ビデオ録画はすべて無駄だった!?~ビデオライブラリを作った顛末

 1980年、私はまだ学生だった。お小遣いでビデオテープにつぎ込んで、テレビ放送をせっせと録画していた。当時、レンタルビデオはあまり普及しておらず、タダで手に入る映像コンテンツがとても貴重に見えた。そうして撮り貯めしたビデオテープは、数百本に達した。

 

本当の貴重映像は意外なものだった

 現代では、ほとんどの映像コンテンツがネット配信やレンタルビデオなどで好きな時に見ることができる。

 結局、数百本のビデオテープは、自分で残したいと思うものだけを選び出してDVDレコーダーにダビングし[1]、すべて破棄した。この作業で気がついたことがある。

記録時間節約のため必死でカットしていたCMが、いまや「貴重映像」になっていることだ。

 CMは時代を映している。見ると当時の思い出が蘇る。当時のCMは、動画サイトでもなかなか見られないものが結構多い[2]

 

撮った動画は編集しない

 ハンディカムで動画を撮ったこともあった。これは結局「撮った」ことで満足し、それを編集したり、あとから見ることはほとんど無かった。

 DVDレコーダーには編集機能が付いている。当初これを利用して録画したタイトルの編集をしていたが、

編集したものを見る時間よりも、編集にかかった時間の方がはるかに長い

ことに気付いてやらなくなった。要するに、編集かかる時間と手間が結果に見合わない。あとから活用しない映像コンテンツを編集するのは、無駄である。

 結局動画は、デジカメの動画機能を使って撮った数十秒のカットを、写真と一緒に保存するだけに落ち着いた。

 

見たら消すで十分

 ビデオデッキを学生時代から使い続け、DVDレコーダを6年使ってきて思ったことがある。

ほとんどの映像コンテンツが「見たら消す」で十分なことだ。

 最近のレコーダーはブルーレィで記録できる。これを使って記録を始めれば、後からほとんど見ることがない、大量のディスクライブラリができるだけだと、私は思う。コピーガードのせいで利用もままならない。使い勝手はアナログ時代よりずっと不便になっている[3]

 見たら捨てるだけの活用では、大容量のHDDと複数のチューナが欲しい。そんなニーズをとらえてか、全録できるレコーダーも登場している。

 

スポンサーリンク

 

補足:古いビデオテープを綺麗にデジタル化する方法

 

 2003年、テープメディアを無くすために15年前に録画したビデオテープをDVDレコーダ(RD-X3)にダビングする作業を始めた。

 昔のテープを再生してみると、多くのテープで再生に問題が生じることに気づいた。原因はテープの劣化らしい。主な問題は、上端のスキュー歪、修正不能なトラッキングずれ。

 テープの劣化はメーカーにより差があることもわかった。スコッチのEG、EXGで録画したものは、15年経った今も問題なく再生できた。マクセルはほとんど全滅だった。

 

映像の安定化

 再生に問題のあるテープを綺麗にダビングするためには、TBC(タイムベースコレクタ)が欠かせない。しかしRD-X3内蔵のTBCはあまり性能が良くなくて、元のソースの劣化が激しいと誤動作して映像が破綻することがあった。TBCをオフに出来るといいのだが、そのような機能が用意されていない。

 そんなTBCでも事前にNR(ノイズリダクション)を通すと良い結果を得ることがあった。しかしRD-X3の入力はY/C分離とNRが排他動作になっていて、コンポジット入力の場合はY/C分離が必要になるためNRをかけられない。これは、コンポジット出力しか持たないβのビデオデッキで問題になった。

 そこでY/C分離だけを別のビデオデッキに通してやる形にした。すなわち、

 β(コンポジット)→ビデオデッキ(Y/C分離)→RD-X3(S端子→NR→TBC→記録)

の流れになる。昔のビデオデッキの中には優秀なY/C分離機能を内蔵する機種があり、その機能だけの為に手放さない人もいるという。

 

安定化装置の導入

 RD-X3で満足いかないTBCやY/C分離を改善するため、外付けのTBC(PROSPEC DVE773V2)を導入した。表向きは画質安定化装置だが、別の用途でよく売れている商品だ。

 この種の安定化装置は、階調が失わてトーンジャンプしたり、暗部が薄くなることがある。これはA/D変換が8ビットの為だが、PROSPECの本機はA/D変換が10ビットのため階調を損なわず元ソースに忠実な出力が得られる。

 本機は電源OFFで元ソースを直接出力する仕様のため、処理結果の比較ができる。瞬時切り替えで比較しても、ほとんど劣化が見られなかった。

 使いこなしのコツは、シャープネスの強さとNRレベルの調整。NRの効果が強すぎると、残像が出たり解像度が損なわれる。つまり逆に劣化してしまうので注意したい。AGCは必ずOFFにしておく。これはおせっかいな機能だ。

 

ダビングサービスへ外注する際の注意

 ダビングが面倒な人は、そのサービスを外注に丸投げすること考えるかもしれない。このような外注サービスでは、どのような状態のテープが持ち込まれるかわからないので、NRなどは強くかけていると思われる。色補正や輪郭強調なども強めにかかってしまうかもしれない。

 ダビングでは、できるだけ素材の情報を損なわないよう、ソースごとに品質を確認して補正効果を微調整するのが理想だが、ダビングサービスでは、そういう面倒なことはやらない(期待できない)のが普通だ。

 結局、できるだけ良い品質で記録を残そうと思ったら、画質補正を自分でやるしかない。

 

<参考購入先>
PROSPECのビデオ編集機
USBビデオキャプチャー 安定化装置を中間に挟んで使うのが無難
ビデオレコーダー ブ時代の流れは放送からネットに変わりつつあります

<関連記事>
1.ビデオ録画はすべて無駄だった!?~ビデオライブラリを作った顛末
2.心に残る懐かしのCM
YouTube – タカラブネクリスマスケーキ
YouTube – サッポロ黒ラベル 「卓球編」
3.東芝のDVDレコーダとデジタル家電の使い勝手地デジレコーダーはなぜ売れないのか~TVTestとTvRockが見せる理想の視聴環境
パナソニックNV-FS900 凝りに凝ったバブル時代のビデオデッキを解剖する