ドスパラ プライムシリーズ~ダメなスリムケースマシンの静音化

 スリムケースマシンはリビングの液晶に繋いで動画や写真を鑑賞するところで役立つ。スリムサイズであればビデオデッキを想定して作られたAVラックのスペースにも、問題なく収まる。

 そこでドスパラからスリムタイプのマシンを買ってみたところ、騒音が大きくてテレビの視聴に問題を生じた。

slimcase 蓋を取ってみると静かになる。このことから音の原因の一つが、吸気抵抗にあることがわかった。

 ファンの吸気側の近くにパンチングメタルなどの障害物があると音が出る。

 写真の上にあるケースファンはドライブベイと電源に挟まれており蓋をつけると天井が塞がれダクトのような狭い吸気路が形成される。これがCPUクーラと同じくらいの騒音を出している。

 

 

参考:写真のケースファンを外す場合、黄色いレバーを解除してドライブベイを少し持ち上げたのち、フロント側に水平スライドすることで外すことができる。

 

 同じスリムマシンでもHPやDELLなどのメーカ製で音が問題になる機種はほとんど無い。なぜならこれらには自作でよく使われる「軸流ファン」が付いていないため。

 メーカ製のマシンの多くはCPUに強力なシロッコファンを付けてダクトを接続し、これ1つでケースの外に直接排気している。この場合CPUは吸気で冷やすような格好になる。BTOマシンではCPUとケースの位置関係がFIXできないしのでこのような構成をとることができない。第一シロッコファンを使ったCPUクーラ自体見かけない。

 

 結局スリムケースの自作で低騒音マシンを作るには吸気抵抗が問題にならなくなるまでファンの回転数を落とすしかない。必然的にスペックは冷却能力に見合うレベルまで落とすことになり、グラボはファンレスから選ぶことになる。

 スリムケースで騒音が問題にならないファンの回転数は8cmファンの場合1200回転以下。ファンの回転数を落とす方法はいろいろあるが、ファンそのものを交換した方が早い。

 回転数を制御できるPWMファンとの交換がお勧め。この場合、Max2000回転のものを使う。ファンの回転数を変更したら、負荷試験を忘れないで実施して欲しい。

 

<関連商品>
PCの静音商品

<関連記事>
市販BTOはアップグレード不可!?~ドスパラprimeシリーズ