買ったら偽物が届いた!~失敗しない 血中酸素濃度計 パルスオキシメーター の選び方

コロナのせいで血中酸素濃度計が良く売れている。ところが、アマゾンも楽天も手に入るのは怪しい中華製のガラクタばかり。命にかかわるものだけに、ちゃんとしたものを選びたい。今回は、まともな血中酸素濃度系を選ぶコツをご紹介する。

 

アマゾンで買ったら偽物が届いた

CONTEC血中酸素濃度系の出品説明

 CONTEC CMS50Dという商品がある。こういうキチンとした商品はなかなか手に入らない。上のようにアマゾンで売られていたので買ってみた。値段は4300円。外国からの発送は要注意!とあるが、中国から送られてきた。

中国から届いた血中酸素濃度計

 2週間待って届いた商品。外観が写真と違う。医療機器番号はおろか、製造メーカーも書いてない。ちなみにCMS50Dには類似品が多いらしく、正規品と類似品の例が公開されいている[1]

 中身。本体、ストラップ、説明書。日本語の書類はない。電池もなし。

血中酸素濃度計の中身

本体の外観。CMS50Dとレイアウトそっくりだが、表示部が小さくて安っぽい。

血中酸素濃度計本体表

裏側。

血中酸素濃度計本体の裏

電池を入れると一応機能する。本物は横にすると表示が回転するが、コレはそのまま。一応それらしい数字が出るが、正しいかどうかは不明。

血中酸素濃度計を実際使っている様子

これは明らかに類似品。出品には、「詐欺出品者に注意!」「外国からの発送は要注意!」と書かれているが、自分がそれをやっていては世話がない。

 

選び方のコツ

下は楽天の商品一覧(2021年8月時点)。沢山あるが、多くがガラクタ。粗悪な商品を掴まないためにはどうしたらよいか。それは、カートに入れる前に1つのことをチェックすればよい。

楽天の血中酸素濃度計一覧

それは、医療機器認証番号。番号を控えてこちらのサイトにアクセスする。

医療機器 添付文書等情報検索

下の方に番号を入れる所があるので、認証番号を入力して検索ボタンを押す。

医療機器番号の検索

 

しばらくすると結果が出てくる。次のような画面が出てくればOK。番号を入力しても結果が出てこない場合は、買ってはいけない。

医療機器番号の検索結果

 

ここをパスしたらとりあえず購入対象になるが、まだ類似品の疑惑が残っている。というのも、最初にアマゾンの例のように番号や写真などを無断転載し、違うものを送ってくる出品者がいる為。

モノが届いたら、モノと取説が、上記検索で出てきた添付文書と一致しているかよく確認する。類似品なら返品して販売サイトに通報。

 

医療機器認証番号とは

 体温計や血中酸素濃度計など、人体の健康に関わる器具を国内で販売する場合は、基本的に医療機器認証番号を取ることになっている[2]。安い商品は、医療機器認証番号が無いか、表示があっても検索すると出てこないものが多い。

 

結論

 最初のアマゾンの例では、中国人とみられる出品者に類似品を指摘したら「機能は同じものです」と言ってきた。医療機器でそれは許されないが、そういう意識がない。この市場は中華製のガラクタであふれている。

 まともな商品を見分けるコツは、医療機器認証番号を検索すること、安いものに手を出さないことの2点。検索はひと手間かかるが、ぜひやっておきたい。価格は6千円が一つのボーダーラインといえそうだ。

 

<参考購入先>
血中酸素濃度計 6千円に満たない商品は要注意です

CMS50D 品薄で入手難
KA200 今回調べた国産の商品です

<関連記事>
正確に測れる体温計の選び方~15秒で測った体温は正しいのか?
懐中電灯の選び方~Amazon(アマゾン)に溢れる怪しい中華業者と激安商品の実態

<参考資料>
1.【重要なお知らせ】「パルスオキシメータ CMS50D」の類似品にご注意ください
2.医療機器の購入は要注意!リスクの高い医療機器の販売には許可が必要