キーボードの選び方と操作感を良くする方法

  今や、キーボードは1000円前後で買える。安いキーボードの多くは、最初は調子いいが、使ううちに引っかかりを感じるようになる(押し込んだまま、戻らなくなることも)。

 それが次第にストレスになり、ゴミが溜まるなどして汚くなると「安いしそろそろ買い換えるか」で破棄。大抵、そんな形で消費されていると思う。

 

キーボードを選ぶときのポイント

 キーボードを選ぶときのポイントは次の通り。

表1 キーボードを選ぶときのポイント

項目 条件 備考
配列 普通の109  
ストローク 4±0.5
操作力 55±10g 軽すぎ、重すぎないこと。
操作音 無音~小
マーク ホームポジションが識別容易なこと
メンテナンス 分解清掃が容易なこと
パソコン本体と同一色

 

配列

 注目点は、スペースキーやIns,Delまわり。このあたりのボタンサイズが変形していたり、配置を変えていると使いずらい。配列はあくまで「109キーボード」が基本になる。

 スペースキー中心は、ホームポジション(F,J)を結んだ中心からあまりズレてはいけない。スペースキーの長さは、左右それぞれ、Vキーの左端、Nキーの右端がリミットになる。

 Ins,Delキーの配置も配列見本通りが望ましい。変則的な配列は「慣れ」により対処できるが、変則的な配列に慣れてしまうと他のキーボードで戸惑うことになる。

 

ストローク

 上述の数字はごく一般的なもの。ストロークは浅すぎても深すぎても使いにくい。デスクトップ用なのにわざわざノート用のパンタ式を採用するものがみられ、意図がよくわからない。メカニカル式はストロークが深いものが多い。

 

操作力、クリック感、操作音

 これらはキーボードの方式によって違う。以下個別にご紹介する。

1.メンブレン式

 安いキーボードのほとんどがこれ。お椀のようなラバードームを潰して接触を得る。打鍵音が静かで、耐久性も良好。一般から企業まで広く普及している。

2.メカニカル式

 操作感は独特なものが多い。黒軸のように終始一定力でクリック感がないもの、金属ばねのような反力があるもの、「カチカチ」音が出るものなど様々。私にはカチャカチャいう音がうるさく感じる。

 「タッチが良い」「疲れにくい」「高速入力可能」などのセールストークには独善が多く、多数の被験者を用いて評価した結果でないことに注意したい。

3.静電容量式

 無接点で、打鍵音が静か。触った感じからすると、メンブレン式に近い。値段はリアルフォース1台でメンブレン式が10台買える。

 商品化されているものに、東プレのREALFORCE(リアルフォース)がある。

 この方式のキーボードはタイピングを重視する金融機関や業務用で使われているという[Wiki]。信頼性、打鍵速度、ミスタイプのしにくさから、キーボードの頂点の一つといえる。

 

メンテナンス

 どんなキーボードも隙間に埃や髪の毛が入って次第に汚くなり、グリスも枯れて操作感が悪くなる。分解清掃と給油などのメンテナンスは必要であり、できなければパッドの電極が磨り減る前に寿命となる。

 できれば、分解して洗浄、メンテナンス(グリスアップ)できるものを選びたい。

 グリスはプラスチックに悪影響しないものが必要。私は潤滑にrationalシリーズ使っている。操作感、静音性も同時にアップし、高価なメカニカルよりもよいと感じる[1]

 

マーク

 マークとは、「F」と「J」キーにのみに付いている「ホームポジションの出張り」。これが明確にわかることがチェックポイントになる。

 

本体の色

 キーボードの色はPC本体と合わせる。通常はベージュ、白、黒のどれかになると思う。

 

スポンサーリンク

 

 

なぜか売ってない、「ごく普通の」キーボード

 DELL,HPなど企業向けモデルに付いてくる普通のキーボードは、使い勝手は勿論、耐久性、静音性など、オフィスで要求される実用機能を高いレベルで満たしている。昔から企業で大量に使われ、バランスの取れた特性と耐久性は実証済み。

 これと同じものを市販品で探しても、なぜか見つからない。妙に変形していたり、いらないボタンがたくさん付いているものが多い。耐久性も悪く、半年くらいでどこか破損して買い替えになってしまう。

 

 

分解清掃できないキーボードは消耗品

 キーボードは使ううちに汚れていく。キートップは拭けば済むが、隙間に入り込んだ髪の毛などのゴミは掃除機で吸っても取れない。私は年に1度、分解清掃している。

 

 

メンテナンスの実例

 

1.分解・清掃

 

 ロジクールK310。私がキーボードを買う時は、まず裏を見る。

 分解が容易なようにねじが露出していること、チルトスタンドや滑り止めゴムの作りがしっかりしていること、などがチェックポイント。

 

 裏のねじを外すと、キーの付いたトップカバーを分離できる。洗剤などを使って思う存分丸洗いできる。

 

 ダメなキーボードの例(ロジクールK120)。

 半年くらいで滑り止めゴムが取れてしまう。スタンドも貧弱で取れやすい。3年保証しているのでリクエストを出すといつも無償で新品をくれるが、きりがないので3回目に諦めた。

 

 写真はロジクールのPROメカニカル。ほとんどのねじが隠れている。いくら良いキーボードも、分解できないものは、私からすると使い捨て消耗品。

 

 

 

2.グリスアップ

 分解掃除したついでにプラスチック専用グリスを摺動部に塗ると、音が静かになりタッチが劇的に改善する。ストレスのもとになるひっかかりも、これで解消。

pad1 グリスを塗る場所は「摺動部」。スポンジの上にキートップを載せるとキーが押された形でこちらに出っ張る。そこにプラスチック用グリスを塗布する。

 写真はフッ素グリス(Rational001s)だが、高価なので勿体ない。最近はRational003s(高粘度版)で統一。

 

 以前は爪楊枝でチマチマやっていたが時間がかかる。今は指を使って上下左右に「なぞる」ように塗り付けている。キーを1個1個、外す必要はない。

 

 最近これと似たような記事を見るようになったが、粘度の高いグリスを塗ると感触が重くなりすぎることがある。特定のキーだけグリスを塗ると違和感を生じるので、全部塗るのがポイントだ。

 Rational003sは半練りなので粘度の点では安心。特にひっかかりを無くしたい部分は、念入りに塗っておくとよい。

 

 ※:K310はスポンジに乗せても出っ張らないので、枠を持ち上げてキーが引っ込んだところへ塗る。

 最後に元通りねじを締めるが、このとき締めすぎに注意する。ねじ山をバカにしまうとそこの固定が「無し」になってしまう。ねじ山にもグリスを塗っておくと以後の脱着が楽になり、ねじ山も長持ちする。

 

 グリス処理したキーボードは、押した感触がとても滑らかで、高級感がある。塗る前とは比較にならない。

 これは、あのリアルフォース以上かもしれない。そんな高級感のあるタッチに改善できる。

 

 

<参考購入先>
プラスチック用グリス

<関連記事>
失敗しないマウスの選び方~ラバーコートのべたつきを直す