マイクロソフトオフィス(Office)の代替ソフトはこれで決まり!

 マイクロソフトOfficeを個人で使えるといいが、価格が高くて手を出せない。そこで代替ソフトを調査して評価した。

 

フリーのオフィス系ソフト

 オフィス系のフリーソフトをいくつかダウンロードして試用した。一番完成度が高いと感じたのは Libre Office。個人で作成した文書を印刷して終わる用途では、機能的に十分。しかし使い勝手にクセがあってOfficeほど使い勝手は良くない。

 Libre Officeマクロのは実行速度がかなり遅い。当館では分析系のツールを[1]MS OfficeとLibre Office両方で準備したが、Libre OfficeのFFT分析は遅すぎて実用にならないことがわかり、公開を断念した。

 

MS Officeの互換について

  Libre OfficeはMS Officeで作った文書を読めるが、互換はいまひとつ、一応読める程度である。図形などのレイアウトは崩れてしまうことが多い。

 MS Officeと互換を重視すると Kingsoft Office が候補になるようだ。マクロも含め高い互換性が特徴のソフトだが、機能的にlibre officeに立ち遅れている。それに互換が高いといっても100%ではない。

 企業の中には「OAソフトのコストを削減したい」と思うところがあるかもしれない。取引先と連携が必要な場合はそうはいかない。取引先でレイアウトが崩れるリスクをゼロにしたいなら、素直にMS Officeを買ったほうがよいだろう。

 

互換ソフトはこれで決まり!

 互換をほどほどにして機能と使い勝手がバランスしているLibre Officeは個人の需要に十分耐える実用ソフトだ。

 オープンソース(皆でよってたかって開発する形式)のため将来性も安心。オフィス系のソフトは1社だけで開発を負うのは大変だ。

 ジャストシステムに目を向けると Just Offceを作っているが、将来性が心配だ。

 

<参考購入先>
マイクロソフトオフィス 個人には高いソフトです
一太郎 MS Officeが普及する前人気のあった定番ソフトです

<関連記事>
1.分析ツール

<関連サイト>
Libre Office
マイクロソフトのオフィスを使い慣れた人にとって、ストレスを感じるところが多くありますが、なんといっても無料。個人にお勧めのソフトです