財布や鞄のファスナー、スナップボタンを長持ちさせる

 財布や鞄のファスナー、スナップボタンは過酷な使われ方をするので、その部分が次第に調子悪くなる。ファスナーは閉じたエレメントが開いてしまったり、途中で引っかかるようになる。スナップボタンは使ううちに緩くなり、勝手に開くようになる。これらファスナーやスナップボタンには寿命があり、使ううちに痛んでくるのは仕方ない事、とされているようだ。

 

 ファスナーやスナップボタンは修理(交換)できるが、ブランド物を修理に出すと高くつくことがある。安く上げてオリジナルと違う部品に交換すれば価値が半減してしまう。
 3万円に満たない商品は修理に出す価値がない。そのためほとんどの財布や鞄が、ファスナーやスナップボタンの寿命と共に破棄される使い捨ての消耗品になっている。サイフも鞄も、本体のモノがいくら良くてもファスナーやスナップボタンは安い商品と変わらない。高い商品だから持ちがよいとは限らないのが実態のようだ。

 

 ファスナーやスナップに寿命があるのは、素材同士が擦れあい摩耗するためだ。従い、対策は「潤滑」がポイントになる。スナップもファスナーも、適切に潤滑すればその寿命を鞄やサイフ本体を超えて長持ちさせることができるはずだ。高額な商品や希少なものほど「オリジナル」の維持は重要だ。
 ファスナーやスナップは最大のウィークポイントなのに、これを長持ちさせるために企画された商品をみかけない。壊れてくれないと、買い替えや修理の需要を喚起できない、そんな事情があるのかもしれない。

 

 この部分に使える潤滑剤には固体潤滑剤と、オイル、グリースがある。固体潤滑剤にはパラフィン(蝋)や二硫化モリブデンがあるが、パラフィンはすぐに摩耗脱落し、二硫化モリブデンは汚れの問題がある。
 オイル・グリースの類は拡散流失や蒸発、酸敗などが問題としてある。シリコン系は表面張力が低いのですぐに拡散流失してしまうため使えない。
 一度塗布したらずっとそこに留まって、潤滑し続けてくれる良質なオイル。そんなものが理想だ。

 

DSC01306a ファスナーとボタンの潤滑にRational003は最適です。ポリαオレフィンベースの良質な半練オイルで、素材にやさしく、拡散、蒸発、酸敗の心配がありません。エレメントに塗布することで磨耗を防止します。すべりの良さは直ちに実感できます。

洗うとさすがに剥がれてしまうので再塗布が必要。ファスナーは引手が折れてしまうとパーなので、YKKなど信頼できるパーツが付いたものを選びたい。

 

DSC01309a スナップボタンはスプリングのところにRational003を塗布します。塗ると塗らないのとでは寿命が大きく違うでしょう。写真はフィオッキ社のもの。財布を買うときはこういうところもよく見る必要があります。

 

 ちなみに、このオイルは既に磨耗してしまったものの調子を戻すことはできません。摩擦が減りかえって外れやすくなる可能性もあります。ファスナーもスナップも、新品を買ったらすぐに塗布することが長持ちさせる秘訣です。

 

<参考購入先>
ブランド鞄 ボロい商品が多いのでご注意
コーチの財布 財布は最も過酷な使われ方をするグッズです
ルイヴィトン 私には安っぽい塩ビの袋にしかみえないのですが・・価格に見合ったモノを提供してもらいたいものです

<関連記事>
機械式時計をオーバーホール不要にする
www.brand-repair.com 腕のよいリペア専門店です

 

財布や鞄のファスナー、スナップボタンを長持ちさせる」への2件のフィードバック

  1.  いつもお世話になっております。

    先日、通勤用バッグを新たに購入した際に本記事を思い出し、購入したバッグやそれまでの手持ちのものに試してみました。
    ある程度使用したものはもちろん、新品でもよりスムーズになるのが気持ちいいですね。
    すぐに結果が出るものではないですが、長持ちも期待できそうです。

    せっかくなので、自分が塗ってみた際に見つけたコツを少々。
    ファスナーはスライダーを閉める時の進行方向から正対するようにみると「工」の字断面になっていて、2つのコの字部分にエレメント(歯)が入っています。
    エレメントとコの字の縦棒の隙間に、R003を少量とった工業用極細綿棒の先を突っ込むようにして、コの字の内側に少量つけてやり、その後オイルを行き渡らせるようにスライド(開閉)させてやります。
    オイルが足りなさそうであれば、スライダーの場所を変えて上記作業を繰り返します。
    こうすることで、R003付属ブラシも汚さず、余分に付けすぎることなく適量塗ることができました。

    ちなみに当方が使用したのは、アズピュアAP-5工業用綿棒です。これに限らず、先が尖った細いコーン状のものが突っ込みやすいと思います。

    あと、ショルダーバッグなどのストラップ(肩掛けベルト)には、着脱およびネジれ対策にナスカンがついていますが、長期使っているとナスカンの回転部分の受け側が摩耗し、最後にはスナップフック部分が抜けて脱落してしまいます。
    そこで、ナスカン回転部分の支柱(+受け側)にもR003を塗ることにしました。
    ナスカン回転部は特に小さなものは隙間がほとんどなく、極細綿棒でも塗るのは難しいので、針先にR003を少量とり、隙間から突っ込んで、塗るというより染み込ませるようにして支柱部分に少量注入しました。ついでにフックの開閉に関わる部分にも同様に注入してやりました。
    こちらも気持ち動きがスムーズになったので、寿命が伸びてくれることを期待しています。

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      ゆさん有用な情報ありがとうございます。当方もずいぶん前からファスナーにRational003を塗ってますが、塗り方は適当だったので布の部分に染みたりしてしてました。
       こちらにはタミヤクラフト綿棒があって、似たような形をしていますのでこれで試してみます。

       ナスカンの回転部分は荷重がかかるところですので磨耗防止に効果的です。ここは荷重が高いので、より粘度の高いものが適しています。表面張力でくっつきやすいプラスチックの摺動部にも有効で、キーボードなど、一度バラして塗ると別物と思えるくらい感触がよくなります。
       Rational003の高粘度版は以前から検討していて、いずれ商品化しようと考えていました。課題はいろいろありますが、これを機会に検討を進めていきたいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です