中古顕微鏡の選び方

 アマチュアにとって、新品は高すぎて手が出ない。ヤフオクを覗くと中古がたくさんある。中古には古いものが多く、当たり外れがある。失敗しないための注意点をご紹介する。

 

中古の人気商品

 人気の定番は70~80年代のオリンパスCHB、BH-2。デジカメが垂直に固定できる三眼鏡筒のBH-2を狙いたい。相場価格は4~8万円。この時代の顕微鏡は、ほとんどの部品が金属製のため、今も十分える。

 

付属品に注意

 中古は後からアクセサリやレンズを買い足すことが難しいので、対物レンズなどは必要なものが最初から揃っているものを選ぶ。

 CHB、BH-2の対物レンズは、現代の無限遠補正系と互換性が無い。後から対物レンズだけ買い足そうと思っても難しい。

 

写真撮影について

 顕微鏡を入手しても写真撮影できなければ片手落ち。顕微鏡撮影にはリレーレンズを使って映像素子に直接投射する方法と、接眼レンズに市販のカメラを近接して撮るコリメート法の2通りがある。

 前者に使う顕微鏡カメラにDS-2500(佐藤商事)がある。スペックは1/2.5 CCD,5MP、測定ソフトとアダプタが付いて2万円前半。アマゾンに同等品が見られ、ebayやアリババで半額で売られている(トアンTAMC500)。詳細は関連記事1を参照されたい。

 コリメート法は映像素子の小さいデジカメが普及したおかげで簡単にできるようになったが、カメラの固定に課題がある。フィルターのネジ部を利用したアダプタが市販されているが、カメラの自重をレンズが支えるため重たい一眼は適さない。ここはRAWで録れるハイエンドコンデジやフォーサーズが適している[1][2]

 

実例

オリンパスBH-2

オリンパスBH-2の中古 ヤフオクで落札した3眼のBH-2。古い中古顕微鏡は多かれ少なかれ何かしらの問題がある。30年以上経った古い顕微鏡の多くは潤滑オイルが固化し、プラスチック製ギアなどが痛んでいることが多い。

 レンズや可動部の分解清掃、修理が自分でできない人は(有)西日本顕微鏡など顕微鏡のオーバーホールを専門にしている業者に出すといい。

 

BH-2の対物レンズを分解したところ 清掃のため対物レンズを分解したところ。カニ目レンチで裏側のナットをはずした後、前玉を押すと中の部品がごそっと出てくる。
 部品の順番や前後方向がわからなくなると元に戻せなくなる。慎重に分解して写真をとってから作業を進める。

 

 レンズを分解する際はヒートガンなどでケースを事前に温めておくと分解が楽になる。カニ目レンチは適当なもので代用すると後悔する。先端がマイナスドライバーのようなものは滑って傷つけてしまうのがオチ。ちょっと高いがジャパンホビーツールのコンパス形(横で回すタイプ)がよい。

クラックの入ったBH2ステージのラックギア

 BH2のステージはラックギアにクラックがあることがほとんど。この部分で操作にクリック感を生じ、検鏡の際には勝手に動くなど支障が出る。

 この問題は、ラックギア取付ねじを緩めてバックラッシが僅かにでることころまで後退させると改善する。

 

 この部品はアルミプレートにプラスチックギアを被せて成型したものなので、ラックギアだけ外して交換とかはできない。

<参考>
 BH-2のラックギアの現物を元に図面化したデータを公開します。材料は黄銅と樹脂の2種類選べます。もし作る方が見えましたら、1セット譲っていただけるとうれしいです。

 SY-16002 SY-16003

 

顕微鏡カメラ

顕微鏡カメラDS-2500

 佐藤商事[3]から購入したDS-2500。カメラ本体もレンズもオール金属で意外にガッチリした作りだがソフトの出来も含め品質は値段なり。使えない事は無いというレベル。

 付属リレーレンズの収差や解像度は問題ないがフレアが出やすい。フレアの問題はレイマー[4]のユニバーサルアダプタx0.45に替えることでかなり軽減される。

 

対物ミクロメータを使って寸法データを取得している様子ビクセンの対物ミクロメーターを対物レンズごとに撮っておくと付属ソフトで寸法計測できるようになる(1目盛0.1mm、1000倍も対応できる)。使い勝手はやや悪いが、今まで検討もつかなかったミクロな寸法が測れる。

 μManager[5]というオープンソースのフリーソフトがある。Hardware Configuration Wizard でOpenCVgrabberを選べばほとんどのUSBカメラと接続できるが、完成度や機能など発展途上で、付属ソフトと置き換えるに至らない。

 

 

 

<関連商品>
USB顕微鏡用デジタルカメラ
プレパラート いまでは商品がとても豊富です
生物顕微鏡 新品は高価で手が出ません
ジャパンホビーツールのカニ目レンチ レンズ分解の必需品。力が入りやすく、滑らず安全に作業できます
対物ミクロメーター 対物レンズごとに撮影しておくと付属のソフトで寸法計測できます

<関連記事>
1.顕微鏡カメラの選び方
2.オリンパスTG-4でタマミジンコを顕微鏡コリメート撮影する
オールドレンズをメンテナンスする~レンズ分解用工具の選び方
レンズ清掃用品の選び方
実体顕微鏡を導入 中古で買ったニコンSMZの紹介記事です

<参考文献>
3.佐藤商事 検品した中国製品を販売してます
4.レイマー 安いですが品質はそれなり
5.μManager 顕微鏡カメラ用のフリーソフトです