ベッドの選び方~激安通販の落とし穴

 売上No1!満足度No1!そしてお値段はたったの・・19,800円!!口コミを見れば、喜びのお便りで埋まっている。「うわ、これいい!これにしよ。」ポチ。

 そして自宅に届いたベッド。説明書を見ながら自分で組み立てる。ねじが合わない、うまく入らない、締めるとパイプがどんどん潰れていく・・それでも、お父さんに手伝ってもらってなんとか組み上げる。「やった!完成!!」

 そして1カ月後。「なんかキシキシいう」「グラグラする」「マットが潰れてきて痛い・・」

 半年後、フレームの溶接が取れてしまう。「これ修理できないよね・・」ゴミとして破棄。

 大抵の消費者は見た目と値段でベッドを選び、構造や強度のことに目が届かない。通販の安い組立式家具は販売業者が組立をせず、耐久性や問題など検証してないものがほとんど。なので実際に組立てたり、使ってみると、様々な問題が出てくる。

 今回は、ベッドを選ぶ際の見落としがちなことや、注意点をご紹介したい。価格帯は、最もよく売れている10万円未満の商品を対象とする。

 

ベッドの材質と特徴

 大きく分けてMDF、スチール、天然木がある。

 MDFは木片を樹脂で固めたもの。寸法精度が高く安価なため広く使われている。MDFの欠点は強度の高い締結が難しいこと、クリープすること。これはベッドに限らず組立家具に共通する。

 クリープとは、荷重で次第に曲がってしまうことをいう。側板が床まである箱形の場合は問題ない。

 MDFの表面仕上げはプリント化粧紙、突板、塩ビシート、メラミンなどいろいろある。ベッドでは傷や水に対する耐久性を気にしなくてよいので、どれを選んでも問題ない。

 スチールの強度は木材に比べて高いが、重量を軽くするために薄肉のパイプが使われることが多い。そのため木材より必ずしも頑丈とはいえない。スチールの商品を選ぶ際は、この肉厚に注意する(後述)。

 天然木はパイン、ヒノキ、ラバーウッド(集成材)などが使われている。天然木のベッドは魅力的だが、クリア塗装の商品が多くインテリアとのマッチングが難しい。パインは節の個性が強く色の経時変化が大きい。床や壁が同じパイン仕上げの室内でないと導入しずらい。

 

 

ベッドフレームの構造と強度の確認

 基本的に、フレーム側板の「高さ」が高くて、足の本数が多いものほどよい。

 4本足で床から浮くベッドは構造的に弱い。6本足のものか、側板が床に達しているものを選ぶMDFでは床まで届く縦リブが「三」または「田」の字に配置された箱型を選ぶ

 仕方なく4本足のベッドにするときは、モノサシを持って現物で強度を確認する。ベットの長手中央に腰かけ、腰かける前後で高さ変化の最大値が5mm以下(木製、鉄で共通)になることを確認しほしい。

※:体重60kg、木材のヤング率 9MPa、木材の長期許容応力 10Mpa(鉄は160Mpa)[1][2]として安全率をさらに1.3乗じたときの許容たわみ。

 スチールベッドでは中央にU字型のサポートを設けたものが多い。これは細い角パイプだけは強度的に持たないため。

 

組立式のメリット、デメリット

 組立式のメリットに分解が容易な点がある。比較的低予算で導入でき、子供の成長や進学に合わせてベッドを部屋から部屋へ、部屋から別の場所(下宿先など)へ容易に移動できる。

 デメリットは完成品の強度が弱いことで、弱点は結合部。ここは差し込んでドライバーで回すだけのカムロックや薄肉パイプに通しボルトが多い。手締めで潰れてしまう薄肉のスチールパイプや、カムロック接合は、バラバラにならない程度にくっつくだけと考えたい。強度は無いに等しく、振動や繰り返しの力で簡単に緩んでしまう。

 通販では締結部の構造やパイプ肉厚など事前にわからない場合が多い。スチールに限らず木製でも製品重量を見て出来る限り重いものを選ぶことがポイント

 メーカーは国内製がよく、製造元のはっきりしない激安商品は避ける。

※昔は木ねじが普通だった。しかしねじ込みに力が必要で、組立が難しく感じることが多かった。カムロックが増えたのはそんな事情があるのかもしれない。ちなみに、木ねじは固形石鹸を塗るとねじ込みが楽になる。

 

インテリアとのマッチング

 木製のベッドは存在感が大きいため、インテリアとのマッチングに注意する。基本的に寝室にはダークブラウン、個室では床に合わせる。

 背の高いロフトベッドの場合は壁の色に合わせてもよいので、壁紙の色(白に近いベージュ)も候補になる。

 骨組みの細いスチールベッドは存在感が小さいので、ブラウン、シルバー、黒から選べば大抵問題ない。

 

付いてると便利な機能

 宮棚(頭付近のちょっとした置台)は目覚まし時計やケータイなどを置くのに便利。コンセントも便利な装備だ。

 ベッド下の引き出しは収納に便利そうだが、奥行きが少なく(通常ベッド幅の半分以下)、高さもないので収納量は小さい。シーツや枕カバー、蚊取り器など小さくて軽いものに限定される。

 

マットレスの選び方

 厚み15cm~20cm、金属のポケットコイルを並べたものがよい。体の凹凸に合わせて変形するので体圧が均一に分散しやすい。
 突起をたくさん並べた形のウレタンマットレス(西川のムアツなど)も同じ特性を持つが、ウレタンは劣化やヘタリが問題になりやすい材料なので注意が必要。

DSCN0897 写真は我が家にある西川のムアツ布団(当時購入価格8万円)。突起の形状は独特で底面にも切れ込みがある。

 このマットを買うとき「単なるウレタンが何で8万!?」と思ったが、13年すぎた今も劣化やヘタリもなく問題なく使えている。季節を問わず快適。突起が体の凹凸にあわせて凹み、体圧が分散するためと見られる。

 

 

 マットレスを沈めて使う箱型タイプのベッドでは、マットレスを敷かずカラーボールを充填してボールプールにする手がある[3]

 

実例

DSCN0890 今回購入した組立式ベッド。 ラテ  エスプレッソ S (販売元:㈱ビッグスリー) 。ほとんどのパーツ表面がメラミン化粧仕上げされている珍しい商品。パーツはMDFだが部品にソリもなく仕上げ加工精度ともに高い。

 写真の宮棚は目覚まし時計や小物を置く便利なスペース。手前の板を上下反転して箱状に組んでみた。宮棚からモノが落ちなくなって使いやすい。

 

DSCN0889

 宮部とフレーム本体の最も荷重のかかる重要な結合部。金属金具を使うのはいいが、なんと両方バカ穴の突合せ。

 ダボも目印もないため位置が決まらないうえ、荷重をネジ頭のせん断摩擦で保持するダメな設計。

 

DSCN0881 ベッドフレームは田の字の格子構造。ここはいいのだが、全部バラバラ部品の繋ぎ合わせなので、直角定規水準器がないと組み立て後の直角平面が出ない。

 上板はリブ3本入ったペナペナの板切れ。寝返りをうつたびにフレームとスレてキシキシいう。

 収納の引出しはだけは妙に頑丈。底板に補強リブがあって重いものを入れられる。

 

 

 

組み立て式家具は、DIYで大幅に良くなる

 組立ててみるといろんな問題に気づく。組立式家具はエンドユーザーが作れるようにしないといけない制約上、設計上どうしても強度が犠牲になる。

 上の実例もそうだが、説明書通り組み立てて終わりではなく、問題点をDIYで改善しながら組立てる必要がある。こうすることで、完成品と変わらない強度を得ることも可能[4]

 それにはまず、「素材」にいいものを選ぶ必要がある。モトがダメだと、なにをやってもダメ。よい素材を選ぶために、上記のポイントをぜひ参考にしてほしい。それと、道具はドライバー1本では足りない。電動工具[5]や直角定規、水準器などの測定道具をぜひ揃えて欲しい。

 

<参考購入先>
ベッドフレーム
ポケットコイルのマットレス
西川のムアツ寝具

<関連記事>
4.パソコンデスクの選び方
3.ボールプールは究極の寝具か
西川のムアツふとん&ムアツまくらを検証する 買ったときの記事です
5.家庭で使う電動ドライバーの選び方

<参考文献>
1.針葉樹構造用製材の許容応力度
2.鉄骨関係許容応力度

<メーカーサイト>
ニトリネット
イケア
フランスベッド
山善
無印良品