お荷物にしかならない婚礼三点セット~業務用ハンガーラックとその活用

 娘の結婚を機に婚礼三点セットを持たせてしまう親は依然として多い。婚礼三点セットが必要だったのは昔の話で、収納が機能的になり、新築で作りつけのウオークインクローゼットが当たり前となった現代では、タンスは不要である。

 

 高級タンスは気密が高いため、引き出し自体が重く、上の引き出しを閉めると下の引き出しが開く有様で、使い勝手はきわめて悪い。これを「上質の証」として有り難がるのはマゾヒストではないだろうか。

 1年に1回、着る機会があるかないかの和服をしまうための和箪笥は、無駄の代表。和服は買わずにレンタルで済ませたい。

 結局これらの三点セットを買ってしまうと、捨てるに捨てられず、一生このお荷物を引きずることになってしまう。このせいで仮住まいの新居は狭くなり、新築の際もこの置き場を求めるため合理的な間取りの設計が出来ない。

 娘を嫁にやる人は、決して婚礼三点セットを持たせてはいけない。

 

 衣類の収納は業務用ラックがベスト。写真はアイリスプラザCW4100-T1。ダブルハンガーで大量の収容力。底面が網になっていて鞄などがおける。オール金属製でどこも壊れるところがない。一生もの。

 引っ越しの際はバラバラにして運べる。女の子の衣類収納に最適なアイテム。

 これと、オープンタイプの収納ボックスがあれば完璧。

 

 

 ハンガーとスカートを掛けるためのクリップハンガー。これも業務用が安くて良質。同じ色で統一したい。粗悪な中国製に注意。

 

 

<関連商品>
婚礼家具