正しいダイエットの理屈と男性の本音

 女性のダイエットは外見を気にすることこから始まる。「美しい体でいたい」「太って嫌われたら大変!」そう思う人が多いようだが、それもこれも結局は、男性を意識して出た感情。ところで当の男性は、太った女性をどうみているのだろう。

 女性は「外見で嫌わている」と思うかもしれないが、実のところ、そうとは限らない。太った女性が嫌われる本当の理由は、もっと別のところにある。

 ダイエットの理屈を知ると、男性が太った女性を嫌う本当の理由(深い本音)が見えてくる。今回はそんなダイエットの理屈と、太った女性が嫌われる本当の理由をご紹介したい。

 

ダイエットの方法は大きく分けて2つ

短期のダイエットと痩せる理屈

長期のダイエットと痩せる理屈

何かを食べれば痩せる?~玄米ダイエットのカラクリ

ダイエットしたい人のほとんどが失敗するのはなぜか

空腹を我慢できない人はダイエットできない

太った女性が男性に嫌われるのはなぜか

実践!短期ダイエット

 

<参考購入先>
グレープフルーツ100% 空腹を紛らすのに最適なドリンクです
ダイエット食品 

 

スポンサーリンク

 

ダイエットの方法は大きく分けて2つ

 ダイエットの方法は、「長期」と「短期」があり、痩せる理屈が違う。世間ではこれが、ごちゃ混ぜになっている。どっちに取り組んでいるのか、きちんと区別できてないとダイエットは成功しない。

 以後、長期のダイエットを「長期法」、短期のダイエットを「短期法」としてそれぞれの理屈をご紹介する。

 

 

短期のダイエットと痩せる理屈

 

痩せ時間を把握する

 まずは、次のパターンを見てほしい。

 

図1 お昼を抜いたパターンにおける空腹感

 

 このパターンでは食事は朝と夜しかとらない。状況が変化するポイントをA,B,C,Dで示した。

 A点で朝ごはんを食べ、3~4時間もするとおなかが空いてくる。ここがB点。B点を過ぎてしばらくすると、強い空腹が訪れる(赤の矢印)。血糖値が下がり足元がふらついて

「腹へった~」

となる時間。この状態は苦しいが、それがずっと続くわけではなく、我慢していると和らぐ。そこがC点。C点から先は「お腹が減りすぎて、食欲がなくなった」状態。

 ダイエットに効果があるのは、このC点を過ぎてから、次に食事をとるD点までの時間になる。

 

食後の運動は無意味

 短期のダイエットでは、食べたものが胃にあるときに運動しても痩せることはできない。なぜなら、エネルギーが必要な時、消費しやすいエネルギーから順番に利用されるため。つまり食べたものが胃にあるときに運動すると、食べたものから消費される、その結果、早くおなかが減る。「運動するとお腹が減る」これは誰でも経験していることと思う。

 

空腹にならないと脂肪の消費が始まらない

 C点はエネルギー供給源が体に蓄えた脂肪に「スイッチ」されるポイント。

  口から食物が入ってこないとなれば、次は体に蓄えてきた脂肪を消費しかない。つまり、空腹になってはじめて「痩せ」が始まる。

 

空腹を我慢した時間だけ痩せる

 ダイエットを成功させるためには、空腹感が続くC点からD点までの「痩せ時間」をできるだけ長くとることが重要になる。

 痩せ時間は静かに過ごしてもよいが、ここで運動すると早く痩せられる。運動の内容は何でもかまわない。軽作業や家事など「動く」だけでも効果がある。

 これまでのポイントをまとめると次のようになる。

・A~B間は何をやっても痩せられない。
・C~D間の「痩せ時間」をできるだけ長くとることが重要。
・C~D間に運動する(動く)と脂肪の消費が加速する。

 

 空腹時に運動するのは苦しいが、それは体に蓄えた脂肪を分解してエネルギーに変える(身を削る)ため。身を削る行動に苦しみを伴うのは、あたりまえのこと。

 


 

長期のダイエットと痩せる理屈

 

エネルギー収支を理解する

 太る痩せるは、食事と運動のエネルギー収支で説明できる。例えば、食事によって摂取するエネルギーを Ei、運動や代謝などで消費されるエネルギーを Eo とすると、エネルギー収支Qは次のようになる。

 Q = Ei ー Eo

 Qが1日のエネルギー収支とすると、Qの長期的な平均値がプラスであれば太っていき、マイナスであれば痩せていくもの。歳を取ると太るのは、代謝(Eo)が減って気づかないうちにQがプラスになった結果。

 結局体が太るのは、消費する以上に食べるからであって、痩せるにはこの収支をマイナスにする、すなわち消費する以上に食べないよう注意していれば自然に痩せることができる

 

ダイエットプログラム、ダイエット食品の作用

 世の中、いろんなダイエットプログラムやダイエット食品があるが、これらは消費エネルギーEoを増やすか、摂取エネルギーEiを減らすかの、いずれかに分けられる

 ダイエットを目的に企画された特別な商品を利用しなくても、Qのバランスに気を付けて生活していれば自然に痩せることができるはずだ。

※:たとえば、ほとんどのダイエット食品や飲料は、Eiを減らすもの。腸に作用する薬類は、腸の栄養吸収を妨げるか、吸収の効率を悪くすることでEiを減らすもの。
 運動を伴う「ダイエットプログラム」は代謝を良くするか、脂肪をく燃焼させるなど、Eoを増やすものが多いようだ

 

長期的なダイエットは自己管理がポイント

 痩せたいのであればQが定常的にマイナスになる生活を続ければいい。Qは食事と運動量のバランスで決まるので、食を減らしたくない人は運動を増やし、運動したくない人は、食を減らせばよい。

 これは結局のところ、自己管理がポイントになる。

 それと、この結果は長期平均で決まり、1日の暴飲暴食はほとんど影響しないと考えられる。飲み会の機会などに特別な遠慮は必要ない。

 ダイエットを目的にスポーツジムやスイミングスクールに通ってEoを減らしても、食事(Ei)が増えていたのでは何にもならない。無意味なことを続けることがないよう注意したい。

 

面倒なルールは続かない

 ネット上にはダイエットに関するいろんなアドバイスがある。カロリー計算せよ、グラフをつけよ等、様々。面倒なものは続かないことが多い。そこで、次の行動指針を見てほしい。たぶん、これだけで十分なはず。

 

「腹八分目」
「毎日10分以上の運動」

 

 この2行には痩せるために重要なことが含まれている。

 痩せるためには入力、すなわち食の量を見直すことが第一に重要で、それが昔から言われてる「腹八分目」。

 関連したアドバイスに、「寝る前に食べるな」「カロリーの多い食品を避けよ」「よく噛め」とかいろいろあるが、細かいことはひとまず忘れたい。アレコレ同時にやろうとすると大事なことが抜け落ちて失敗しやすい

 とにかく収支がマイナスになるまで食事を減らすことを優先し、他のことは後から追加していけばよい。

 

運動で痩せるのは難しい

 長期のダイエットでは運動によって筋肉を増やすことができる。筋肉が増えると代謝が増えることから、食の量が同じ場合、エネルギーの消費が多くなってQを下げることができる。

 筋肉をつけるために運動は「毎日」する必要がある。これをどうやって実現するか。

 通勤を利用するのが最も実現しやすい。運動手段は「徒歩」がよい。クルマを使っている人はこれらに切り替える。駅が近すぎて10分に満たない場合は1駅遠くすればいい。会社帰りにスポーツジムへ・・なんて行動は長続きしない。会費が無駄になるのがオチだ。

  注意点がある。痩せに寄与するような筋肉が付くまでには、長く地道な努力が必要なこと。運動をやめれば筋肉が落ちて元に戻ってしまうことだ。運動で痩せるのは最も難しく、失敗する可能性が高いことを知っておきたい。

 なお、効率よく筋肉を付ける方法にホエイプロティンを運動後に飲むことがある。

 

長期ダイエットはお金が貯まる

 タダ同然の低カロリー食品を、巧みな広告宣伝によって原価の5~10倍の値段で売る。これがダイエット食品の実態だと思っている。沢山のオマケ付きでお買い得に見える宣伝に注意したい。

「今なら50%引きで送料無料、さらに、1か月分を無料で差し上げます!」

 そんな商売が成り立つのは、原価がとんでもなく安いことの裏返し。私などは「いったいこの定価はなんなのか。原価はいったいくらなのだろう?」と考えてしまう。

 希少性や生産性の関係で、原価が高くならざるを得ない健康食品もある。しかし、健康食品は長期間継続しないと効果が無いから、高価だと続けることができない。それに、特定の栄養素がどれだけ多く含まれていようが、吸収されなければ意味が無い。

 

 健康食品をわざわざ買わなくても、健康によい優れた食品は身の回りに沢山ある。それは、皆さんがよく知っているものだ。オカラ、納豆、緑茶、エノキ、海草、味噌・・これらの価格はいずれも安く、継続して摂取することができる。

 健康食品は「値段が安い」「入手性がよい」「続けることが出来る」の3つが揃っていることが大切だ。

 ダイエットグッズにも注意したい。例えば、腕や腰に巻くと痩せると称する「矯正下着」が信じられない高価格で売られている。

「遠赤外線効果とゲルマニウムの効果で痩せられます!効果がなかったら返品OK!!」

 これを体につけて締め付けると確かに細くなる。しかしそれは、体の水分が移動しただけで実際に「痩せた」わけではないことに注意したい。

 


 

何かを食べれば痩せる?~玄米ダイエットのカラクリ

 何かを食べることで痩せられるという話題は絶えない。そこで、「玄米ダイエット」を例に取り上げ、そのカラクリをご紹介したい。

 玄米ダイエットでは、お米を玄米に切り換えることで痩せるという。お米の主成分は澱粉(炭水化物)。炭水化物はエネルギー源だから、摂取するエネルギーを減らせば痩せられる。たしかに、白米より玄米のほうがエネルギーが少ない。理屈は一見正しいように見える。

 

白米と玄米の違いは僅か

 白米と玄米、成分の大きな違いは、ガラが3%多くその分炭水化物が少ないことだけ。つまり調べてみると、白米ほとんどエネルギーは変わらない。

 栄養素の違いは確かにあるあるが、それがダイエットに寄与するとは考えにくい。その栄養素の一つを取り上げてダイエット効果を強調したら、捏造で破綻した「あるある」と変わらない。

 

玄米で痩せる理屈があるとしたら・・

 「摂取するエネルギーを減らす」ことに注目すると、玄米を利用して痩せる方法が一つだけある。

 白米を多めの水で炊くと嵩を1.2倍程度まで増やす事ができる。同じ量のご飯を少ないお米で炊くことができれば、その分摂取するエネルギーを減らすことができる。

 この場合の効果は20%。ところが、実際やってみるとベチャベチャになってしまう。ここで玄米が登場する。玄米を混ぜるとベチャベチャにならずに20%程度、お米を減らしたご飯を作ることが可能になる。

 例えば、白米:玄米=2:1(容積比)とし、水の量を通常の1.3~1.5倍とする。これでベチャつかせないで嵩を30~50%増やせる。この場合のダイエットのメインは白米を減らしたことであって、玄米は食感を整えているにすぎない。

 

 今まで好きなように飲み食いしておきながら、なにか特別な健康食品を食べれば、痩せることが出来るとか、体の調子がよくなるとか、そんな都合のいい話などあるはずが無い。通常、生活習慣を見直して健康志向を強めていくと、自然に出費が減り貯蓄が増ていくものだ。それが逆のケースになる場合は、なにかおかしいと考えるべきだろう。

 


 

ダイエットしたい人のほとんどが失敗するのはなぜか

 第二次大戦中、ガダルカナル島で極限状態を体験した人が、この世で空腹ほど苦しいのはないと語っていた[2]。空腹はそほど辛いもの。ダイエットが失敗に終わる本質は、この世で最も苦しいといわれる「空腹」を伴うからだと考えられる。

 短期的なダイエットに失敗する人は、図1のC点を超えられない(赤矢印の空腹を我慢できずなにか食べてしまう)か、効果のない時間帯に運動している為ではないか。

 食事制限したり、低カロリーのダイエット食品に切り替えたり、一生懸命運動する人がいるが、短期法ではB点を早める効果しかない。これらは長期法では役に立つ行動なので、長期法と区別して取り組むことが大切だ。

 

空腹を我慢できない人はダイエットできない

 長期法でも短期法でも、食と消費の収支をマイナスにするので必ず空腹を伴う。長期法では軽い空腹が長期間続き、短期法では短期間の強い空腹に耐える必要がある。どちらも我慢の合計は同じ。痩せる量は、我慢した量に比例すると考えていい。

 体が太ってしまって、ダイエットが必要になる人は、元々空腹を我慢できない人が多いと思う。そんな人とって、空腹を我慢するというのは、かなり難しいことだ。

 そこで空腹を伴わないで楽に痩せる方法を探すが、そんな都合のいいダイエット法など、あるわけがない。結局、意味のないことに時間とお金を費やして「痩せられない・・」と悩む結果に終わる。

 

太った女性が男性に嫌われるのはなぜか

 女性は「外見で嫌わている」と思うかもしれないが、外見は結果にすぎない。問題は、なぜ太っているかだ。

 自分の欲望に正直な女性と人と一緒になっても、ロクなことにならない・・

 なぜなら、ダイエットを成功させるには、空腹を我慢しなければならない。バクバク食べて太り、ダイエットしても成果を挙げられない。そんな人は、

食の欲求を押さえられない人=自分の欲望に正直な人=一緒になってもロクなことにならない・・

という無意識の思考が働いて「嫌い」「無理」という感情が生まれてくる。これが、太った女性が男性に敬遠される本当の理由ではないかと考えている。

 


 

実践!短期ダイエット

 苦しみを伴うが、やれば実際に痩せられる。短期法の具体的なやり方をご紹介したい。 私は次の方法で、2015年の7月から1.5ヶ月間ダイエットに取り組み、体重4キロ、ウエスト4cm 痩せることができた。

1.朝夕のごはん(お米)の量をダイエット前の半分にする
 朝ご飯を減らすことでB点の到来が早まり夕食までの痩せ時間を長く取れる。お米は炭水化物(主なエネルギー源)だから、これを減らすほどB点が早くなる(炭水化物そのもので痩せてるわけではない点に注意)。

2.休日は朝と昼を抜く
 朝を抜くと辛い空腹を経験することなくC点からスタートできて、朝から夕食までほぼ1日を痩せ時間にできる。平日は辛いが休日ならこれができる。
 夏休みなどの長期連休を利用してこれを実践すると、短期間で大幅に痩せられる(私は痩せ時間にプールに行って運動した)。

3.空腹感をグレープフルーツ・ジュースで緩らげる
 抗し難い空腹感を果汁100%のグレープフルーツ・ジュースで緩和する。このジュースのおかげで、ダイエットを続けることが出来た。

 

 注意点がある。

 ・D点で夕食を食べ過ぎない
 ここで食べすぎると、一日頑張ってきた分が無駄になる。

 ・血糖値の下がり過ぎに注意
 朝と昼を抜いて運動するダイエットでは体調管理も重要になる。手指が震えるなど、体調に少しでも異常を感じたら我慢せずにグレープフルーツ・ジュースを飲んでほしい。

 ・油を取りすぎない
 油は細く長くエネルギーを供給する食物。油っこいものを食べるとなかなかお腹が空かないのはそのため。痩せ時間が減るので、食べ過ぎないよう注意したい。

 

 空腹感の緩和にグレープフルーツ・ジュースが有効。グレープフルーツ・ジュースといってもいろいろある。写真は私がダイエットで利用したジュース。
 夕食後は無糖ヨーグルトを混ぜると空腹が和らぐ。

 夕食後に痩せ時間を作ることも可能だが、無理しないでしっかり睡眠をとることを優先しよう。

 

 グレープフルーツ・ジュースはあくまでダイエットをサポートするための補助。グレープフルーツ・ジュースやヨーグルトそのもので痩せるわけではない。

 

ダイエット開始後にみられた変化

 ダイエットを始めて変化したことがある。少ない量の食事をよくかんで、ゆっくり味わって食べるようになった。また、開始から2週間は下痢気味だった。急に変化した食事内容に対し、胃腸が慣れるのに少し時間を要するらしい。

 

リバウンドについて

 短期的なダイエットに成功したら、長期的方法に移行する。このとき「リバウンド」が問題になるが、私の場合、食事の量を徐々に戻すことで起こらなかった。
 私の適切な食事量は、おそらくダイエット前の2/3。長期平均的な量を、この値に調整することで太りも痩せもしない、収支ゼロで安定させることが可能と考えている。

 

その後の経過

(2015/9 ダイエット開始後2ヶ月)
 体重マイナス5キロ、ウエストマイナス5cm。これで目標だったBMI標準値に入った。この日から朝や昼の絶食はやめ、炭水化物だけ1/2とする食事に切り替えた。

(2015/10/1)
 体重はほぼ変化無し。ウエストはなんとマイナス7cm。リバウンドは起こっていない。ぷっくりした腹がへこみ、体形は20代の頃に近くなった。

DSC01318a

(2015/10/17)
 人間ドックの結果を受領。体重58.1キロ。ダイエットを始めた9月初旬から6キロ減った。ウエストも細り、夏に履いていたズボンがビロビロ。

 

(2016/2/23)
 とうとう体重57キロ ( マイナス7キロ) になった。明らかに痩せすぎ。食事を少し増やし、60キロ前後で長期平均的にバランスが取れるポイントを探していく。

(2017/1)
 リバウンドもなく、体重60キロプラスマイナス0.5キロで安定するようになった。現在の食事量がちょうどバランスいいようだ。この状態を続けてこうと思う。

 

<参考購入先>
グレープフルーツ100% 濃縮還元100%のピンクがおすすめ
ダイエット食品 やせる為ではなく、空腹をごまかす為に食べる食品です
2.最悪の戦場に奇蹟はなかった 高崎伝著 多くの人が餓死した戦場の体験記です