研究」タグアーカイブ

削りすぎが原因ではない~のぞみ台車亀裂問題を分析する

 「原因は鋼材の削り過ぎ」という話で図が公開されている[1]が本当だろうか。「あんな尖がったところへ削らないで平らなものを設置するのは無理」「別に原因があるのでは?」そんな疑念を抱く。この問題の要因分析をして意外なことを見つけたのでご紹介したい。

続きを読む

アトピーが治る!ニキビが減る!!~理想のシャンプー ボディソープの作り方

 洗剤を見直すきっかけに皮膚疾患がある。解析サイトを見て、レビューを読んで「これなら間違いない!」と思って買っても今までと大差なかったりする。ニキビを無くそうと朝晩一生懸命洗顔しても、なかなか無くならない。いったいなぜだろう。

続きを読む

皮革を長持ちさせる~あなたの知らない皮革商品の実態

 皮革商品は使ううちに皮脂や汗で汚れていく。水洗いできず、手入れは乾拭きかオイル、クリーム(乳化オイル)を塗るだけ。汗や皮脂で汚れた上からオイルを塗れば汚れを革の奥に閉じ込めてしまう。私はこのことについて、ずっと疑問に思ってきた。

続きを読む

皮革製品をジャブジャブ水洗いする

 皮革製品は洗えない・・それがいままでの常識だった。皮革を水で洗うと硬化したり縮んでダメになってしまう。汚れてしまったものは、高いお金を払ってクリーニングに出すか、捨てるしかなかった。「皮革が普通の衣類のように洗える」これは多くの消費者の望みに違いない。

続きを読む

ねじ締結の落とし穴~締付けトルクを管理しても緩むのはなぜか

 「ねじが緩んだので締付けを強くしました」これは必ずしも正しくない。ねじの使い方が間違っている場合、締めれば締めるほどよく緩む。ねじ締結で問題が起きた際、緩めたにせよ、強めたにせよ、標準的な締付けトルクを逸脱する形で問題を収めたら、締結の信頼性か、強度のどちらかが犠牲になっている。

続きを読む

ミジンコの永久プレパラートを作る~白濁,気泡不良の原因

 写真は1970年代にバルサム封入で作った永久プレパラート。今頃とっくに土に還っているはずの有機物が保存されていることに驚きと感動を覚える。気泡が入っているものがある。当時の市販品(プリンス光学製)はほぼ全滅。気泡が入ると永久プレパラートが台無し。この謎を解明する。

 バルサム封入で作った永久プレパラート(1970年頃) バルサムに気泡が出てしまった標本と、気泡が出ずに無事保存できている標本の例

続きを読む