ボリウムのガリ復活とiPhoneのイヤホン端子を無劣化にする方法

 蓄熱暖房機(オルスバーグ)が4年過ぎたあたりから調子が悪くなってきた。この機器は2つのボリウムで蓄熱量と温度設定を変えられる仕組みだが、その設定値がチラチラ変化して安定しない。症状からするとボリウムの接点不良が原因らしい。

DSC03122 ボリウムの感触から巻線式ポテンションメータが使われていると思ったが、操作部をバラしてみたところ普通の炭素皮膜式だった(写真)。この手の抵抗器は次第に接触が悪くなりガリが出ることは経験済みだ。何も対策しないと酸化摩耗が進んでどんどん調子が悪くなる。部品交換してもしばらくすれば同じ問題が起こるため解決にならない。

 

ボリウムのガリ除去とコンディションの再生にオイルが有効だが、電気接点に使えるオイルはごく限られている。CRCを吹くと一時的に良くなるが拡散流失or蒸発して問題が再発する。広がった油で周辺がベタベタになり埃だらけになることも。市販のコンタクトオイルでも同じだ。

 ここはRational003を使用。これはPAOベースの高品質オイル(半練グリース)で蒸発や拡散の問題が無い。一度塗布すれば本体の寿命までボリウムの劣化と無縁でいられる。ダメージが進んだものは塗っても良くならない。できるだけ早期(出来れば購入直後)の施工が望ましい。

 

この問題は蓄熱暖房機に限らない。あらゆる電子機器、家電に共通する。今回は幸い可変抵抗器が裸だったが、カバー付きのものはバラせないものがある。機器を買うときは最初からこういう問題が起こらなもの、例えば設定変更が上下ボタン式もしくは光学エンコーダー式(1周以上くるくる回すことができるもの)になっているものを選びたい。

DSC0040302 USBやイヤホンのミニプラグも繰り返し挿抜するうちにメッキが削れて腐食し接触が悪くなります。これもRational003が有効。プラグ側に塗ってiPodやiPhoneのイヤホンジャックに挿せばそちらにもオイルが付いて一緒に保護します。接触が良くなって音質が向上することも。

 USBの挿抜寿命は僅か1500回[1]。Rational003の塗布で寿命は大幅に伸びいつまでも調子よく使うことができます。

 

DSC0040901 メモリカードも挿抜するたびに接点が磨耗していくもの。これも同じように接点の磨耗を防ぎ寿命を延ばすことができます。埃が付きやすくならないよう少量を薄く塗る程度にします。

 

 

 DSC0017101 DSC0017201

 機器を買ったらすぐにRational003を塗布。本体の寿命まで端子を調子よく保ちます。接触抵抗が重要なSPターミナルの塗布は必須。

DSC00175

使わない端子は埃が付かないよう防塵キャップをはめたり、養生テープを貼っておきます(湿気で粘着が劣化するビニールテープは不可)。これをやるとやらないのでは大違い、数年後大きな違いとなって現れます。

 

 

<参考購入先>
Rational003 Rational003は2002年から取り組んできた研究の成果物。半練タイプのコンタクトオイルは現在でも唯一のオンリーワン商品です
蓄熱暖房機
蓄熱式あったかグッズ
養生用テープ一覧 養生用テープは品質の高い粘着剤が使われていて湿気などで劣化しません。養生だけでなく長期保護に有用です

<関連記事>
コンタクトオイル

<参考文献>
[1] オムロン XM7型USBコネクタデータシートより

 

ボリウムのガリ復活とiPhoneのイヤホン端子を無劣化にする方法」への4件のフィードバック

  1. sanoyan

    往年のYamaha MD8のジャンク品を入手し,エラー表示されて機能しないMDメカニズム部分にRational003を適当に塗ってみたところ,驚くべきことに直ってしまいました.8チャンネルミキサーとして使えればいいと考えていただけに超ラッキーでした.電気にも機械にも詳しくありませんが,おそらく摺動部分の摩擦が軽減されて動くようになったのではないかと.

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      摩擦が問題だったのでしょう、直ってよかったですね。
      003は比較的軽荷重のところに使えますのでMDのメカに頂度良かったのかもしれません。

      返信
  2. sanoyan

    アンプのボリュームノブに塗布したいのですが,どこからどうやって塗布すればいいですか?
    ツマミを外して根元に塗布するだけで効果が得られれば,Rational003を使ってみたいです.

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      お問い合わせありがとうございます。アンプのボリュームノブは軸の根本に塗布してもダメで、裏側の可変抵抗のカバーを外して塗布する必要があります。簡単に外れない場合もあり、通常は難しいと思います。可変抵抗のカバーに隙間があれば、そこから注射器+ノズル(ペット用品で市販されています)で塗布することが可能です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です