究極の美肌化粧水を作る~カチセロパウダーの威力

 ネット上には尿素やグリセリンを使って化粧水を自作する記事がたくさん見られる。あまり普及しないのはべたついたり皮膚の上で弾いてしまうなど、使用感が良くないところに原因があるようだ。

 増粘剤を配合すれば、市販品とまったく同じ使用感の化粧水ははるかに低コストで作れる。今回はそのレシピをご紹介したい。

 

化粧水の基本レシピ

 ネット上に化粧水の作り方と称する記事は多い。いろんな人がいろんなレシピを書いているが、原本は文献1と見られ、配合は次の通り。

尿素 50g(窒素46%と表示されている肥料用)
水 200cc
86%グリセリン 5cc

 成分濃度は尿素20%、グリセリン1.7%。尿素が保湿とピーリングを担い、グリセリンが保湿助剤となっている。顔に塗る場合はこれを10倍に希釈するとされる。

 水は「水道水」でいい。わざわざ日持ちしない「精製水」を使うのはお勧めしない。アルコールを混ぜると腐敗にくくなり、スッキリ感が出るが、刺激性が増す弊害がある。

 尿素の添加は異論ある人もいると思う。かなりの刺激を伴うからだ。

 単純にグリセリンを10~20%に希釈したシンプルなレシピを愛用する人も多い。これはほとんどの肌に異常を与えない。

DSC00092

美肌化粧水の原料。コストは市販品の1/100以下。

 

 

 

PH調整剤の添加

 尿素やグリセリンで化粧水を作ると強いアルカリになる。クエン酸、ミョウバン、酢酸(食酢)などを添加することで弱酸性の化粧水が作れる。効能があり、ミョウバンは皮脂を抑制し夏場のテカリ防止に役立つという[1]。またどの酸も雑菌の繁殖を抑制し日持ちや体臭予防に役立つ可能性がある。

 pHは5.0前後に調整する。酢酸(食酢)の場合は100ccに対して10滴、クエン酸は0.1gが目安になる。

 

増粘剤の添加

 上記のレシピで化粧水を作ると皮膚の上で弾いてしまう。市販品は増粘剤や界面活性剤が添加されているが、界面活性剤は弊害があるので増粘剤だけ添加する。

 増粘剤はシャンプーや化粧品で使われているカチセロ(カチオン化セルロース)を使う。化粧品を自作する人のために、100gくらいに小分けしたものを通販で購入できる。

 中身は細かい微粒子。これを1%程度溶かすだけで、市販品と同じ「とろみ」のある化粧水が作れる。

 

 

創造の館 究極美肌化粧水 レシピ 2017/7/2改定

水道水 180cc
グリセリン 20cc~40cc
クエン酸 0.2g
カチセロパウダー 2.0g

 

 

<参考購入先>
尿素 窒素46%の園芸用で十分です
グリセリン
カチセロ 私は大阪ファッションということろで購入しました

<関連記事>
乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた!

<文献>
1. お手軽スキンケア