BCN連続受賞するDOS/V電源ユニットの設計はまともか~電源選びの落とし穴

最近パソコンから「チリチリ」「ジージー」音がするうえ、高負荷になると突然電源が落ちてしまうので調べてみたら電源ユニットが原因だった。この電源は2年前に買ったサイズ社のものである。店頭で「BCN何年連続受賞」とかいう印刷が目を引く超売れ筋商品だ。

 

dengen4 電源のウイークポイントというと世間ではコンデンサやファンが取り上げられることが多いが、分解したところこれらの部品に外観上問題はみられなかった。コンデンサは国産ではないが部分的に105℃のパーツが使われていた。
 基盤の材質は一見ガラエポに見えるがそうではない。基材がなくペンチで簡単に割れてしまう安物である。
 実装密度は異常で部品が隣と干渉して斜めになっている。コストを優先して筐体のサイズに余裕をみていないようだ。

 

dengen3 プリント基板をひっくり返してみるとハンダ付け部分に不良が見つかった。一応パターンは繋がっているので今回の原因かどうかはわからない。

dengen2 中身の品質以前にサイズ社の電源はコネクタにも問題がある。差込が甘くすぐに抜けてしまうことだ。

 いずれにせよ中身を見てしまうとサイズ社の電源は二度と買えない。安いものにはそれなりの理由があるということだ。また、BCNの受賞は電源の品質とはあまり関係ないことも覚えておいてほしい。

 

<関連商品>
人気の高効率電源 今後のトレンドは高効率&低出力でしょう
PCパーツ