ダイソン 寿命37年のLEDライト~プレミアム家電は成功するか

ダイソンの商品にはユニークなものが多い。他社のマネをせず、全く違った仕組みや技術を使って、誰も見たことのない商品を作る。これを、従来のどの商品よりも優れていると称して高い値付をして売る。そんなダイソンが今まで無かったLEDスタンドを出してきた。

 CSYSというLEDスタンドの消費電力は100W形電球相当。照度は十分とみられる。最大の特徴はヒートパイプを使った冷却機構にある。熱密度の高いLED素子の冷却方法としては確かに合理的で、37年という寿命はあながちウソではない。色温度は2700K。これは電球色に相当しHPの写真イメージと異なる。白色だと勘違いしやすくトラブルになりそうだ。

 直線直角的なデザインは特徴的だがお世辞にも「美しい」とはいえない。2つの端部が見苦しくはみ出す姿は棒きれ2本を縛っただけの支柱に見える。ハイトゲージや身長計のようでもある。
 ダイソンのデザインはメタリックや彩度の高い外装を与えるなどして店頭で目立つことに重点が置かれている。そのせいでほとんどのインテリアにマッチしない。

 

 従来のLED電球はダイソンが言うように劣っているのだろうか。ほとんどのLED電球が寿命4万時間で設計されている。これは器具の寿命4万時間(10年)に合わせて決めたものらしい[1]。それ以上長寿命にしても器具が先に壊れて意味ないから、みんな4万時間で設計しているのだ。
 ちなみに4万時間になる素子温度は150℃だから、放熱は一般のヒートシンクで十分でヒートパイプまでは要らない。ダイソンのように素子だけ長寿命にした商品は合理性がないため、世界中の誰も作らないのである。

 もしダイソンが器具の寿命をLEDに合わせて37年間持つように作り耐久試験でそれを検証したなら、真に価値ある商品になる。ところが37年はLED素子だけの話で器具の保障は2年しかないという。LEDはずっと使えるのに、器具が先に壊れて維持のため高額な修理費が必要になる、そんな結果が予想される商品だ。

 

 ダイソンの宣伝はハナにつく。私などは見るたびにストレスを感じる。「吸引力が変わらない、世界でただ一つの~」「世界のどの~よりも」といったセールストークは消費者に誤解を与える。限定した条件(比較)でしか成り立たない事を、全てそうであるかのようにいうのは問題だ。こういう売り方をするなら、宣伝通りで無ければ返品OKとしなければならない。せっかく優れたアイデアと技術を持っているのだから、もう少し真面目な売り方をしてもらいたい。

 

 ちなみに私のイチオシは山田照明のZライト4000円にアイリスの60W型LED電球1400円の組み合わせ。合計5400円で10年の寿命を期待できる。クランプ式のスタンドはクランプの材質に注意。Zライトはオール金属製で安心だが樹脂製のものはここがネックになる。掃除機は以前書いたように普通に紙パック式&低騒音形がベスト。詳細は下の関連記事を参照いただきたい。

 

<参考購入先>
アイリスの広配光LED LED電球はアイリスがイチオシ。配光が理想的で他社よりワンランク上の明るさが得られます
山田照明 Zライト シンプルで堅牢なベーシックライト。我が家では2台導入しました
エレクトロラックスの掃除機 低騒音のエルゴスリーが我が家で活躍しています

<関連記事>
掃除機の記事一覧

<参考文献>
1.JLDS LED照明推進協議会資料より

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です