アルカリの恐怖1~液漏リスクを下げるノウハウを紹介

 アルカリ電池をリモコンに入れていたら、いつのまにか液漏れしていて修理不能に。テレビやエアコンはリモコンがないと使えないので、買い替えになってしまった・・買い置きしたアルカリ電池が、いつの間にか全部パーになっていた・・ そんな経験はないだろうか。

 電池の賞味期限(自然劣化による消費期限)は、アルカリ電池が製造から2年、マンガン電池は3年というようにマンガン電池の方が長い。ところが電池の容量は、アルカリ電池の方が大きいので、アルカリ電池の方が長く持つ。この性質の違いが、様々なトラブルを生む。

 

電池を使い切る前に寿命が先に来る現実

 マンガン電池の場合が一般的だった頃は、賞味期限が切れる前に電池の方が先に無くなることが多かった。なので「電池が切れたら交換する」運用で問題なかった。

 ところが、アルカリ電池は賞味期限が過ぎても電池が無くならない。「まだ使えるから」「勿体ない」と思って使い続けるから、知らない間に液漏れして機器をダメにしてしまう。

 アルカリ電池はマンガン電池のように買い置きできない。しかし多くの消費者はマンガン電池のように買い置きして寿命が残り少ない電池を使ってしまう。このこともトラブルを助長しているようだ。

 

アルカリ電池本来の用途

 アルカリ電池、マンガン電池は、それぞれ用途が異なる。

 リモコンや時計、非常用懐中電灯など、細く長く使う用途にはマンガン電池。
 デジタルカメラやポータブル機器、オモチャなど、大きな電気を短時間に消費する用途にはアルカリ電池が向いている。基本的に、マンガン電池で1年持たないところにアルカリ電池を使うと思えばいい。

 アルカリ電池を細く長く使う用途に使うと、電池が切れる前に液漏れするリスクが高まる。テレビやエアコンは製造終了後7年過ぎると修理不能なので、7年過ぎてリモコンが壊れると、本体ごと買い替えになる。

 

液漏れリスクを下げる方法

 電池は用途に応じて使い分けるのが正しいが、実際は面倒だし、マンガン電池は店頭から消えつつある。リモコン用に単四のマンガンを求めても置いてない店が多くなってた。今後はアルカリ電池に統一するしかなさそうだ。

 アルカリ電池でも上手に運用すればトラブルに遭わなくて済む。そのポイントは、「計画的な電池交換」にある。

 例えば、毎年年末に、自宅にあるすべての電池を漏れなく全数交換する。使っていない機器からは抜いておく。これが最も安全だ。

 忘れがちなのが、カーナビのリモコン、ガス石油器具、クッキング秤や体重計、タンスや押入、外の物置にしまい込んだカメラやオモチャ類。大掃除のついでに、徹底的にチェックして欲しい。

 年に1度、全数交換を行うことで、液漏れの原因である過放電、充電、新旧混合、異種混合[1]の4つをすべて防止できる。アルカリ電池の消費期限は2年。もし1年目に交換が漏れても、1年余裕がある。

 それと、安いノーブランドの電池や、多数使うケースでは液漏れのリスクが高い。国産ブランドの電池を選ぶこと、4個以上使う機器はこまめな点検をお勧めしたい。

 アルカリ電池はリスキーな電池であることをくれぐれも忘れないで欲しい。

(2014/2 補足)
本記事は2004年の状況に基づくものです。現在はエボルタなど優秀な電池が出現し賞味期限は格段に延び液漏れのリスクも少なくなっています。

 

<参考購入先>
エボルタ 進化したアルカリ電池。液漏れのリスクが少く安心して使えます
エネループ 進化したニッケル水素電池。メモリー効果を気にせず使えます

<関連記事>
アルカリ電池の恐怖

<参考文献>
1. 乾電池に対する考察
 液漏れの原因は、過放電、充電、逆入れ、新旧混合、異種混合のいずれかによって内圧があがり、安全弁が作動してガスが抜ける際に内部の液が一緒に出てしまう、ということらしい。