2019年YouTube動画制作用カメラと動画編集ソフトの選び方

 YouTubeなどの動画撮影ではデジタル一眼が役に立つ。ところが動画制作に適したカメラは意外に少ない。動画制作で欲しい機能と、その機能を持ったお勧めのカメラをご紹介する。

 

進化したカメラの動画機能

 デジタルカメラの動画機能はオマケだったが、電池を消耗するミラーアップを必要としないミラーレスが普及すると、大型センサーを生かした高画質の動画が長時間撮れるようになった。パナソニックはいち早く動画に注目してGHシリーズを登場させ、業務用に使えるレベルに進歩させた。

 今やどのカメラにも 動画機能が付いているが、本格的に使おうとすると中途半端に感じることがある。その原因の中に、次の機能が付いてないことがある。

 

動画制作で求められる機能

 AFの迷いにくさや追従性、ズームの滑らかさ、AFやズームの動作音などがある。ほかに、実際使ってみて気づく見落としがちな機能に次がある。

MIC端子

 内臓マイクでは足りないがPCMレコーダーまでは要らない場面で使える。

テザー撮影機能

 カメラをPCで遠隔操作して撮影結果をPCなどの画面で見れる機能。EVFや小さな液晶画面で撮る場合と違って失敗や撮り直しが起きない。元々商品など静物撮影のための機能だが、動画撮影でも便利な機能。

2軸液晶モニター(バリアングル)

 レンズと同じ方向に液晶モニターを向けられる機能。近距離撮影や自撮りのチェックに便利。

外部バッテリー(ACアダプター)接続

 長時間撮影で必要。電池の持ちを気にし出すと電源のON/OFFが頻繁になって撮影がスムースに進まない。予備バッテリーを交換しながら運用していく手もあるので、よく考えたい。

電動ズーム(レンズの機能)

 静止画ではあまり要らないが、寄ったり引いたりする動画では欠かせない機能。手動で等速ズームがほぼ不可能なため、レンズ側に搭載されている必要がある。

 

動画撮影にお勧めのカメラ

 動画機能が充実していて、かつアマチュアが買いやすいカメラの候補に次がある。センサーのサイズは1インチ~大きくてもフォーサーズまで。センサーのサイズが大きくなってもレンズがその分暗くなれば意味がない。

 1インチではF2.0前後が普通だが、フォーサーズではF3.5スタート、APS-CではF4.0スタートが多い。もちろん明るいレンズもあるが、ひたすらお金がかかる。

 

一眼レフ

オリンパス E-M5 markII(III)

 上記すべての機能を備える。ACアダプター(AC-3)が使えるが、パワーバッテリーホルダー (HLD-8) 経由になってしまい結構高い追加出費になる。そろそろmarkIIIが発売されるので期待したい。

パナソニック DMC-G8,DC-G99

 動画撮影で人気のあるカメラだが、残念なことにテザー撮影に対応してない。DCカプラーDMW-DCC8+DMW-AC10でACアダプター接続可能。底出しなので念のため雲台との干渉をチェックした方がよい。

 G99には写真好きに待望のライブビューコンポジットが付いた。他はG8と大差なくG8がお買い得になっている。

キャノン EOS M(参考)

 エントリーモデルなのに上記すべての機能を備えている。外部電源はDCカプラー DR-E12CA-PS700で対応可能(メーカー確認)。無理に小型化した感がありレンズの明るさと画質が犠牲になっている。

 

電動ズームレンズ

2019年現在、上記カメラ(フォーサーズ)で使える電動ズームは次の3本。

オリンパス ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

パナソニック H-PS14042
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

パナソニック H-PS45175
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

 

ビデオカメラ(2019/9/4)

ソニー FDR-AX60

 センサーサイズはコンデジ並みだが、早やかに収束するAF性能や音もなくスムースに動くズーム動作など、動画カメラとしてのトータル性能は専用機が一番良い。本機は強力な手振れ補正機能があり、手持ちで走り回って子供や動物を撮るのに最も適している。

ソニー FDR-AX700

 1インチセンサーを搭載したアマチュア向けのハイエンド。これを買うなら下のネオ一眼を検討してほしい。

 

コンデジ(2019/9/4)

ソニー RX100M7

 卓越したAF性能をもつコンデジ。機能もテザー以外揃っている。バリアングルは無いが、液晶画面をカメラ正面から見ることが可能。
 この種の小型カメラはボディがペナペナのアルミで出来ていて、落とすと一発で歪んでしまうことが多い。電池容量が少なく放熱も悪いため、長時間の動画撮影には向かない。4K動画は5分程度しか撮れない。

 

ネオ一眼(2019/9/9)

LUMIX DMC-FZH1

 NDフィルター装備、4K 4096×2160記録可能。10bitライブビュー可能、V-LogL(オプション)に対応するなど業務用ビデオカメラに匹敵する機能を備える。

 GH4をレンズ一体にしたようなモデルだが、動画撮影のためにこだわりぬいたレンズの方は単品で類例がない。マニアックすぎて発売2年経った今も値崩れしてない。三脚固定が基本であり手持ちや動きモノの撮影には向かない。

LUMIX DMC-FZH1 の外観

 2019年9月に購入したDMC-FZH1。大きくて重い。重量966g。GH5のレンズセット(935g)より重いとはいったい・・

 

DSC-RX10M4

 卓越したAF性能とレンズ性能が特徴。ローリングシャッターの対策がされていてスポーツなど激しく動く動体の撮影に向く。

LUMIX DC-FZ1000M2

 比較的安価なネオ一眼。FZH1から業務用機能をはぎ取ってコストダウンしたようなモデル。G8をレンズ一体にしたような感じに近い。

 

 

お勧めの動画編集ソフト

 動画を撮ると編集が必要になる。基本的に次の3つからどれかを選べばよい。

 

Wondershare Filmora

 安価で使いやすく定評のあるソフト。YouTubeとの親和性も高い。特別凝らなければこれで十分。永久ライセンスが7千円くらいで買える。Pro版があるが機能的は以下のDaVinci Resolve(無料版)の方が上であり導入する理由がない。

 GPUを利用する仕様だが、実際はQuadroもGeforceもほとんど利用されない(ELSA GPUモニターで確認)。

 商用ライセンスがあって迷う人がいるが、個人で使う分には必要ない(YouTube収益化含めて[1])。

 

DaVinci Resolve

 何でもできると言ってもいいくらい高機能。無料版とStudio版がある。無料版はStudioの機能限定版だがアマチュアにとって十分すぎる機能が提供されている。機能が豊富な反面、使いこなすのが難しい。

 簡単な図形でも描くのに手間がかかる。サムネイル用の画像が簡単に書き出せない。プロジェクトファイルの管理が特殊で他のPCに移す場合は書き出しやバックアップ機能を使う必要がある。

 動画の表示やのレンダリング際GPUを利用して高速化できる。

DaVinci Resolveの実行画面 DaVinci Resolveの実行画面。私が重宝する機能に、音声のコンプレッサーと、写り込んだ余計なものを消したりボカす機能がある。

 

Adobe Premiere

 ElementsとProがある。ProはResolve Studio と比較しうる内容だが月額課金のため利用頻度の少ないアマチュアに向かない。Elementsの方は低機能で使い勝手が悪く編集がはかどらない。内容的にFilmoraに大きく劣り価格も高く導入する理由がない。

 

 

まとめ

 動画制作に使うカメラは、MIC端子、バリアングル液晶、テザー撮影機能を備え、外部バッテリー(ACアダプター)接続ができるフォーサーズのミラーレスがいい。

 編集ソフトは、初心者向けにFilmora、使いこなせるならDaVinci Resolve(無料版)、月額課金が気にならないならAdobe Premiere Proがお勧めとなる。

 

最後に

 近年スマホの画質が進歩し、APS-C+小型キットレンズではスマホに劣る場面が増えてきた。センサーの性能で勝ってもレンズの方に物理的にどうしようもない「小型化の限界」があるため。

 画質はセンサーとレンズのトータルで決まる。かつてオリンパスがフォーサーズの規格を打ち出した時「デジタルカメラではこれが理想なんだ」と言っていた。フォーサーズは登場からしばらくの間、レンズにセンサーの性能が追い付かずトータル画質はイマイチだった。

 結局、1インチ~フォーサーズあたりがデジタルカメラのベストバランスかもしれない。

フルサイズはレンズが付いてきていない。フルサイズの性能を100%生かしたレンズを作ろうとすると、物理的に大型化して実用限界を超えているように見える。

 キャノンやソニーはミラーレスのフルサイズに舵を切ったが、その先にバラ色の未来があるのか疑問だ。私にはマークレビンソンの超弩級アンプに見える。

 

<参考購入先>
オリンパスE-M5 markII、III
パナソニックDMC-G8,DC-G99
Wondershare Filmora
DaVinci Resolve
Adobe Premiere Pro

<関連記事>
3.カメラとレンズ沼~大三元は必要ない?
4.顕微鏡カメラの選び方
PCMレコーダーを使ってYouTube作品のホワイトノイズを減らす~ZOOM H4nProを徹底検証
ホワイトノイズが少ない外付けマイクの選び方~YouTube動画撮影でノイズを減らすコツ
高画質デジタルカメラの選び方~主役はミラーレスへ
レンズがまるでトイレットペーパーの芯~デジカメ市場に活路はあるか

<参考文献>
1.YouTube動画の収益化に対するWondershareの見解(web魚拓) Can i use filmora for monetized videos?
2.YouTubeのアップロードする動画にお勧めのエンコード設定
Amaing Graph 将来、生き残るカメラメーカーはどこか?

動画変種ソフトのサイト
Wondershare Filmora
DaVinci Resolve
Adobe Premiere