防湿庫でレンズを保管するとバルサム切れする?~防湿庫の選び方

 カメラやレンズを風通しの悪い場所に放置するとカビることが知られている。カメラの保管湿度は30〜50%RHが奨励されているが、これは「相対湿度」の話。相対湿度は温度とセットで考えないと片手落ちだが、このことを意識している人はあまりいない。

 また、乾燥のさせ過ぎ(過乾燥)は悪いとされ、その理由が「潤滑油が乾くから」とする記事をみかけるが、湿度と潤滑油の乾きにどういう関係があるのか、理屈で説明できない。私には根拠のない噂話に聞こえる。
 水分の過乾燥による悪影響は樹脂部品の変形収縮くらいしか思い浮かばない。いずれにせよ、乾燥と湿度については「大きな変動」が良くないのは確かだ。

 

 「オートドライ」などの相対湿度を自動で一定に保つ防湿庫が市販されていて機材を多く持つ消費者に人気がある。このような防湿庫はクリーンルームなど温度一定の環境に置いた場合問題ないが、季節によって温度が大きく変動する一般家屋では温度に応じて逐次設定値を修正した方がよい。

 たとえば一般家屋の屋内に設置し、設定を1年中40%RHで放っておくと、室温5~30℃の変化で絶対湿度が 2.7g/m3~20.5g/m3 と約10倍の変動を生じ、冬場は過乾燥の恐れがある。そこで例えば、夏場30%RH、冬場50%RHとすれば、絶対湿度は 3.4~9.1g/m3 と3倍の変動に縮まり、カビを確実に防ぎつつ機器にもやさしい管理を実現できるだろう。冬場は博物館で見るように水を入れたコップが必要になるかもしれない。

 

 レンズの保管で起こる問題はカビだけではない。「バルサム切れ」という現象があり、これが起こるとレンズの価値はゼロに等しくなる。これはバルサムに含まれる有機溶剤が長い時間をかけて揮発することで起こるらしい。

 左は20年以上前に購入したトキナーAT-X240を覗いたところ。レンズ貼り合わせ面に異常がありバルサム切れが原因と見られる。

 

 「オートドライ」などの防湿庫で使われている乾燥剤はシリカゲルなどの吸着形が多い。この乾燥剤は、水分のほかに有機溶剤も吸着してしまう。そのためバルサム切れを促進する可能性がある。シリカゲルは油分も吸着するので、潤滑油の枯れも心配だ。いずれにせよ、「乾燥させすぎると潤滑油が乾く」と言われるのは、シリカゲルのような吸着形乾燥剤を使ったときに起こる弊害をいうのだろう。

 

 「ドライボックス」と呼ばれる簡易保管ケースがある(写真左)。この乾燥剤には、シリカゲルや生石灰が使われている。
 シリカゲルは即効性のため、ドライボックスに入れて開閉を繰り返すとすぐピンクになって寿命を迎える。量を増しても過乾燥になるだけで持ちは伸びない。シリカゲルは開閉するドライボックスの乾燥に適さない。

 

 一方、生石灰は効果が穏やで安定しており、長期間一定の効果を維持しやすい。入れすぎても過乾燥になりにくいため、量で持ちを長くすることが可能。また生石灰は水分だけにしか反応せず、有機溶剤や油分を吸着しない。そのためやバルサム切れも、潤滑剤が枯れる心配もない。乾燥剤はこういった性質の違いを把握したうえで使い分ける必要がある。

 

 ちなみに樹脂製のドライボックスは水分を透過するので開閉しなくても定期的に乾燥剤を取り替える必要がある。金属テープを貼ることで防湿補強ができるが、完全ではない。長期保管をノーメンテでやりたい場合トタンで出来た昔ながらの衣装箱が良いだろう。不乾性パテで密封処理すれば完璧だ。

 

DSC00032a写真は新品の生石灰とシリカゲルを使って比較した様子。実験開始時の環境は23℃55%RH、この環境で吸湿量が等しくなるよう生石灰(ハクバ キングドライ)30g、シリカゲル(A)45gとしてジップロック(ビニール袋)に入れて密封。どちらも容積に対して明らかに多い量で実験。

 

 生石灰の方は3日かけて徐々に下がり30%RH程度で安定、シリカゲルはわずか数時間で20%RHを下回り、一晩で写真のようにゼロ方向に針が振り切ってしてしまった。シリカゲルは入れすぎると過乾燥になるので注意したい。

 この袋を試しに、冷蔵庫に入れると湿度計の針は上昇し、加熱すれば下降することも確認できた。これは「絶対湿度」を一定で乾燥する性質の現れであり、「相対湿度」を一定にする防湿庫より機器にやさしい乾燥ができる(多少の調湿作用があるようで完全一定ではない)。

 

 結局カメラなどの光学機器の乾燥剤は生石灰が適している。シリカゲルはドライフラワーなど強力な乾燥が必要な用途に適した乾燥剤だ。

 

スポンサーリンク

 

 ドライボックスは無駄に深いものが多く収納効率が悪い。開閉するたびにたくさんの空気が入れ替わるため乾燥剤の消耗がはやくなる。ここはやはり、厚手のビニール袋と乾燥材(生石灰)を使った個別包装がいい。

DSC00027a

 写真はツマミ付ジップロックに生石灰(ハクバ キングドライ)を入れた様子。コストは50円/個程度。
 ジップロックは厚み0.07のPEのため透湿度は7~8g/m2/day[1]、良い方ではない。長期保管ではジップロックで個別包装したものをさらにドライボックスに入れて二重防湿にする。

 

 

 機器が増えてくると防湿庫が便利。写真はIDEXのDS-103M。ペルチェ式。ペルチェ式は生石灰同様、水分を除くだけなのでバルサム切れの心配がない。湿度調整も電子制御で正確。値段も安くお勧め。

 入れる機材は「裸」が原則。中の気流は無いに等しいので、バッグやケースに入れたままだと空気が入れ替わらない。

 

DSC00044 昔は缶に入って売られていたシリカゲルも今はビニール包装がほとんど。ビニールは少しずつ水分が透過するため、大量に買い置きすると少しずつ劣化して全部ダメになる。乾燥剤を長期保存する場合は必ず金属缶かガラスびんに入れる必要がある。キャップの隙間をネオシールなどの不乾性パテで密封しておく。

 

 

<参考購入先>
トタンボックス 金属製ボックス。密封して使えば湿気を通さない究極のドライボックスになります
ネオシールB-3 容器の完全密封に使う不乾性パテ
ハクバ キングドライ 生石灰の乾燥剤。レンズやカメラの保存に最適です
乾燥剤(シケナイ) 大量に必要な場合はこちら
防湿庫 大は小を兼ねるので出来る限り大型のものを。ペルチェ式がお勧めです

<関連記事>
シリカゲルを再生する

<参考文献>
1.包装用シリカゲル乾燥剤