セキュリティソフトは必要か~お金を払って入れたが役に立たなかったワケとは

 「入れなければよかった」セキュリティソフトを導入するとWindows標準のセキュリティ機能を殺して代替される。その結果生じる不便については、あまり知られていない。そのため、入れた後で後悔するケースがあるようだ。

 

有料ソフトを入れておけば安心か

 Symantecによると、ノートンを入れても全体の55%は検知できず、通り抜けてしまうという[1]。ウイルス対策は基本的に出回ってから対処する事後処理なので、安全が保証されるわけではない。入れない場合に比べ多少マシな安心を得る商品だ。

 CCleanerはレジストリの掃除に便利なソフトだが、2017/9 CCleaner v5.33が改ざんされマルウェアが混入される事件が起きた。

 

 

 以前問題だった「動作の重さ」は改善が進み、違いはウイルスの除去性能や、お子様や家族向けの機能(有害サイトの閲覧制限、迷惑メール除去)などのオマケがメインになりつつある。

 

 

有料ソフトのデメリット

 有料のセキュリティソフトを入れると、日常の使い勝手が悪化する。具体的には、次の弊害が起こる。

 ・PCが重くなる(メール送受信、ファイルコピー、ソフト起動などが遅くなる)
 ・調子よく使えていたソフトが動かなくなる
 ・意味がわからず判断に困るメッセージが頻繁に出る
 ・起動時に画面に鬱陶しいバナーが出る
 ・ゲームが快適に遊べなくなった

 悪化の度合いは製品によって異なる。高機能・高性能をうたう商品ほど、上記の弊害が強く出る傾向がある。

 ウイルスを消す機能は優秀でも、自分自身を綺麗に消すことが難しい製品もある。こういう製品は気軽に試用できない。

 私がノートンやウイルスバスターを購入したのは一度きり。Win98の時代だった。普段守ってくれるのはいいが、上記デメリットが目立ったため、どちらも更新しなかった。

 

 

具体例

 現在お勧めできる有料ソフトは次の2点。

eset パーソナル セキュリティ

 近年最も人気あるソフト。軽さ第一で設計されていて上記のデメリットがほぼない。安いコストで導入でき、空気や水のような存在であってほしい。そんなニーズに応える製品だ。

 セキュリティソフトは通常、ゲーム用途と合い入れないが、プレイ中に邪魔をしないゲームモードがあり、これが比較的良くできている。

 保護者機能(ペアレンタルコントロール)は子供の年齢を入れるだけの簡単なものがついている。月日まで入力できるので誕生日を境に年齢制限を自動チェンジできる模様。

 

 

 プロキシを介しているとソフトの機能が一部動作しない欠点がある。また一見シンプルで使いやすそうに見えるUIだが、良くアクセスする機能(ログ閲覧)が深くわかりにくい所にあるなど、ソフトの品質や完成度に改善の余地がある。

 

 

ノートン インターネット セキュリティ

 きわめて強力なセキュリティを実現するソフト。PCが重くならない点など、昔に比べてずいぶんよくなった。
 性能・品質は信頼できるが、防衛過剰な側面がある。特にメールソフトの送受信はチェックが厳重なためか、かなり重い。

 保護者機能は別ソフトをインストールする形になっていて関係がわかりにくい。監視したいPCにノートン ファミリーをインストールすることで、MS ファミリーセーフティのように親のPCから子供のPCの監視や制限ができる。但し、MS Edgeは監視対象外。

 

 

 Windows Defender

 Windows10に標準で付いてくる無料ソフト。検出精度はザルだが、AdwCleanerなど他の定評あるフリーソフトと組み合わせることである程度カバーできる。

 知らない間に良からぬソフトが入り込んでいることが良くある。当方の環境では他に次のものが検知されている。

 Floxif, Speesipro.A, Kalocan.A

 

 

 検疫は、Windows Defender の機能や Microsoft Safety Scanner で対処するが、いつも消せるとは限らない。

 ブラウザをハッキングする類の迷惑ソフトは素通りする。この問題はChromeクリーンアップツール[2]でやノートンパワーイレイサー[3]などの無料ツールで削除できる。

 これらのツールで何も見つからない場合は、サイト側が改ざんされている可能性が高い。

 
 

 AdwCleanerと組み合わせて使うことでセキュリティの弱さを補完可能。

 海外の無料ソフトはウイルス入りが多いので、むやみに入れないよう注意したい。

 

 

 

<関連ソフト>
AdwCleaner 怪しげなソフトをサーチしてクリーニングしてくれる定番ソフト
Microsoft Safety Scanner マイクロソフト純正の除去ツール

<参考文献>
1.GigaZine アンチウイルスソフトは死んだ 2014/5/7
2.Chromeクリーンアップツール
3.ノートンパワーイレイサー ツールを実行するだけでは除去できません。このページには詳しい手順が書かれています