乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた!

肌は皮脂(油分)と汗(水分)が混ざった「天然クリーム」によって潤いを保つといわれる。皮膚の表面にいる菌も皮脂を分解して肌を弱酸性に保つ重要な役割を担っている[1]。何らかの原因でこの機能のバランスが崩れるといろんな問題が起こる。今回はその中の「乾燥肌」を取り上げる。

乾燥肌に関連した保湿関連商品は大きく3種類に分けられる。

水性の化粧水、油性の保湿オイル、両者を混合して乳化した乳液

大抵の人はこの中のどれか1種類だけ買ってみて「イマイチ」な結果に終わっていることと思う。化粧水はすぐ乾燥してしまい、オイルはベタベタするだけ。乳液は化粧水より多少マシ。そんな感じではないだろうか。ステロイドに頼る人もいる。ステロイドの効果は一時的なもので、すぐ調子が悪くなる。

 

 肌は汗で水分を補い、皮脂(油分)でその蒸発を防いでいる。これを人工的に実現するには水分を与えた後、それが蒸発しないよう油分でフィルムを作る2段階施工が必要だ。具体的な工程は

 

化粧水を塗る⇒2~3分待つ(肌に浸透させる)⇒保湿オイルを塗る(フィルムを作る)

 

となる。理屈を知れば化粧水か保湿オイル、どちらか一方だけ塗って終わりでは片手落ちなことが解る。

 この工程では化粧水と保湿オイルが必要になる。市販の商品を見渡すと化粧水は豊富にあるがオイルが少ない。スクワランオイルか、ワセリンが候補になるが、液体は流失しやすく、ワセリンは塗りにくい、というようにどちらも使いにくい。

 

保湿用オイルの作り方

 保湿効果とその持続時間はオイルの粘度に比例する。その点スクワランオイルは粘度が低すぎ、ワセリンは粘度が高すぎる。そこでこの両者を混ぜて中間の性質を持つ「半練り」の混合物を作る。レシピは、

ワセリン:スクワランオイル = 1 : 3~1 : 4  (重量比)

比率を少々変えても問題ない。ワセリンが多いほど保護効果と持続性が高くなる半面、塗りにくくなる。

 

DSC000413 DSC000432

 いきなり全量混合してもダマができてうまく混ざらない。ワセリンにスクワランオイルを少しずつ足しながら混ぜ合わせていく。スクワランオイルの入手が難しい場合はベビーオイル(ミネラルオイル)で代替できる。
(湯煎にかけると均一に混ざり、分離しにくくなります)

 

DSC000451

 完成した理想粘度の保湿オイル。ポンプ容器に入れて使うと使いやすい。分離したときの攪拌用に鋼球またはナットを入れておくといい。

 

 ワセリンは高度に精製された石油由来の天然成分。スクワランオイルも多くは石油から合成した純度の高いもの。どちらも肌への害はほとんどない。無色無味無臭で、余計な有機物を含まないため何年保管してもほとんど変質しない。

 このオイルを使って肌の潤いを24時間以上維持できるようになると、常在菌の活動が活発になり皮膚のバリア機能が次第に回復してくる。赤みや痒みが引いて皮膚の補修が進み、皮脂腺の機能も正常に戻っていくはずだ。鼻の穴に塗り込めば粘膜の乾燥を防ぎ、春は花粉対策になる点も見逃せない。

 

その他(クエン酸を使った肌の中和の勧め)

 乾燥肌の人は体を洗った後、最後に2%程度のクエン酸洗剤を頭から被り、シャワーですすぐとよいようだ。

 洗剤で体を洗うと常在菌が洗い流され肌がアルカリになり、皮膚が無防備になる。放っておいても常在菌が繁殖し弱酸性のバリアが復活するが、常在菌のエサとなる皮脂の分泌が少ない冬場はこれに時間がかかるため皮膚に負担をかける。クエン酸で中和するとこの復活が早まるようで、効果は実践したその日に実感できる。

 

<関連商品>
スクワランオイル 純度の高いものほど劣化しません。価格と効果は無関係です。コストパフォーマンスで選んでください
白色ワセリン 高純度品(ワセリンHG)がお勧め
鋼球 分離したときの混合に使います。6mm以上のものを使ってください

<関連記事>
簡単な工夫で加齢臭を完全に消す
ダイエット関連記事