スピーカの音の良さは能率に比例するか

スピーカの音の良さは能率に比例する、最近そう思えるようになってきた。能率の高いスピーカは過渡応答に優れ、微小信号によく反応し、細かい音がよく聞こえる。世間の表現を借りれば、

「クリアで鮮明」「打てば響く」「フライパンでガーンと一発」「音飛びがよい」「生々しい」

といったもので、私的には「音が飛んできて頭に突き刺さる」そんなイメージがある。 

 

 「落ち着かない」「ノイジー」というネガティブな論評は応答が良いことの裏返しで、むしろそれが本来のソースの音と捉えるべきだろう。私は知らない年代だが、かつて隆盛したジャズ喫茶もこんな感じの音だったのではないだろうか。
 これに対し低能率のスピーカの音はロスが多く「重鈍」「陰鬱」「緩い」印象がある。この印象は低音を稼ぐためにコーンを重くした小型スピーカで強く感じる

※:私は昔、10cmフルレンジ(FE-103)のコーンにJBL LE-8Tを真似てパテを塗ったことがある。パテを塗り重ねるほど低音が良く出るようになり、10cmとは思えないくらい低音の出るスピーカが出来た。しかしアンプのボリウムの位置はこれまでとずいぶん違い、かなり上げないといけなかった。このスピーカら出てくる音色は、元気で明るい音色のFE-103とは程遠い、暗くてぼんやりした音色だった。

 

  能率の点ではホーン形が圧倒的に有利だから、このタイプを使ったシステムが第一の候補になるだろう。ホーンの能率は軽く100dBを超えるものが多い。ウーファ共々能率100dBを超えるシステムが理想だがそんな商品はきわめて少ない。現行商品ではBagEnd TA1202シリーズ※1、過去の製品ではグランドセプター GS-1※2があった。

 SR用スピーカは注意が必要で、確かに上述した音色の特徴があるものの、低域の伸びは期待できない。中高域にホーンを使ったSR用の小型SPは、以前書いたようにサラウンドシステムのフロントに最適だ。サラウンド用のフロントはAVアンプの機能を使って特性補正&低域カットし、サブウーファを併用する使い方が普通なので、少々音域のバランスが偏重していてもあまり問題にならない。

 高能率システムの良さをホームオーディオとして楽しむ場合は上述のTA1202シリーズが選択肢になりそうだ。ただし高能率型の宿命で重低音は出ない。これを充足しようとすると物量の投入になる。一般家庭ではサブウーファーの追加が適当だろう※3。カットオフを低くして使えば遅れの問題も目立たない。

 

※1: TA1202は12インチウーファ+ホーンツイータの2Way構成。後ろの型番は外装の違いを示し中身はどれも同じ。ちなみに -Bは1本14.8万円。サウンドハウスから取り寄せ可能。BagEndの商品はこちらに使っている人の記事がある。記事のTA1200シリーズは現在廃番。
※2: GS-1はウーファにもホーンが付くためホーンのカットオフ周波数(おそらく200Hz)以下の音が出にくい。これをイコライザで補正する(中高域を下げて相対的に低域を持ち上げる)関係で能率が犠牲になっているが音色は100dBの実力があると考えてよい。BOSE101にも入っているこのようなイコライザ回路、私にはちょっとひっかかる。レイオーディオのKINOSHITA MONITOR も候補になるが高すぎて個人は手が出ない。
※3: サブウーファは電流制御でコーンの動きを補償するYST方式が良い。サブウーファの能力も結局搭載ユニットの口径で決まるので出来る限り大型がよい。YST現行品の最大径は25cmであり、このサイズを積む最安機種はNS-SW300になる。

 

 昔からホーン型の欠点として指向性が鋭いことが指摘されてきたが、最近では四方八方に音を散乱させるよりは、音を絞ってリスニングポイントに届ける方が良いという考えも見られる。昔はスピーカの指向性は広いほどよいとされていたが、定在波などの問題が増幅されやすく、同じ室内にいる人に騒音で迷惑をかけることもある。そもそも良好なステレオ再生は2つのスピーカのセンターでなければ得られないから、サービスエリアを広げるメリットはあまり無いかもしれない。

 

<関連商品>
JBL JRXシリーズ JRX115の後継機。能率99dB、値段も安く手軽に高能率スピーカの良さを実感できる商品
エレクトロボイスのスピーカー サイキョーを連呼する某サイトの主人お勧めのスピーカー。SX300は高能率SPの定番です
YSTサブウーファ一覧 高能率SPの低音補強にYST式サブウーファがベスト。25cmウーファを積むNS-SW300 がお勧め

<関連記事>
スピーカーの過渡応答

 

 

スピーカの音の良さは能率に比例するか」への5件のフィードバック

  1. haruki

    店員の方いわく、箱が薄いから「それがノイズを発してる」とのことでしたが、おっしゃるように、金属製コーンの高調波を聞き取っていたのかもしれません。

    しかし、このスピーカーも50万円近くしますし、ここの記事にある「ウーファーの径は38cmは必要」からも外れます。
    なら悩まずに、映画館用スピーカーを導入したほうが懸命ということかもしれません。

    返信
  2. haruki

    以前にビックカメラで試聴したことがあります。
    ※能率101dBという、SR用スピーカーをも上回るスペックと、そのルックスの好みから、当時は本気で購入を考えての試聴でした。

    その時のエピソードですが、
    店員に試聴をお願いしたときから、なぜか、そのスピーカーに対するネガティブなことを色々と話し始めたのです。
    私一人であれば、そんなこと気にせず、自分なりの考えと、自分の耳を信じるのですが、妻同伴での試聴だったので、都合が悪かったのです。

    その店員いわく、RF-7 Ⅱは、キャビネットが薄く、側面をたたくとパンパン鳴る、音楽を再生すると、ガサツでノイジーな音がする、というもので、そのガサツさやノイジーさは、キャビネットが薄いことも要因のひとつ、というものでした。

    前置きが長くなりましたが、自分が試聴した感想です。

    短く表現すると、元気で弾けるようで、豪快でスケールの大きな音でした。細かな音がスパッと飛んでくるようで、音離れが良いとは、こういうことか、これが能率の高さに起因するものなのか、箱の大きさによるものなのかは、わかりませんが、私の好みの音でした。

    しかし、音を聞く前に、ノイジーだとか、箱が薄いとか、ネガティブなことを聞かされていたためか、この豪快な鳴りっぷりは、箱鳴りを聞いてるのかな?とか、雑な音とは、これのことかな?と、考えてしまったのも事情です。

    結局、妻がガサツでノイジーという感想を持ち、購入できませんでした。

    ちなみに、その店員のオススメの機種は、
    B&WのCM10S2、もしくはDALIの同じような価格帯のスピーカーとのことでした。

    低能率の小口径スピーカーですね…

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      私の経験では、店員さんや営業マン、要するに他人の言うことを信じて正解だったことはあまりないです。自分を信じる、自分の頭を使って判断する、というのは大事だと思います。このサイトも、自分を信じるために積み重ねてきた知識の積み重ねといっていいです。

      店員さんや奥様は、金属コーン固有の高調波がノイジーと感じたのでしょうか。いずれにせよ、能率100dBというのは得がたい性能だと、私は思います。

      返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      クリプシュはコーンがメタルという部分がちょっとひっかかりますが、小型2wayはホームシアター用にうってつけと思って注目してました。
      以前、価格comに小型2wayのSPが登録されてましたが、売れなかったのか、なくなってしまったのが残念です。
      もし視聴されたら、感想をお聞かせいただけるとありがたいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です