せんたく糊とグリセリンで無臭の整髪料を作る!

 市販の整髪料は香料が入っていて臭い。無香料の整髪料を探したが、なかなか見つからない。そんなとき思いついたのが洗濯糊。「そんなものが」と思うかもしれないが、しばらく使ってみて大変調子よかったのでご紹介したい。

 

 洗濯糊の主成分はポリビニールアルコール(PVA)。特許などを調べると、整髪料に使われている成分。ならばこれを直接使ったらいい。

 写真は洗濯のりの例。普通のタイプと濃縮タイプがある。どちらも大差ない。

洗濯糊の例

糊だけだと乾いて白い粉が出るので、グリセリンを混ぜる。混合比の目安は次の通り。

スーパーハード 洗濯糊:グリセリン=10:1
しっとり 洗濯糊:グリセリン=3:1

洗濯糊はものによって水分が違う。上記を目安に混合比を調整するといい。

洗濯糊にグリセリンを混ぜたものを伸ばしている様子

洗濯糊はグリセリンを混ぜることで伸縮性ができ、簡単にちぎれなくなる。この性質が整髪料に非常にいい。

使い方は手にとって水道水で少し希釈し、髪に塗りつけるだけ。

洗濯糊で固めた髪

 仕上がりは整髪料と変わらないうえ、無臭。水溶性なので、形が崩れたら水でペタペタぬらして再整髪可能。お風呂で洗えば綺麗サッパリ落ちる。100均の化粧水容器に少量作って使っている。

 人形の髪を洗濯のりで固めることがあるらしい[1]が、人間に使った事例を見ない。安くて便利な材料なのでぜひお勧めしたい。

 

<参考購入先>
洗濯糊 圧倒的に安い洗濯のり。100均の化粧水入れに入れて使うと便利です

<関連記事>
使い終わった筆の穂先を新品と同じに固める~筆固め液 筆糊の作り方
市販品と同じ化粧水を自作する!
簡単な工夫で加齢臭を完全に消す
乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた!
自分に肌に合う洗剤が見つからない!お風呂場は洗剤の山!!~自分に合ったシャンプー・ボディソープを手作りする方法
ワンデーコンタクトを70日使い回しする方法~消毒液もタダ同然に!

<参考文献>
1.合成糊で髪を固める フヤサナイ☆フヤセナイ

ご注意:本記事は執筆時点で過去に類例がないことを確認しています。転載、引用する場合は、必ず出典を明記してください。ルールはこちらをご参照ください。