クレヨンを使ってラバーコートのべたつきを防ぐ

 手触りの良いラバーコートは数年でべたつきが起こり外観が著しく劣化する。従来この劣化を防ぐのは困難とされてきた。そこで、この劣化を遅らせる方法を考えた。

 

べたつきはなぜ起きるのか

 ラバーコートの主原料はスチレンブタジエンゴム(SBR)。もともと水に強い材料[1]だから劣化要因はネットで言われる加水分解ではなく、一般的なゴム劣化要因、すなわち紫外線、酸素(オゾン)が主とみられる。

 ちなみに加水分解が原因でべたつくのは「ウレタンゴム」の話でラバーコートとは別。ネットの記事は人の記事をコピーして書かれたものが多くあてにならない。

 SBRはタイヤなど広く使われていて劣化防止剤が配合されているが、ラバーコートには配合されて無いらしい。そのためラバーコートは急速に劣化が進んで品質を著しく低下させる結果になっている。

 

べたつきを防ぐ方法

 後塗りで酸素か光を通さないようにすればよい。この用途には自然塗料[2]が適しているが、ラバーコートでは可塑剤が硬化の邪魔をして塗料が固まらないことがある(可塑剤の種類による)。

 タイヤでは劣化防止剤にワックスが使われ、これが適度に染み出すことで表面を保護している[3]。ラバーコートでもこれと同じ仕組みを表面加工で作ればよい。

 

ワックスで劣化防止する

 ワックス=パラフィン(ロウやクレヨンなど)をこすりつけ、ドライヤーなどで溶かして被膜を作る。これでタイヤと同じ劣化防止の効果が期待できる。

ラバーコートの表面にロウとクレヨンを擦りつけたところ

 写真はラバーコートされたプラスチックのカバーにロウと黒のクレヨンを擦りつけたところ。ここにドライヤーで熱風を当てて溶かす。

ラバーコートの表面に擦りつけたロウとクレヨンを溶かしたところ

 ドライヤーの熱で溶かしてティシュで余分を拭き取った様子。どちらも塗ってあるかどうか、わからない仕上がり。

 クレヨンは触ると手が汚れるが、ロウより光を通しにくい。手に触れないものに有効。

 

注意点

 ロウは60℃くらいで溶ける。ドライヤーではロウが溶けるまで加熱に時間がかかるが、加熱しすぎるとプラスチックが変形するので注意。

 劣化した後で加工しても意味ない。劣化する前に加工することが重要。

 溶かした後、拭きとらずそのままにした方が厚い被膜が残るので保護効果が高い。見た目を気にしなければ、ティシュなどで拭き取らない方が良い。

 

自然塗料で劣化防止する

 自然塗料リボス社カルデット黒を塗る。ツヤが出るほか、含まれる可塑剤によって硬化しないことがある。塗ってみないとわからないのが欠点。

 

 

べたつきを直す方法

 劣化したゴムを復活させることはできないので、基本的には除去するか、塗り固めるかのいずれかになる。

 重曹に漬けてべたつきを落とす記事がネットにあるが、これは単に汚れ落とししただけ。アルカリが劣化した塗料の除去に有効ならセスキ炭酸ソーダの方がより使いやすいだろう。

 塗り固めは残留する可塑剤が硬化の邪魔をするため少し難しい。やってできないことはないが、素直にアルカリや溶剤などで除去する方が簡単だ。

MX518の表面を自然塗料で塗装した結果 写真はラバーコートがベタベタになったMX518を自然塗料(リボス社カルデット黒)で塗装した結果。

 ゴムの可塑剤が残っているので1回では塗料が固まらない。塗りと拭き取りを繰り返して固まったが、ちょっと面倒。

 

 ちなみに、ウレタン素材のべたつき改善は自然塗料が有効。これはクルマのウレタンハンドルで検証済み[2]

 

結論

 ・ラバーコートされたた商品は原則避ける。
 ・特に高額商品でラバーコートされたものを買ってはいけない。但し、数年で使い捨てするものなら問題ない。
 ・既にあるものはパラフィンのコーティングが有効かもしれない

 

<参考購入先>
ラバーコート 用途を間違わなければ有用な塗料です
カルデット黒 ウレタンのべたつき改善に効果のある塗料です

<関連記事>
2.自然塗料でクルマをコーティングする~ゴム プラスチック 樹脂の保護にも
3.ツヤ出し保護剤の選び方~実態は劣化促進剤だった!

<参考文献>
1.ゴムナビ

ご注意:本記事は執筆時点で過去に類例がないことを確認しています。転載、引用する場合は、必ず出典を明記してください。ルールはこちらをご参照ください。