パイオニアのブルーレィドライブを修理する

 DSC01387a写真はパイオニアのPC内蔵型ブルーレィドライブ(BDR-207M)。性能が良く動作音も静かだが、この商品には決定的にダメなところがある。

 

それは、1年過ぎたあたりからイジェクトボタンを何回も押さないとトレイが出てこなくなることだ。一応出ようとするのだが、何かに引っかかって出てこない。ネットを検索すると同様の症状を訴える人がいるので、私の掴んだ商品が運悪く故障したわけではなさそう。分解してグリスアップしたが改善しない。メカ系の摩擦が原因というわけではないようだ。

 

 この手のパーツは修理代より新品価格の方がはるかに安いため使い捨てになる。今や千円台で買えるマルチドライブなら買い換えだが、ブルーレィの場合、使い捨てするにはまだ勿体無い。

「このストレスを我慢しながら使い続けるしかないのか」

 そう思っていたところ、この問題を詳しく調べて修理に成功された方がいた[1]。その方が書かれた記事によると、原因はイジェクトするとき磁力で引き合うスピンドルとクランプが離れ切らないことにあるらしい。ここに力を伝えるメカの設計に問題があるようだ。中身を入れ替えてもまた同じことが起きそうだ。
 この問題に関してユーザーサイドで出来る対処がある。先輩の記事を参考に、クランプの磁力を弱めるためのスペーサーを貼り付ける改造をした。

 

DSC01389aまずは分解。このドライブは裏のネジを外すだけで簡単に上下カバーを外せる。トレイのベゼルを取る必要は無い。スピンドルには強力なネオジウム磁石が、上カバーの裏側には樹脂製のクランプが見える。このクランプのへこんだ部分に0.1mm程度のスペーサーを装着する。

 

 

DSC01390a DSC01391a

先輩の記事では梱包用テープ2枚重ね(約0.06+0.06=0.12)だが、施工に少し技量が要る。誰でも簡単に施工できるものはないか、と探して見つけたのがパンチ穴の補強シール(コクヨ ペーパーパッチ )。厚みがちょうど0.12mmある。同社にはビニールパッチもあり、こちらの厚みは0.06mmしかないので2枚重ねにする必要がある。

 スピンドルの穴に対してやや大きいが、押し込んでフチを押さえれば問題ない。右の写真は貼り付けが完了したところ。装着後は至って快調。ようやくストレスから開放された。トレイが入るときガタガタいうので、ついでにレールの部分をRational003でグリスアップ。こちらもスーッとスムースに動くようになった。

 

 それにしても、これは設計不良ではないか。一応パイオニアと販売元( エスティトレード)にこの件を問い合わせてみたが、どちらも問題を認識しておらず「修理になります」という。「今後パイオニアの製品は可能な限り避ける」これが私の行動指針に追加された。

※「そんな症状は初めて」「これまで報告されていない」「だから修理になります」・・グッドマンの法則を知らなのだろうか。問題を認めて無償修理に応じると損になる、という考えはトラブルを拡大させる会社でよく見られる判断ミスだ。ここは「調べますので送ってください」といって、「念のため中身を交換しました」といって返すのが、問題の拡大を未然に防ぐ正しい対応のはず。
 ちょうど1年過ぎてから調子悪くなるので、もしかして良く出来たソニータイマーの類かもしれない。

 

<参考購入先>
パンチ穴補強シール
ブルーレィドライブ 当面パイオニア以外から選ぶのが良いようです
Rational003 樹脂部品の潤滑に使えるオイルです

<参考文献>
1.光学ドライブのイジェクト不良メンテナンンス

 

パイオニアのブルーレィドライブを修理する」への10件のフィードバック

  1. ニシ

    偶然、このページを見つけました。
    バッファローBDドライブ(Pioneer BDR-206M OEM)が、まさに同じ症状でした。
    過去にCD-Rドライブを5万円で購入した私にとって、最近の光学ドライブの安さは「光学ドライブも消耗品の時代かな?」とあきらめ、BDR-S09J-BKを購入。
    なお、DBR-S09Jの「J」は、Made in Japanの「J」ではないようで、残念。箱には何も書いていないんですよ。
    もう少し早く、このページを見ていたら。。。

    BDR-206が貴重な日本製のドライブなので、このページを参考に修理しました。
    BDR-206は、フロントベゼルを取り外す必要があるようですが、どらえさんのページとあわせてdec74さんという方のブログ「一にち栞文 パイオニア BDR-206 べゼル交換」を参考に外すことが出来ました。
    まだ動作確認はしていないですが、きっと動くでしょう(笑)
    Made in Chinaドライブと、素人修理のMade in Japanドライブのどちらが良いかは、謎。

    返信
  2. ハル26

    私も同じ症状でした。購入後1年以上たっていたので有償修理を依頼しようとパイオニアのホームページを見たら「PCドライブの修理は株式会社エスティトレードが受け付けます」との表記が。
    エスティトレードの修理依頼すると、購入店を通してしか受け付けないとの返事。
    私はアマゾンで購入したので、アマゾンに連絡すると「購入後30日以内のみ修理受付。それ以上だとメーカーに修理依頼してください」とのこと。
    再度、そのことをエスティトレードに連絡すると、量販店かPCパーツを扱う店を通してくれ、との返事。
    量販店2店と、秋葉原のPCパーツ専門店2店に尋ねたところ、いずれも「当店で購入されたものなら修理受け付けますが、他店購入のものはダメです」と。
    エスティトレードは「お店を通さないと修理は受け付けない」の一点張り。過去、ネット通販での購入者の修理依頼はなかったのか? その時の経験から「他店購入でも修理を受け付ける店」を教えてくれたら、その店に出向いて修理依頼をします・・と言っても、それは教えられない、とのこと。
    都内在住の私でもこうなのですから、地方在住で近所に量販店やPCパーツ専門店が無い購入者は、実質、ネット通販で購入したPCドライブは、故障しても修理をしない、ということです。
    パイオニアはPCドライブに関してはネット通販を行なわないようにするべきです。
    ここのサイトを見て、自己修理にチャレンジしてみようと思いますが、なにしろ私は機械音痴で分解などしたことがないもので、上手くできるかどうか自信がありません。
    とりあえずご報告まで。

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      ハル26さん、いろいろ苦労されておられますね。この手のドライブは修理先が見つかっても修理代が本体価格を上回る可能性があるし、たとえ修理できてもまた1年後に同じ症状がでるかもしれません。今回は自己修理をして、今後は買わない、がベストな行動だと思います。ドライバーで蓋を開けることさえ出来れば、難しくありません。がんばってみてください。

      返信
  3. runway

    こんにちは。こちらの情報でEJECT問題が解決しました。
    有益な情報ありがとうございました。

    手元にあったパンチ穴補強シールをデジタルノギスで測ると
    シール+台紙の厚みが0.15mm、台紙の厚みが0.09mm、
    差をとってシールの厚みが0.06mmということがわかり
    コレを2枚重ねで0.12mmとして問題箇所に貼り付けました。
    結果はOK。完全に直りました。

    返信
  4. アンクルパー

    BRD-S70J-BKを使用しています。いつからか、トレーがイジェクトしなくて困ってました。イジェクト穴にピンを差し込んでイジェクトする事で対応していましたが、ここのサイトを拝見して同じ現象だと思い、ビニールパッチを貼り付けました。最初は1枚しか貼り付けなかったのでイジェクトされず ?? と思いましたが、よく見ると2枚貼りと書かれてあったので、2枚貼ったところ、イジェクト出来るようになりました(やた)。これで、イジェクト穴にピンを差し込む日々から解放されました。大変助かりました。ありがとうございました。

    返信
  5. 通りすがり

    私も長年この問題に悩んでいました。(BDR-206BKです)
    完全に排出出来なければ、すぐに直し方を調べようとなるんですが、
    ディスクが入っている時は必ず開くし、あと滅多に使わないから調べるのも面倒で諦めてました(笑)
    いやー普通に開くって素晴らしいです!
    本当にありがとうございました。

    返信
  6. ZERO

    ここ数日トレーがイジェクトしなくて困ってましたが、ここのサイトと、どらえさんのサイトを覗いて無事解決できました。
    ありがとうございました。
    ドライブ毎買い換えようと思い、価格comを覗いたときに、こちらのサイトの記事を紹介したものを見て、飛んできました。
    素人ながらバラして中を見ても、各駆動系に異常は無く、途方にくれて買い換える寸前に、こちらのサイトで解決案を拝見して、
    処してみたところビンゴでした。
    無駄な散財をせずにすみました。お二方とも、本当にありがとうございました。

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      当サイトにお越しくださいましてありがとうございます。わたしもどらえさんに助けられた者の一人です。私より観察力の鋭い方で、よくぞ見つけてくれたと感謝しております。
      現在も快調そのものです。パイオニアの商品はこの問題さえ改善されれば良い商品なのですが。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      返信
  7. どらえ

    コメント頂きました「blog日常の小細工」より参りました。 パンチ穴の補強シールがすごく的確で、是非真似させていただきます。
    そもそもこの症状は「クランプ+スピンドル」の距離がDiscをセットした時より空の状態の時が狭い(磁力が強く働く)理由が意味不明なのですよね。 他社は不明ですがPioneerは昔からオーディオCDデッキでも同様でイジェクト不良修理で費用かけました。
    といいますか”先輩”てワタクシの事ですか? こそばゆいのでチョッと・・・。 記事をつまみ食いさせて頂きましたがボリュームがスゴイですね! 脱帽いたしましたm(_ _)m

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      お世話になります。私はこのドライブを過去2回バラしてグリスアップしましたが改善できなくて投げておりました。どらえさんのおかげで改善でき感謝しております。
      どらえさんは現象をよく観察されておられると感心いたしました。今後も参考にさせていただきます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です