エアコンの選び方と正しい活用法~正確な温調はどうやったら実現できるか

 こんな経験はないだろうか。

 エアコンを27℃に設定したが、妙に暑い。室温計をみれば30度を超えている。エアコンを見ると省エネ運転中。弱い風しか出ていない。
 設定温度を26度に下げたらエアコンが勢いよく風が出てきた。しかし、しばらくすると寒い。そこでまた27度に戻すことに(以後この繰り返し)。

 どうしてこんなことになってしまうのか。今回は、このような不快な思いをせずに済む、エアコンの選び方をご紹介する。

 

重要な「温調精度」

 どんな立派な機能を備えていても、室温が設定通りにならないエアコンは使いにくく、快適な環境も望めない。

 「今時、そんな問題を抱えるエアコンがあるのか?」と思うかもしれないが、温調精度はカタログに書かれていない落とし穴の一つだ。

 冒頭の例ではヒステリシスが3℃以上ある。これは3℃気温があがると冷房運転が開始され、3℃冷えたらそれが止まる(省エネ運転に入る)ことを意味する。

 3℃というと、体にとって厳しい温度変化。体調を崩しかねない。

 

温調精度に優れたエアコンの見分け方

 ヒステリシスはカタログを眺めてもわからないが、温度設定を0.5℃単位で設定できる機種は、ヒステリシスが小さく、設定温度付近で温調できる機種が多いようだ。

 つまり、温度設定を0.5℃単位で設定できるエアコンを選ぶことが第一のポイントになる。

 

 

室内の温度ムラをなくす

 空気が止まっていると、人がいるエリアとエアコンの近傍で温度差を生じてしまう。エアコンのセンサで室温を正しく検出できなければ、正確な温調は望めない。

 そこで、エアコンを使う場合は必ず扇風機を併用したい。これは以前からよく聞かれる話だが、扇風機の使い方が異なる。

 循環(サーキュレーション)を目的とした場合、人に当てるのではなく、本体を部屋の隅に置いて対角の天井の角に向け、連続して一定の風を送る

 写真は40cmの大径羽根をもつアピックスのAFL-288R。後ろに写っている専用サーキュレーターより静かに循環できる。

 

 

 エアコンにはリモコン側に温度センサを搭載した商品がある。扇風機を併用して空気を攪拌すれば、どこにセンサがあっても問題ない。

 ムーブアイ(三菱)と呼ばれるセンサは物体の温度や人の位置を知るためのもので、空気の温度は測れない点に注意したい。

 

省エネ運転のレベルを見直す

 最近のエアコンは省エネのレベルを段階的に調整できるが、あまり省エネにしすぎると風量が極端に減ったり、送風が止まってしまう場合がある。

 このせいで室温が設定通りにならず、大きく変動してしまっては本末転倒。このような結果にならないよう、省エネ運転のレベルを慎重に決めてほしい。

 

 

<参考購入先>
エアコンの一覧 0.5℃で温度設定できるものを選んでください

 <関連記事>
扇風機の選び方~30cm扇にDCモーターはメリットなし!
これはひどい!エアコンの手抜き工事の例