目覚まし時計の選び方~G-SHOCK置時計

 時計売り場にいくと沢山の掛け時計、置時計が置かれている。昔からそうだが、ざっと見渡して「欲しい」と思えるものは一つも無い。とはいえ時計は生活に必要なものだから、使っているものが壊れた場合はこの中から選ばなければならない。仕方なく買われている。それが現状ではないかと以前書いた。
 今回は目覚まし時計を選んでみた。目覚まし時計に求められる要件には次がある。

 

目覚まし時計に求められる要件

1.ON/OFFスイッチが操作しやすこと
2.セットしたアラームの時刻と、ON/OFFの状況が常時視認できること
3.セットした時間に確実に鳴ること
4.十分大きな音量で鳴ること
5.スヌースボタンが押しやすい位置にあり、一時止める止めないに関係なく5分毎に繰り返し(6回以上)鳴り続けること。

「こんな時計ならいくらでもあるだろう」そう思ってアマゾンを検索したが見つからない。中途半端な商品で溢れている。ほとんどの商品に、次のどれかの問題が見られる。

 

1.目覚まし(アラーム)のスイッチが固い。スライドしずらい。位置がわかりずらく、別のボタンを誤操作してしまう。
2.セット時刻が常時表示されない。アラームがONなのかOFFなのかわからない。
3.1年くらいでベルを叩くメカの調子が悪くなり、たまに鳴らなくなる。
4.音を出す部分が裏や横についている。目覚ましに有効な高音成分は指向性が強いので裏や横向きだと減衰してしまう。
5.スヌースの有効時間が短い。数回止めてしまうと、その後鳴らなくなる。

 

目覚まし時計ではなくアラーム付き時計が多い

 全般的に言えることは、「目覚まし時計」ではなく「アラーム付き時計」が多いことだ。セットした時刻が何時なのか、鳴るのか鳴らないのか、ぱっと見てわからない。アナログ式はこれらを満足するが、音を出す部分が裏にあって音が小さい。これらの時計は「目覚まし時計」としてあまり役に立たない。
 耐久性も低い。ベルを叩くものはメカが壊れやすい。モーターが負荷に負けて時々回らなくなる。寝過ごした後になって「こいつ鳴ったのか、鳴らなかったのか?」疑問に思う。ローコストな機種は1年くらいでこの問題が起こる。
 この部分の動力はゼンマイ式の信頼性が高いが、ベルを叩く動力だけゼンマイ式の商品はなかなか無い。電波時計の時刻をトリガーに、ゼンマイ動力でベルを叩く、そんな構成が理想ではないだろうか。

 

デザインは破滅的な状況が続く

 時計はインテリア商品なのに、まともなデザインの商品がほとんどない。素人がデザインを担当しているのか。どのようなインテリア空間に置かれることを想定したものか、皆目わからない。
 時計業界でまともなデザインを提供するのはLemnosくらいだが、目覚まし時計は作っていない。

 

目覚まし時計の例

DSC01429a 写真は我が家の置時計。一番左は20年以上前から愛用している目覚まし時計(カシオG-SHOCK GQ-200)。右の3台はアラーム付き置き時計で目覚ましには使いずらい。

 GQ-200はとても古い商品だが上記の要件をすべて満たしている。スタンドアロンながら精度がよく、1年で数分しか狂わない。
 外装はショックを緩和する樹脂で全周覆われている。ベットからの転落はもちろん、投げつけても壊れそうにない。ウレタン外装は劣化することで知られるが、20年過ぎた今も外装に気になる劣化は見られない。

 

DSC01420a アラームスイッチ。GQ-200は大きく操作しやすいスイッチが使われていて操作感もよい。時間セットのボタンもシンプルな操作でわかりやすい。
 アラーム付き置き時計のスイッチは右のようなスライド式で固いものがほとんど。毎日使操作することを想定して作られていない。

 GQ-200のデザインはおよそ寝室に合わないものだが黒いおかげで目立たずインテリアの崩壊を免れている。
 欠点は座りが悪いこと。転がっていると暗闇でボタンの位置がわからず照明が付けられない。

 

 

結局どれを買えばよいのか

 GQ-200は遠の昔に生産完了しており中古はプレミアム価格で取引されているようだ。現在生産している商品で良いものは無いか。沢山の商品の中から選びぬいた逸品をご紹介する。

DSC01432a CITIZEN 大音量電波目覚まし Wアラーム 手に入れて一通りチェックしたが問題は見あたらない。見ての通り、アラーム設定を常に正面から視認でき、設定操作もわかりやすく出来ている。

 正面のダイナミックスピーカーから出る音は強烈。音色は3種類から選べるが、どれも脳に刺さる音で音量最大だと近くにいられない。これで目の覚めない人はまずいまい。寝過ごしが絶対許されない人に向く。

 

DSC01436a アラームのON/OFFスイッチは両サイドにあり、操作感も問題ない。他のボタン類は電池カバー内部に隠れていて、無造作に取り上げても他のスイッチを誤って操作してしまうことが無い。デザイン以外の機能面は完璧と思えるくらいよく出来ている。

 

DSC01476aシチズン エフライトR435 文字盤背後の照明で針と文字盤が浮き出る数少ない商品。暗くなると光る仕組み。アラームの設定はアナログ式10分刻みだが、電波時計と比較して時間を補正するためアラームが鳴る時刻はたいへん正確になっている。

 アラーム音は大人しいが、写真のようにベットの宮台に置いて背面がすぐ壁なら音量は問題ない。音質は上の「脳に槍を突き刺す」イメージと違ってソフトな目覚めが期待できる。スヌース止めを繰り返すと最短20分で鳴らなくなるので注意。持つと裏の操作部に手が触れるのが難点。

 色はダークブラウンを選択できるので、ダークブラウンのベットに合わせてコーディネートできる。

 

 

<関連商品>
アナログ式 アナログ式が良い人はこの中からどうぞ。音を出す部分が裏にあるものは十分な音量を望めません。
Lemnosの時計 優秀なデザインの時計を作る国内ブランド
電波ブースター あまり知られていない商品。マンションでも電波時計が使用可能になります

<関連記事>
時計の選び方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です