食品」タグアーカイブ

究極のレンジ蒸し器~レンジでらくちん

 電子レンジで蒸し調理するのはかなり難しい、というより出来ないに近い。

 最近のレンジにはスチームを機能が付いている。これで「中華まんあたため」をやってみると食材が乾燥している。蒸気が噴出すので見た目は蒸しているように見えるが、実際はマイクロ波で食材を加熱しているだけだった(日立ヘルシーシェフMRO-LS8の結果)[1]

 蒸し調理では、食材を高温&高密度の水蒸気で包み込む必要がある。レンジでこれをやるためには、マイクロ波が食材に当たらないようシールドしつつ、水だけ加熱して蒸発させる仕組みが要る。

 これができる器具の自作を試みたことがあったが、なかなか難しい。ところがある日、この仕組みを実用化した商品を見つけた。

続きを読む

ご飯とみそ汁の作り方

 妻に食事について聞かれたとき、私は「ご飯とみそ汁がおいしければそれでいい」と答えた。この2点は私にとって一番大切なメニューなのだが、

「そんなの簡単」「ダシとみそと豆腐を入れて煮るだけ」「あなた楽でいいわね」

そう言われたのを覚えている。おそらく大半の人が似たような考えで適当に作っているのではないか。

 ご飯、みそ汁とはこんなもの。多くの人は、幼少のころから毎日食べているこの食時に何も疑問を持たず空気や水のように接している。

 現状に納得いかない主婦は、炊飯器を買い換えたり、ダシやみそを試行錯誤しているかもしれない。何か参考になる資料があればよいが、ご飯とみそ汁はベーシックすぎてネット上にあまり情報がない。

 そこで今回は、このメニューについて創造の館流のレシピをご紹介したい。現状と比べて、何か参考になることがあればうれしい。

続きを読む

高校生のお弁当を簡単に作る

 

 自分が高校生の時、おかずがリンゴだけの日があった。恥ずかしくて隠して食べたのを思い出す。弁当作りは、誰にとっても大変な仕事だ。手抜きしたくなる気持ちもわかる。

 我が家では訳あって、このワタシが子供の弁当を作っている。今回は創造の館流、朝10分で作れる方法をご紹介したい。

続きを読む

コーヒーでパッキンが茶色くなるのはなぜか~後悔しない水筒の選び方

 コーヒーを水筒に入れるとすぐにパッキンが痛む。このことは意外に知られていない。私は毎日、ハリオV30で淹れたコーヒーを水筒に入れて持ち運んでいる。するとどうなるか。次の写真を見てほしい。

続きを読む

包丁がまるでカミソリ!~砥石の選び方

 写真はホームセンターで入手した普通の砥石。使う前に一定時間水に漬ける必要があり、研いでも刃物より砥石の方が削れていく感じ。研ぎの効率が悪く、時間がかかる。研ぐと以前より切れるようになるが、またすぐに切れ味が悪くなる。

 砥石とはこんなもの。私は今までずっと、これについて何の疑問も持たずに使ってきた。

 

続きを読む

コーヒーの味を長持ちさせる

 コーヒーは淹れたてが美味しく、その後急速に味が落ちる。朝淹れたコーヒーはせめて昼まで持って欲しい、そう願うのだが2時間がせいぜいだ。この品質劣化をステイリング(staling)と呼び、その原理はまだ解明されていないらしい[1]

 アルカリ処理でこの劣化を遅らせることが出来ることはわかっていて、そのpH調整剤に炭酸水素ナトリウムもしくは、炭酸ナトリウムが使われているという。この添加によってどのくらい味が持つのか。コーヒーの風味がどう変わるのか。今回はこれを実験してみた。

続きを読む

鉄のフライパンでヤキソバを焦げ付かないよう炒める

ヤキソバを調理する際の課題にフライパンの焦げ付きがある。これは特に鉄のフライパンで問題になる。ヤキソバやご飯のような炭水化物は、加熱した鉄に対して基本的に焦げ付く。ではなぜプロは焦げ付かないで調理できるのか。今回はこの秘密を解明する。

続きを読む

1 / 3123