コンタクトレンズの洗浄液を作る

 コンタクトレンズ(ハード)の洗浄液は高価で、経済的な負担が大きい。この高価な洗浄液が別のもので代替できれば大きなメリットになる。当館は以前からこの洗浄液の代替を研究してきた。その成果をご紹介したい。

 

 コンタクト洗浄液の主成分は、界面活性剤とたんぱく質分解酵素。界面活性剤を他の洗剤に置き換えるためには、目に入ってよいものでなければならない。そうなるとボディソープやシャンプーが候補になるが、香料や保湿剤などの添加物がいろいろ入っている。

 界面活性剤の代替として最初に注目したのは、ミヨシの液体無添加石鹸(ボディソープ用)。洗浄力など問題なかったが、使っていると石鹸カスで流し場が汚れ、ノズルが詰まりやすく掃除が面倒だった。

 次に注目したのがG-510 10倍希釈液。今はこれで落ち着いている。

 たんぱく質分解酵素は、水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムの混合物、すなわち「ハイター」で代替できる。ハイターはの成分はプロージェントの主成分と同じ。ハイター濃度が高いので希釈して使う必要がある。

 結局ハードコンタクトに使える洗浄液のレシピは次の通り。

 水:G-510(原液):ハイター=100:10:0.01 (重量比)

 

これでメニコンO2ケアと同等の洗浄力が得られる(油の乳化実験で確認済)。100cc分の材料原価は約25円なのでO2ケアの1/10以下。市販の洗浄液には無い殺菌効果もある。G-510はあらかじめ10倍希釈液を作っておき、用途に応じて薄めて使うと便利[1]

 もう何年も運用している洗浄液のセット。たくさん作ってペットボトルに入れ、小分けしながら使っている。

 

 市販の洗浄液は時々プロージェントでタンパク除去が必要になるが、この洗浄液には最初から同じ成分が含まれているのでプロージェントも省略できる。使用する水も精製水ではなく水道水でよいこともメリットだ。

 ハイターは有用な成分だが、濃度を間違うと大変なことになる。上記レシピで目に染みる感じがする場合はハイターの入れすぎか、すすぎ洗いの不足。どうしてもレンズが目に染みる場合はクエン酸で中和洗浄すると直る。

なお、この記事を参考にして生じた如何なる結果も、当方は一切の責任を負わない。自己責任でトライして欲しい。

 

<参考購入先>
コンタクトレンズ洗浄液 市販の洗浄液。値段を参考

<参考文献>
1.洗剤の選び方と使い方