BDレコーダもTVも売れない~PX-W3U3が見せる未来のデジタル視聴環境

我が家のクルマは、後部座席でDVDを見ることが出る。いつだったか、大型連休のドライブ用にテレビで録画した番組をDVDに焼こうと考えたことがあった「きっと、楽しい旅行になるに違いない・・」そう思った。

我が家にはレグザと、同じ東芝のDVDプレイヤー内臓レコーダ(S303)があったから「レグザで録画した番組をレコーダにいったんダビングして、DVDに焼けばいい」最初はそれが簡単にできると考えていた。しかし実際はなかなかうまくいかない。まずTVで録画したデータをDVDまでもっていけない。「アナログダビングならいいのでは」と思ったが、こちらもしっかりコピーガードがかかっていてダメだった。結局まる一日、試行錯誤して疲れてしまった。

結局「テレビで録画したものは、そのテレビの前で見る」ことしか許されていないようである。そこから外に出すことは不可能ではないが、利用者にとって不都合な結果を伴うから「実質出来ない」と考えるのが適当のようだ。

PX-W3U3というTVチューナの存在を知ったのはつい最近のことである。10cm角程度の小さな箱形でとても軽い。パソコンにUSB接続して使う。地デジ2ch+BS/CS2chの合計4チューナを内臓している。
「ふーん」「なにそれ」「そんなものが」と思うかもしれないが、この機器はライフスタイルを一変させる機能を秘めている。動作環境の構築が結構大変※だが、あるチューナソフトを組み合わせると、家中のパソコンが地デジテレビに変身する。録画番組がどのパソコンからでも自由に見れる。もちろん、録画したものをDVDに焼くことも自由だ。無線LANに繋がったノートがあれば「いつでもどこでも」自由に地デジとその録画番組を視聴できる。

「こんな自由で快適な、コンテンツライフがあったんだ!」

そう叫びたくなる。一度この環境を体験すると、録画機能付きのテレビやレコーダが「制約が多すぎて、何も出来ない不便な商品」に見えてくる。そして「テレビの前に座って」しか地デジが見れない環境が意外に不便なことに気づき、コピーガードがいかに利便を損なう仕組みであるかを実感する。テレビやレコーダの低迷は、多すぎる制約による「不便」が一つの要因に違いない。

そのうちテレビとレコーダはパソコンに統合されて消滅し、リビングの大画面液晶はパソコンに繋がれた「マルチメディアディスプレイ」になるのではないか。生活が便利にも豊かにもならないデジタル家電は、売れなくて当然、消えても仕方のないことだ。

※PX-W3U3の環境設定はVladiさんのブログに詳しい。あまりにも煩雑なのが難点だ。

 

<参考購入先>
PX-W3U3

PX-W3U3の視聴環境を自動的に構築できるインストーラです。
TVBonExpress

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です