治療した歯が繰返し虫歯になるのはなぜ?~電動ハブラシの選び方

 今年、歯にかぶせてあった金属の詰め物(インレー)が取れたので歯医者に行った。インレーが取れるのは決まって年明け早々。お餅がきっかけになるケースが多かった。このインレーを入れたのはおよそ10年前。
 インレーが取れる原因の多くは、歯とインレーとの間に隙間ができて虫歯になり、それが拡大した結果。多くの人が「これは仕方のないこと」として諦めているのではないだろうか。

 

治療したところが繰り返し虫歯になるのはなぜか

 以下は仮説。歯を削ってインレーを詰めると、歯とインレーの境界にミゾが出来る。そこは最初、接着剤(セメント)で埋まっている(図1A)。
 次第にセメントが削れて消失し、溝ができる(図1B)。そこに歯垢が付いて虫歯ができる。
 虫歯はインレーとの境界に沿って進む(図1C)。ガムや餅などを食べた機会にインレーが脱落する。

 

 インレーが取れたら歯医者で補修することになるが、虫歯になった部分を削るので以前より穴が大きくなる。これを繰り返していくと最後は抜髄(神経抜き)して金属の歯になる(この治療は痛みを伴い、時間と費用がかかる)。
 Cの段階になっても運悪くインレーが取れず、虫歯が奥深く進行してしまった場合は、いきなり抜髄になってしまうことがある(時々、妙な味や匂いがすることで気づくことがある)。

 

虫歯を予防する方法はあるか

 虫歯にならない方法は2つある。よく歯を磨くことと、生まれた赤ちゃんの口に、虫歯菌を入れないいことだ。
 生まれた子供の口腔内には虫歯菌がいないことが知られている。では虫歯菌はどこからやってくるのか。その汚染源は親の唾液らしい[1]。私はその話を聞いて、自分の子供2人で唾液感染の予防を実践してみた。感染予防が必要なのは生後3年間。この期間、虫歯菌を入れなければ、一生虫歯にならないという[大学の専門家から立ち話で聞いた話]。一人は失敗したが、一人は成功した。

 すでに虫歯菌がいる人の場合は、よく歯を磨く、つまり歯磨きで防止するしかないが、これがまた難しい。一生懸命歯を磨いているのに虫歯が無くならないのは、磨き方が間違っているか、道具に問題があることが多いようだ。

 

歯磨きの道具について

 道具を選ぶ際の重要な注目点に毛先がある。歯ブラシの毛先は細いものほど良い。細いほど細かい隙間に入り込みやすい(磨き残しが出来にくい)ことは、容易に想像つく。
 磨き方についてはいろんな説があるだけ。完璧に磨く方法はなく、時間をかけて磨き残しを無くしていくしかないのが実際のようだ。ほとんどの人はそこまで手間と時間をかけないので、そこに手磨きの限界がある。

 磨き残しを知るには「染め出し剤」が有効だが、これでチェックしながら繰り返し磨いている人は、あまりいないようだ。

 

 

 近年は電動歯ブラシが安く手に入るようになってきた。200Hz~300Hzで振動するよう作られている。毛先を当てるだけで効率よく歯垢を除去できるため、手磨きの問題をかなりカバーできる。私はこれを買い繋いできた。おかげで歯医者に行く頻度が10年に1回くらいに減ったが、完全に虫歯を無くすことには成功していない。

 パナソニックのドルツ。右の2本は2016年モデル(EW-DL23-S、EW-DE25-W)で振動数は実測270Hz。能書きにある「毎分約31,000ブラシストローク」というのは振動数(Hz)を60倍してさらに2倍にした値らしい。手磨きが1秒間に2~3往復がせいぜいなのに対し、電動は270往復する。手磨きに対し圧倒的に効率がいい。

 

 EW-DE25-Wは高価だが、EW-DL23-Sと磨く性能に差は無い。後者は、お知らせ機能がうまく機能しない不具合がある(停止ではなく、時々違った周波数で振動する)。この件はメーカーに問い合せてみたものの、満足いく結果が得られなかった。
 他、EW-DE25-Wには左の写真のように電源がコンセント側と一体なので重さで垂れる欠点がある。

 

 最近のドルツに付属する極細毛ブラシ。電動ブラシにようやく「細毛」構造のものが登場した。これまでは手磨きと併用するしかなかったが、これでやっと電動が手磨きを上回った。今後は電動一本でいいだろう。

 このブラシは旧機種(EW-LA30など)にも付けられるので本体を買い換える必要は無い。

 

 複数の家族で使うとき便利なブラシスタンド。部品番号はEW1046W7387。旧機種の別売りオプションだが、旧機種から現行機種まで共通して使える。パナソニックストアか、ヨドバシ.comで購入できる。

 

 

治療したところを長持ちさせるには

 一度インレーを嵌めた歯は、最初に書いた理屈で虫歯になりやすい。これを防ぐ方法はないのか。最初の図で、歯とインレーの溝を埋めているセメントを保持できれば(一番左の状態をキープできれば)これが達成できそうだ。ところで、セメントが失われてしまう要因は何だろう。

 これに関して思い当たる物がある。それは歯磨き粉に含まれる「研磨剤」だ。電動歯ブラシと研磨剤入り歯磨き粉の組み合わせは最悪で、健全なエナメル質も削ってしまうかもしれない。

 電動歯ブラシには、研磨剤を含まない歯磨き粉を使うのが正解。写真のように「電動歯ブラシ用」と書かれているものは、研磨剤を含んでいない。

 本来セメントの耐久性はいいはず。研磨剤を使わない歯磨きを続ければ、相当もつのではないか。実はこれが、虫歯を予防する上で一番重要なことなのかもしれない。

 

 

<参考購入先>
パナソニック ドルツ
研磨剤を含まない歯磨き粉 これからの必需品
ドルツの細毛替えブラシ
染め出し剤 たまにはチェックしてみてください

<参考文献>
1.食育

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です