが遅いうえ50ccずつしか入らない。安全に配慮したのかもしれないがイライラさせる。

 

DSC01277a オプションの隙間ノズル。写真のようにブラシとスチームの出口が離れているのでブラシ部の温度は80℃前後まで落ちてしまう。出口を円形に囲む付属ノズルではほぼ100℃のスチームで洗浄できる。

 ブラシは熱で軟化するため力を入れると痛みやすい。力を入れず小刻みに擦り、その回数で落とす。

 

 本機にはエアコン掃除に使えるL型ノズルが付属する。本体の取っ手と前の出っ張りに紐を通して肩に掛けることで、エアコンのような高所の掃除も可能。

 

熱湯に注意!

 プラスチックはPP(ポリプロピレン)以外の「薄物」は熱で変形する恐れがある。
 すこし休止してONすると熱湯が出る。これはパイプの中の水蒸気が液化したため。火傷しないよう注意したい。

 

DSC01273a

 新しい機器を買ったときの恒例儀式。全てのネジ込み部やシール部にRational003を塗布しておく。磨耗を減らして道具を長持ちさせることができる。操作が軽くなり使い勝手も向上する。

 

 

<参考購入先>
スチームクリーナー あえて必要なものでもないです

<関連記事>
高圧洗浄機の選び方
洗剤の選び方と使い方