ボールプールは究極の寝具か

子供の遊び場にボールプールという遊具がある。空気の入った直径8cm程度のビニール製ボールを充填したプールだ。十分な深さのあるボールプールに体を沈めてみると、とても気持ちがいい。私はここで寝込んでしまい、係員に起こされた経験がある。

 ボールプールが気持ちいい理由は次の点にありそうだ。

  1. 体圧が完全に均一分散される
  2. 3次元的に自由な姿勢のまま寝られる
  3. 通気がきわめて良く、適度な保温性がある

考えてみれば、これは寝具の理想そのもの。3次元形状の体を2次元平面にあわせて寝ること自体、間違っているのかもしれない。人が寝るとき、ベッドや枕が必用なのは、3次元形状のものを2次元にあわせるため。どんなに優れたスプリングを使っても、体圧の完全分散はできないし、完全に頭に合う枕は作れない。
 低反発、ウオータベッド、ジェルベッドはどうか。体圧は分散するが反力が弱いため体を保持できない。

 ボールプールは姿勢や向き、足や腕の方向など、どのような形で寝ても体圧を均一に分散して体を保持する。とても快適だ。これを寝具にすれば、おそらく至高の快眠が得られるに違いない。
 誰かポールプールで一晩過ごした人はいるだろうか。寝違え、床ずれなどとは無縁で、医療器具にも使えそうな期待が持てる。

 ボールプールを本格的な寝具にするには、もう少し落ち着いた色にする必要がある。ボール径も8cmではやや大きい。適当なサイズがありそうだ。
 ボールに工夫を加えれば、様々な機能や付加価値を追加できる。例えば素材に活性炭や畜光物質を混合させたり、中に液体を入れて重さを適度に調整するなど。ポールプールの延長にある商品の裾野は果てしなく広い。(PAT.Pend)。

 

<関連商品>
カラーボール
寝具

 

注:本記事の無断商用利用はご遠慮願います。商用利用をご希望の方はこちらをご参照ください。