マザーボードの品質と衰退する自作パソコン市場

 性能アップと電力削減のため、サーバーPCとメインPC 2台のマザーとCPUを新調した。マザーは今回、価格COMで売れ筋No.1のGIGABYTE B85Mマザーを買ってみた。GIGABYTEの商品は昔苦労した経験からずっと避けてきが、不安は的中した。トラブル連続で何度も返品交換して結局最後は2台とも別の商品で落ち着いた。

 

 GIGABYTEのサポートはCFD販売だが、こちらの話を理解できないうえ答えも的を得ない。CFDに限らずこの業界のサポートでよく耳にするのが「お使いの環境によるもの」「他のパーツとの相性問題」「OSやドライバの問題」(マイクロソフトに聞いてみたらどお?)といったものだ。

 マザーの単品販売では不特定のパーツと組み合わされることが販売の前提条件として最初からわかっている。この場合どのような環境に置かれても、何と組み合わされても動作するロバスト性が重要な「品質」ではないか。これは出荷前に徹底的に検証しておくべきもので、お客様に対し「お使いの環境」や「相性」といった言葉は禁句である。たらい回しのもとになる「どこそこに聞いたら?」もタブーだ。こういう対応を続けていると、そのうち誰にも買ってもらえなくなる。自作パソコン市場の衰退は、トラブルがあるとすぐ相性のせいにしてうやむやにしてきたことが原因のひとつに違いない。

 お客様を使ってフィールドテストを行い、見つかった不具合をリビジョンアップで直す。これは最もやってはいけないことだ。GIGABYTEの商品は2回返品したが、コンデンサが脱落して無いとか、CPU周りに埃がついているとか、品質管理を疑う内容もあった。

 

 マザーを2枚(返品した商品を含めると4枚)買ってみて思ったのは、やはり6000円前後のエントリークラスは問題が多いことだ。最低でもミドルレンジ(1万円前後)のものを選ぶべきで、マザーはASUSが無難(今までどおり)、ということだった。

※部品代からして6千円前後でマトモな商品が作れるはずがない。

 

 パソコンを新調する場合はBTO(完成品)も選択肢になる。自作がBTOより割高というのは初回導入時の話で、アップグレードの際リプレースした古いパーツをヤフオクなどで売ることを計算に入れると自作の方が結果的に安い場合が多い(当方は平均3割前後の回収実績)。BTOが後々融通が利かないことを考えると長い目で見ればBTOより自作の方がよい、というが私の考えだ。

※:BTOはマザーやCPUファンが特殊(オーダーメイドで作られた激安パーツの集まり)なので、BIOSアップデートが出来ずCPUの交換もできない。

 私のように手持ちのパーツを買い替えながら部分アップグレードを続ける人は多いと思う。最近自作する人が減ったというが、パーツの選択さえ誤らなければ、自作は今でも十分メリットのある手段に違いない。

 

 DSC03695 今回は散々文句を言いながらもGIGABYTEで粘ってみた。今は左の2枚を使用中。良品を入手しちゃんと動く状態まで漕ぎ着ければどのメーカ品でも問題ない。今回はリプレースで出た古いパーツの売却によって購入費用の4割を回収できた。

 

 

<参考購入先>
マザーボード
PCパーツ
Rational003 電気接点用のコンタクトオイル。マザーを買ったらすべての端子にコンタクトオイルを塗布すると接点の劣化を防いで寿命を大幅に伸ばすことができます。抜差しの多いUSB端子やイヤフォンジャックには必須。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です