究極の美肌化粧水を作る~コラーゲン配合でアップグレード

 ネット上には尿素やグリセリンを使って化粧水を自作する記事がたくさん見られる。あまり普及しないのはべたついたり皮膚の上で弾いてしまうなど使用感が良くないことがあるようだ。化粧水を自作するメリットは安く作れることのほか、成分を自分でコントロールできる点がある。特にアレルギーや肌荒れに悩む人にとって、界面活性剤を含まない自家製化粧水は救いになるだろう。
 作り方は似たようなものが多い。原本は文献[1]と見られ、そのレシピは次の通り。

尿素 50g(窒素46%と表示されている肥料用)
水道水 200cc
86%グリセリン 5cc

 この水溶液の成分濃度は尿素20%、グリセリン1.7%。尿素が保湿とピーリングを担い、グリセリンが保湿助剤となっている。顔に塗る場合はこれを10倍に希釈するとされる。浸透圧が高いため雑菌が繁殖しにくく、冷蔵庫で長期保存できる。水は水道水が奨励される。ネット上には精製水を使う例も見られるが、わざわざ日持ちしない水を使うのはお勧めできない。

 上記レシピで作った化粧水には課題がある。顔に塗るために10倍に希釈すると皮膚の表面で弾いてしまうことだ。この課題を解消するために「界面活性剤」が必要になる。これは化粧品の乗りを良くするために必要不可欠な成分で、あなたが普段からぬりたくってる化粧品やクリームにも大量に含まれている。界面活性剤の種類はとても多い。市販品をアレコレ買ってきては肌に合う合わないの試行錯誤をするハメになるのは、界面活性剤が大きな要因と見られる。

 

【界面活性剤の添加】

 界面活性剤は皮膚のバリア機能を破壊し、普段入り込まない有害物質を浸透させてしまうという。そのため界面活性剤の選定と濃度の決定は重要で、最適値は人(肌の質)によって異なる。そこを自由にできることが自作化粧水のメリットといえる。自分にあった界面活性剤と添加量を見つけることが出来れば、害の無いあなただけの化粧水を作れる。

 界面活性剤はいろいろある。化学系は少量でよく効く反面、活性が失われにくいため害になりやすい。石けん系(液体石鹸など)は活性を失うのが早く害が少ないが、効果が低い分添加量が多くなる傾向がある。実際作ってみると、肌の「なじみ」を得るために相当な量が必要なことがわかり、こんなに入れて大丈夫なのかと心配になる。

※界面活性剤を使う場合は、肌に合う合わないを調べるため「パッチテスト」を事前にすることをお勧めする。簡易的には、お風呂上りに皮膚の薄いところ(腕の裏側)などに原液を塗って乾燥させ、24時間放置する。赤味やかゆみ、湿疹(塗った場所に出るとは限らない)などが出ないか様子をみることで自分に合っているか確認できる。

 

【界面活性剤を増粘剤で代替する】
 増粘剤(澱粉、PVA、ゼラチンなど)を使うと界面活性剤をゼロにした化粧水を作れる。3種類の中ではゼラチンが最も良好な結果だった。

 

【PH調整剤の添加】
 クエン酸、ミョウバン、酢酸(食酢)などを添加して弱酸性の化粧水が作れる。これらはそれぞれ効能が異なり、例えばミョウバンは皮脂を抑制し夏場のテカリ防止に役立つという[1]。またどの酸も雑菌の繁殖を抑制するため、化粧水の日持ちや体臭予防に役立つ可能性がある。
 どれを使うにしてもpHを測りながら5.0前後に調整する。ちなみに酢酸(食酢)の場合は100ccに対して10滴、クエン酸は0.1gが目安のようだ。

 

<創造の館 美肌化粧水のレシピ 2015/8/8改定>

☆濃縮原液(保存用)

尿素 50g(窒素46%と表示されている肥料用)
水道水 200cc
86%グリセリン 5cc  (ここまでは文献[1]と同じ)
ゼラチン 5.0g
クエン酸 0.2g

 上記を全部入れて温めて溶かす。煮沸させることで殺菌ができる。
 この原液は角質の厚い部分に使う。顔の化粧水はこれを10倍程度に希釈して使う。
クエン酸0.2gは耳かき2杯が目安。あまり厳密でなくても良い。200ccにこの量のゼラチンは普通だとゼリーになってしまが、このレシピでは粘度があがるだけでゼリーにはならない。おかげでゼラチンの量で自由に粘度調整できる。

 

☆リンス、髪のスタイリング用

86%グリセリン 10cc
水道水 100cc
ゼラチン 0.5g

 

DSC00092

創造の館 美肌化粧水の原料。顔の化粧水を作るコストは市販品の1/100以下。

 

 

 

<参考購入先>
園芸用尿素 窒素46%の園芸用で十分です
グリセリン

<関連記事>
乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた!

<文献>
1. お手軽スキンケア

 

究極の美肌化粧水を作る~コラーゲン配合でアップグレード」への3件のフィードバック

  1. オッター

    返信ありがとうございました。
    私も化学はよくわかりません。(汗

    アルコールの一部では水の表面張力を弱める作用があるもの(消泡剤など)があるのでそう思ったのです。
    自家製コントラコロラインもうそうですが、こう言う自作は楽しいしなにより安上がりなのがいいですね。

    返信
  2. オッター

    化粧品・化粧水には全く興味がな門外漢なのですが、
    グリセリンを多く入れることによって界面活性剤のような効果はないのかな?
    なんて思ってしまいました。
    でも入れ過ぎるとべたつくのでしょうかね?

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      コメントありがとうございます。化学はよくわかりませんが、グリセリン脂肪酸エステルは界面活性剤、グリセリンは界面活性では無いようです。
      たくさん入れるとおっしゃるとおりベタつきますが、澱粉を添加すると不思議にべたつかない形に出来るようです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です