透明コーティング剤の防錆テスト

防錆といえばこれまで塗料が主であり、皮膜は非透明なのが普通だった。透明な錆止め塗料があれば、外観を変えずにいろんなものを長持ちさせることができる。ルミナスなどクロムメッキのスチール製品を水周りに転用したり、これまで決め手の無かった自転車のような屋外鉄製品を綺麗な状態のまま長期間維持することも可能だ。自動車のコーティングにも使える。

 実験方法はよく磨いた鉄板にサンプル塗料を塗布して、よく乾燥後、雨滴の当たる屋外に暴露しておく。
 写真は左からラストボンドSG(溶剤で希釈して薄塗)、ラストボンドSG(原液を厚塗)、常温ガラス塗料(シラグシタール)、自然塗料(メルドスハードオイル)、ワセリン、ジンクリッチ塗料(ローバルα)である。

 ラストボンドSGはエポキシ系の防錆専用塗料である。リボスの自然塗料やガラスコートは元々防錆用途ではないが、過去の経験から効果が期待できるので候補にした。比較のため、ワセリンとローバルのジンクリッチ塗料(薄塗り)を入れた。実験開始は7月末である。

bousei 

評価結果

塗料 2週間後 1ヵ月後 3ヵ月後
ラストボンドSG(薄塗) ×
ラストボンドSG(厚塗) ×
常温ガラス塗料
自然塗料
ワセリン ×
ジンクリッチ塗料

 自然塗料はジンクリッチ塗料に匹敵するようだ。硬化後の皮膜はパラフィンに似ており、水を遮断する能力に優れている。ただし、光酸化して茶褐色に変色する、皮膜が柔らかく耐磨耗性がよくないという欠点がある。変色はどの自然塗装もあることだが、アルドボスの方が少ないようだ。

 常温ガラスコートはこれまで木材の改質保護や汚染防止に用途を見出して使ってきたが、防錆にも優れた効果を発揮する万能コーティング剤のようだ。

 ワセリンはそこに皮膜があれば水分をシャットアウトして錆びない。一時防錆用途に使えるようである。

 ラストボンドは期待はずれ。一部がさびるとそこから塗料の下地に潜り込む形で錆が広がっている。一番よさそうに見えるものが実はダメだった、ということはよくある話。こういうものは実際テストしてみることが重要だ。

 

<参考購入先>
こちらをご参照ください。

 

透明コーティング剤の防錆テスト」への2件のフィードバック

  1. ぐすくんちゅ

    ラストボンドは下塗り用で耐候性はないみたいですよ、
    各塗料の用途を考慮した上での比較実験でないと、適正な比較にならないと思います、、

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      コメントありがとうございます。耐候性と防錆は別物、ラストボンドは屋外で1年持たないようですが、短期間のテストであれば評価可能と考えています。
      室内でもルミナススチールラックに施工しましたが、屋外の結果とほぼおなじでした。
      サイトの説明では防錆に効果があるようなうたい文句があったので買ってみましたが、実態は普通のエポキシとなんら変わらない、という結論です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です