ヒートテックの健康被害〜かゆい!皮膚が傷だらけに!!

ヒートテックを着てみて、肌に刺激を感じたり、「かゆみ」を感じた人はいないだろうか。私は、刺激感で眠れないことや、肌を掻きすぎて傷だらけになったことがある。

これについて、ユニクロに意見要望を出しているが、まったくアクションがないので、やむをえずこの記事を書いている。

 

ヒートテックとは何か

ヒートテックと言うのは2003年に登場したユニクロの新商品。レーヨン、アクリル、ポリエステル、ポリウレタンを組み合わせて保温性を高めたもので、高機能インナーとして大ヒットした[1]。レーヨンは、人体から出る水分を熱に変える「吸湿発熱繊維」として知られる。同じような商品を他社も展開しており、例えば、グンゼの「ホットマジック」、トップバリューの「ピースフィット ウオーム」がある。

 

なぜ肌に刺激があるのか

ヒートテックに使われている化学繊維は、「硬い」特徴がある。それが肌に刺さって、刺激やかゆみを与える、と考えられる。

硬い繊維も肌に刺さらなければ問題ない。例えば、ヒートテックの一番低いグレードは裏地の表面が比較的滑らかなため被害が少ない。EXTRA WARMなど、グレードが高いものはアウト。

いくら温かくても健康被害が出るようでは本末転倒。「買ってはいけない」肌着である。

ユニクロ ヒートテック
不快な刺激MAXのヒートテック エクストラウォーム

 

肌着は結局「木綿」がベスト

直接肌に触れる肌着は、繊維を選ぶ必要がある。ベストはやはり、昔からある「木綿」。私はこちらの商品に変えてから肌の調子が回復した。

グンゼ インナーシャツ YG Cotton

木綿のインナーはいろいろあり。これがベストとは限らない。やむをえず化学繊維の肌着を選ぶときは、表面ではなく、肌に当たる面をよく見てほしい。サラっとして柔らかいものが、刺激の少ない肌着である。

 

お客様の相談窓口はどこ?

ユニクロには意見要望のわかりやすい受付窓口がない[2]。顧客の意見を積極的に聞く姿勢がない会社は、対応も期待できない点で共通することを、あらためて確認した[3]

 

<参考購入先>
1.2017年ヒートテックについて
2.ユニクロ

<関連記事>
3.お客様のストレスはMAXに!~ブラックサポートの問題