簡単な工夫で加齢臭を完全に消す

 私は以前、家族から加齢臭がすると言われたことがある。しかし最近は娘から「パパいい臭いだね」と言われる。誰でも歳を取ると体の匂いが強くなる。男性の加齢臭だけでなく、女性のオバサン臭も気になる臭いに違いない。ワキガは年齢に関係なく問題になる臭いだ。

 

 男性の加齢臭は、ノネナールが原因といわれてきた[wiki]。これは臭いの元になる原因物質の一つであって、それ自体、さほど臭うものではないらしい。問題の臭いは大抵、ノネナールや皮脂などの原因物質を皮膚の常在菌が分解することで二次的に生じたものだ。
 加齢臭については最近、「ジアセチルが原因であることを発見した」という報告がある[1]が、通常、悪臭は様々な成分で構成されいている。たぶん、ジアセチルだけでは加齢臭を正確に再現できない。この話は「主な成分の一つがジアセチルであることを見つけた」のだろう。私には後の商売に都合良くなるよう書かれた宣伝文句に見える。

 これら体臭の対策グッズは、消臭成分を配合した薬用ボディーソープや石鹸などが主流になっている。これらは確かにそれなりの効果があるが、高価なものが多い。「良く洗え」というアドバイスもあるが、実際はあまり効果がない。洗ってもすぐに体から臭いの原因物質が湧きだし常在菌が復活するためだ。

 

 最近、掃除にクエン酸を使うようになって、消臭に優れた効果を発揮することがわかってきた。例えば夏場問題になる台所の生ゴミやペットのトイレがそうで、今までどうにもならないと思っていたこれらの匂いを気にならない程度まで消せる。クエン酸に消臭効果があることは以前から知られているが、実際の効果がとても高いことに驚いている。

DSC01546aとてもくさいペット(ウサギ)のトイレ。数%のクエン酸水を少量、入れておくだけであまり匂わなくなる。ゲージの中もペットも快適。

 

 

 いろいろな消臭にクエン酸を使ってみた結果から、消臭の原理はアンモニア(アルカリ)の「中和」と、有機物を分解して臭いを出す「菌の活動を抑制」することの2つがあるように思えた。市販の消臭剤は出た後の臭い成分に働くが、クエン酸は臭いの原因に働く。クエン酸の消臭効果が意外に優れるのは、この違いによるものと推察する。

 我が家では、クエン酸を体を洗ったあとの皮膚の中和にしばらく使ってきたが、これが体臭の抑制に効果があることに気が付いた。なぜクエン酸が体臭に効果があるのか。おそらく、臭いの元になる菌の活動を抑制し、臭いの発生自体が少なくなった為だろう。

 

DSC01548a 浴室に常備した3%クエン酸スプレー。元々掃除用に作ったボトルだが、洗った後の皮膚の中和と体臭予防に使っている。使い方は、頭や首筋、脇の下に吹いてお湯で洗い流すだけ。
 クエン酸を使い続けることで、皮膚表面の常在菌の菌相が変わり、臭いをあまり出さない種が優勢になっているかもしれない。

 これを使うと高価な薬用ソープが不要になる。ただし保湿成分の多いソープを使うと少し匂うことがあるので無添加のシンプルなものを使って欲しい。

 

 

<参考購入先>
クエン酸 いろいろ使えるクエン酸。キロ単位がお買い得
クエン酸が使えるスプレーボトル 面倒なクエン酸もスプレーボトルに入れると実用になります
加齢臭の対策グッズ
無添加ボディソープ クエン酸と相性のよいボディソープです

<関連記事>
洗剤の選び方と使い方
乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた!

<参考文献>
1.㈱マンダム News Release