スピーカーの音の良さは能率に比例する

 能率の高いスピーカーは過渡応答に優れ、微小信号によく反応し、細かい音がよく聞こえる。世間の表現を借りれば、

「クリアで鮮明」「打てば響く」「音飛びがよい」「生々しい」

といったもので、私的には「音が飛んできて頭に突き刺さる」そんなイメージがある。 かつて隆盛したジャズ喫茶も、このような音でお客を魅了させていたに違いない。

 高能率スピーカーには「落ち着かない」「ノイジー」というネガティブな論評もある。これは応答が良いことの裏返しで、むしろそれが本来のソースの音と捉えるべきだろう。

 

出典:STEREO 1985年6月号

 長岡鉄男氏の作品に能率102dBのスピーカーがある(PA-2 1985年)。

 試聴の結果についてこうある(一部抜粋)。

 

「壮絶、圧倒的。メーカー製のシステムでは絶対に聞けないショッキングなサウンドだ。ものすごく音離れが良く、全域にわたってスピード感がある」

「このスピーカーの音は、超音速、というよりは超高速で飛んでくる感じ」「音圧の衝撃は力はたいへんなものだ。直径1mのフライパンでガーンとひっぱたかれる」

 但し特性がフラットでないため、ソースによっては落ち着かない欠点が指摘されている。

 

低能率スピーカーの特徴

 これに対し低能率のスピーカーの音はロスが多く「重鈍」「陰鬱」「緩い」印象がある。音量を稼ごうとボリウムをあげれば歪が増えてまともな音が出ない。この印象は低音を稼ぐためにコーンを重くした小型スピーカーで強く感じる

※:私は昔、10cmフルレンジ(FE-103)のコーンにJBL LE-8Tを真似てパテを塗ったことがある。パテを塗り重ねるほど能率と引き換えに低音が良く出るが、元気で明るい元の音色とは程遠い、暗くぼんやりした音だった。

 

能率が高いほど歪が少なく良い音を出しやすい

 低能率のスピーカーは、同じ音量を出すためにより多くのパワーを入れなければならない。すると振幅が大きくなって歪が増える。

 このことから、音量を揃えた条件では、高能率なスピーカーの方が歪が少なく良い音を出しやすいことがわかる。これは大変大きなメリットだ。

 

高能率スピーカーの候補

  能率を高める点でホーン形が有利であり、ホーンを使ったシステムが候補になる。

 ホーンの能率は軽く100dBを超えることがほとんどだが、ウーファ共々能率100dBを超えるシステムは過去を振り返ってもあまり多くない。

 その例に、BagEnd TA1202シリーズ[1]※、ONKYO グランドセプター GS-1がある。能率はやや落ちるが、テクニクスもホーンシステムを作っていた。

※: TA1202-Bは1本14.8万円。サウンドハウス取寄せ。BagEndはこちらに使っている人の記事がある。記事中のTA1200シリーズは廃番。

 

 写真はテクニクスのホーン形SPラインナップ(1980年頃のカタログ)で、ちょうど平面SPがブームだった頃。

 左上のSB-10000は46cmウーファーで能率95dB。100dBを超えないのは能率の低いウーファーと能率を合わせた結果と見られる。GS-1と並んですごいスピーカーの一つだが、実物は見たことがない。

 

 

SR用スピーカーの注意点

 SR用スピーカーには高能率のものが多いが、口径が大きい割に低域が出ない。これは能率を重視して軽い振動板を使っている為。

 詳細は関連記事2をご参照。

 

ホーンの指向性が狭い性質はデメリットなのか

 昔からホーン型の欠点として指向性が鋭いことが指摘されてきた。しかし最近では四方八方に音を散乱させるよりは、音を絞ってリスニングポイントに届ける方が良いという考えも見られる。

 昔はスピーカーの指向性は広いほどよいとされていたが、定在波などの問題が増幅されやすく、同じ室内にいる人に騒音で迷惑をかけることもある。

 そもそも良好なステレオ再生は2つのスピーカーのセンターでなければ得られないから、サービスエリアを広げるメリットはあまり無いかもしれない。

 

 

<関連商品>
JBL JRXシリーズ JRX115の後継機。能率99dB、値段も安く手軽に高能率スピーカーの良さを実感できる商品

<関連記事>
2.JRX115は最強のスピーカーか!?~家庭で使えるSR(PA)スピーカーの選び方
ジャズ喫茶ベイシーの音の秘密~ハイレゾ時代のスピーカー選び
ホームシアターを作る2~センターSPは必要か

<参考文献>
1.BagEnd TAシリーズ