無垢フローリング仕上げ塗料の選び方

 フローリングにはいろいろあるが、我が家を新築したときは無垢の無塗装品を貼り、自然塗料で仕上げた。自然塗料は無垢の良さを最も引き立てる仕上げの一つだ。

 

なぜ無垢なのか

 ハウスメーカーが採用する床材のほとんどが合板にペラペラの突板を貼ったもの。最初は綺麗だが、傷ついたり擦り減るなどして寿命を迎える。

 恒久的に持つ床材はないものか・・・そう考えると無垢板が候補になる。無垢の床材は中まで同じ材質なので、摩耗は問題にならず、傷ついても削ってしまえば元通りになる。

 しかし、無垢でもウレタンやエポキシなどで塗装されていると、素材に関係なく塗料で寿命が決まってしまう。塗装された床材は無垢であっても突板合板と変わらない。つまり無垢のメリットが生かされない。

 

無塗装の無垢材を自然塗料で仕上げる

 自然塗料で塗装した木材の補修はとても簡単だ。スポンジやティシュで適当に塗って染み込まなかった分をふき取るだけ。床材が深く傷ついた場合でも、ペーパーで傷の周りを滑らかにして、自然塗料を塗ればほぼ元通りになる。

「無垢材と自然塗料を組み合わせれば、恒久的な床材になる」

 私はそう考えて新築で採用した。

 しかし無垢の床材には欠点がある。それは「曲がる」「反る」といった天然素材特有の性質だ。 施工直後はきれいな平面でも、次第に凹凸が生じる。所によって隙間が大きく開いたり、踏むとキシミ音が出る場合もある。施工後数年はこのようにやや不安定だが、次第に環境になじんで変化が少なくなる。

 

 写真は施工10年目を迎えるナラ無垢+自然塗料(アルドボス)仕上げの床。10年間、ワックスがけはおろか、何もしていない。

 夏は継ぎ目の部分が閉じて盛り上がり、冬は隙間になる。

 

 ソファー裏のバネが下に飛び出して擦れ、1mm以上の深い傷がガシガシついた部分。普通の床材だと交換するしかないところだが、ペーパーで均して自然塗料を塗れば補修終わり。

 どこが補修箇所かわかるだろうか。

 

 

 

無垢より高い合板フロア

 無垢の床材は無塗装品を選ぶことで合板と同等以下になる。自然塗料はやや高価だが、塗装に技量は必要ないので自分で塗装してもよい。

 合板の床材に耐摩耗などの機能を求めると値段が上昇し、どんどん高額になる場合が多いようだ。

 

自然塗料とは何か

 自然塗料とは要するに塗った後で固まる油。アマニ油が使われる。木材によく浸透し、酸素と反応して硬化する。その硬化物は比較的柔らかく、摩耗しやすい。

 硬化物は溶剤などに侵されず、水分を遠さないが、木材の導管を塞がないため木に塗ったものは木材の導管を通って内部に水が浸透してしまう。そのため、水濡れに弱い欠点があるが、後日改善策を見つけた(後述)。

  当館ではこの自然塗料を木部塗装に限らず、金属の錆止めや自動車用コーティング[1]などにも利用している。

 

自然塗料の種類と選び方

 自然塗料を作る主なメーカーに、オスモ、リボス、エシャがある。

 同じメーカの中でも似たような商品が数多くあり、選定に迷う人も多いと思う。リボスは50ccのサンプルが手軽に手に入るため、いくつか入手して評価してみた。

rivos

注:サンプルは各塗料をコピー用紙に表面に艶が生じるまで重ねぬりしたものを製作。耐汚染の水性マジックは水洗いしたときの落ち具合から評価。油性マジックはペイント薄め液を使った落ち具合から評価。カルデットは水性マジックを表面ではじく。耐摩耗はツメ先による引っ掻きで評価。浸透性はコピー用紙に滴下したときの染み具合で5段階の相対評価。カルデットのクリアは他の色付きカルデットとは別物で、希釈用とみられる。’-‘は未評価の項目。

 傾向として、油の粘度が高いものほど(浸透しにくいものほど)塗膜の耐久性、保護能力が高い。メルドスはサラサラのためか、あまりよい結果が得られなかった。

 この結果からいくと、屋内のクリア塗装は何も考えずにアルドボス1本でいいようだ。

 色づけしたい場合はカルデットがいい。好みの濃さになるまで重ね塗りし、アルドボスもしくはクノスで仕上げる。我が家はカルデッド(オーク)下塗り、アルドボス仕上げとした。

 タヤエクステリアは濃い色がつく。これはその名の通り屋外用とみるべきで、色ムラもできやすくフローリングには不適当とみられる。

 

自然塗料施工後のメンテナンス

 ワックスの代わりにアルドボスかエシャ クラフトオイルを塗るといいが、塗る前に汚れ落としが必要。面倒なこともあって結局何もしなかった。傷の補修などで削ったところは下塗りに使ったカルデッドを塗っておしまい。

 水のかかるところはさすがに表面が変色してしまう。このことは課題だったが、との粉下塗り+自然塗料仕上げで耐水性の高い被膜を作れることを発見[2]、解決した。

 下の写真はその施工をしているところと、施工後。との粉をある程度残して塗ることで艶消しの高級感ある仕上がりになる。

 

 

<参考購入先>
リボス自然塗料

<関連記事>
1.自然塗料によるカーコート
2.オイルフィニッシュで食洗機に耐える皮膜を作る