DVDビデオを作って屋外で鑑賞する

 屋外やクルマや電車などの車内で動画を鑑賞できると暇つぶしになる。映像ソースは地デジの録画、自録ビデオ、ネット動画までさまざまである。
 いま仮にソースの形式「A」、最終形式(DVDメディアや携帯機器の再生形式)「B」とすると、AからBへの変換が必要になる。いきなりAからBへ変換できるかもしれないが、途中に汎用性の高い中間形式「M」を挟んで、A→M→Bとするとよい。
 Mとは、DVD Video互換のmpeg2である。カーナビを含め未だDVDが主流であり、中間形式をこれに統一すると便利だ。具体的な流れは次のようになる。

 

1.動画ファイル(任意形式) → mpeg2(DVD Video互換)
2.VR形式(DVD-RAM) → mpeg2(DVD Video互換)
3.メディア(DVD,BD) → リッピング(ディスクイメージ) → mpeg2(DVD Video互換)

 

 DVD Video互換のmpeg2が出来たら、好きなタイトルをまとめてDVDに焼く(オーサリングという)。

 DVD Video互換のmpeg2を得るソフトにはTMPGenc VideoMasterring Works があり、比較的容易に動画変換が出来る。その際、下記に注意する。

 

 ・容量が最終メディアの90%程度に収まるよう意識しながらビットレートを出来る限りもとのソースに合わせる。
 ・アスペクト比を元のソースに合わせる。

 

 音声のビットレートはMediaInfoなどのソフトを使わないとわからないが、面倒くさければドルビーデジタル 192kbpsで統一するとよい。
 リッピングはDVDfabというソフトが使える。有償版だが試用期間終了後もリッピング機能だけフリーで使い続けることが出来る

 

 テレビや家電レコーダのHDDに録画した地デジ動画はガチガチにガードがかかっていてHDDの外に出すのは容易でない(レグザではアナログダビング出力にもコピーガードがかかっている)。一応DTCP-IP Disc Recorderというソフトを使うことでDVDまたはBDメディアにダビングできるようだ。

 オーサリングはTMPGenc Authoriong Works が便利だ。TMPGenc VideoMasterring Works で作ったデータが問題なく読み込めてトラブルもほとんどない。

 これらの作業をフリーソフトで済ませようとすると苦労することが多い。時間をかけて散々試行錯誤したあげく、徒労に終わるのがオチだ。DVDを作るにしても、そのメリットが手間や費用に見合わないのではやる価値がない。

 エンコードやオーサリングをやるにはある程度の知識が必要であり、普段こういったことをしない人が大型連休を前に思い立ったところで出来るものではない。素直にレンタルで借りて再生したほうが、ずっと簡単だ。

 ※:DVDfabを使うとコピーガードを除去できる。市販タイトルや地デジの動画からコピーガードを外す行為は違法なのでご注意ください。

 

<参考購入先>
TMPGEnc Authoring Works
TMPGEnc Video Mastering Works
どちらも長いこと愛用しています。品質が高く役に立つツールです。
DVDfab商品一覧