コンテンツ」タグアーカイブ

夏に似合うサザン~作詞・作曲・歌唱の能力が同一個人にある強み

 夏になるとサザンオールスターズの曲が思い浮かぶ。サザンは夏と海をテーマにした楽曲が多い。サザンの曲を聴くと夏の強烈な日差しがかえって心地よく、嫌なことも忘れ楽しい気分になるから不思議だ。 続きを読む

パーソナルユースの小型液晶テレビは売れるか~「厚型」テレビの新市場

LGの32型テレビを中核にしたパーソナルシアター 左は我が家にあるLGの32型テレビを中核にしたパーソナルAVシステム。プレステ4とAVアンプ(ヤマハ RX-S600)が接続されFullHD+5.1chサラウンドでゲームが楽しめる。

 テレビの優秀なDLNA再生機能のおかげでホームサーバーにアクセスし写真、音楽、動画も実用レベルで鑑賞可能。

 

 

 パーソナルユースではゲーム機やパソコンとの親和性が重視される。FullHDとAVアンプの接続(ARC)が必要になり、これら周辺機器と電源が確実に連動することも重要だ。ところが現在、32型以下でこれらについて機能的に満足する商品は市場にほとんどない。

 

続きを読む

人気復活するアナログレコード~なぜ今注目されるのか

 アナログレコードの需要が2006年を底に上昇しているという。

 注意深く針を落としたらササッと後ろに退いて体育座りで音楽を楽しむ。そんな時代は確かにあった。レコードにはA面とB面があり、片面の再生が終わったらひっくり返さなければならなかった。

 曲間に針を落とすのはやや難しく、1曲目から再生することが多かった。この時代の「アルバム」はA面かB面の1曲目から順番に聴くことでアーティストが意図した音楽(ドラマ)を味わえる「音楽作品」だった。片面の最後には終わりを印象づけるテンポのゆっくりな曲が収録されることが多かった。 続きを読む

NHKはなぜ嫌われるのか

 PX-W3U3というチューナーがある。この試聴環境のソフトを作ろうと[1]BSアンテナを設置したら翌日NHKの集金人がやってきた。私は不在だったが家族に契約の代筆サインをもらって帰ってしまった。

 どうしてこんなに早くわかるのだろう。販売店から情報が流れているのだろうか。

続きを読む

★特集★ 漫画 ゲーム アニメ やらせ NHK~コンテンツ業界の闇

 

作らない方が良かったプリパラ劇場版 (2015/3/7)

 

 アイカツ劇場版に遅れること3ヶ月、プリパラの映画が劇場公開された。アイカツはバンダイ、プリパラはタカラトミー(アーツ)のコンテンツでどちらも若年女の子をターゲットにマーケティングしている。アイカツとプリパラは真っ向から対立するライバル関係にあるが、うちの娘はそんなことは露知らず両方とも好きで楽しんでいる。今回の映画も公開前から情報をキャッチして楽しみにしていた。

続きを読む