財布や鞄のファスナー、スナップボタンを長持ちさせる

 財布や鞄のファスナー、スナップボタンは過酷な使われ方をするので、その部分が次第に調子悪くなる。ファスナーは閉じたエレメントが開いてしまったり、途中で引っかかるようになる。

 スナップボタンは使ううちに緩くなり、勝手に開くようになる。これらファスナーやスナップボタンには寿命があり、使ううちに痛んでくるのは仕方ない事、とされているように思う。

 

 ファスナーやスナップボタンは修理(交換)できるが、ブランド物を修理に出すと高くつくことがある。安く上げてオリジナルと違う部品に交換すれば価値が半減してしまう。

 3万円に満たない商品は修理に出す価値がない。そのためほとんどの財布や鞄が、ファスナーやスナップボタンの寿命と共に破棄される使い捨ての消耗品になっている。

 サイフも鞄も、本体のモノがいくら良くてもファスナーやスナップボタンは安い商品と変わらないことがある。高い商品は持ちがよいとは限らないのが実態だ。

 

 ファスナーやスナップに寿命があるのは、素材同士が擦れあい摩耗するため。従い、対策は「潤滑」がポイントになる。スナップもファスナーも、適切に潤滑すればその寿命を鞄やサイフ本体を超えて長持ちさせることができるはず。高額な商品や希少なものほど「オリジナル」の維持は重要だ。

 ファスナーやスナップは最大のウィークポイントなのに、これを長持ちさせるために企画された商品をみかけない。適当に壊れてくれないと儲からない、そんな事情があるのかもしれない。

 

 ファスナーやスナップに使える潤滑剤には固体潤滑剤と、オイル、グリースがある。固体潤滑剤にはパラフィン(蝋)や二硫化モリブデンがあるが、パラフィンはすぐに摩耗脱落し、二硫化モリブデンは汚れの問題がある。

 オイル・グリースの類は拡散流失や蒸発、酸敗などが問題としてある。シリコン系は表面張力が低いのですぐに拡散流失してしまうため使えない。

 一度塗布したらずっとそこに留まって、潤滑し続けてくれる良質なオイル。そんなものが理想だ。

 

動きにくくなったファスナーの例 ファスナーとボタンの潤滑にRational003は最適。ポリαオレフィンベースの良質な半練オイルで、素材にやさしく、拡散、蒸発、酸敗の心配がない。塗布すればすべりの良さを直ちに実感でき、磨耗を防止する。

 ファスナーは引手が折れてしまうとがある。この問題はノーブランドのファスナーに多い。YKKなど信頼できるパーツが付いたものを選びたい。

 

スナップボタンのスプリングにRational003を塗布している様子 スナップボタンはスプリングのところにRational003を塗布する。塗ると塗らないのとでは寿命が違ってくる。

 写真は高品質で定評あるFIOCCHI(フィオッキ社)のもの。財布を買うときはこういうところもよく見る必要がある。

 ※:2012年 FIOCCHIはPRYM社に吸収合併されたそうです[1]

 

 ちなみに、このオイルは既に傷んだり磨耗してしまったモノの調子を戻すことはできない。ファスナーもスナップも、新品を買ったらすぐに塗布することが長持ちさせるうえで大切だ。

 

<参考購入先>
YKKファスナー付きのバッグ・財布 品質の良いファスナーが付いた商品です
ルイヴィトン ビニール製の財布。傷みやすいので注意

<関連記事>
機械式時計をオーバーホール不要にする

<参考文献>
1.FIOCCHIが無くなる https://www.facebook.com/note.php?note_id=301110093270430